怪我

病気やケガのときはどうする?北京首都国際空港での過ごし方

1958年に開港した北京首都国際空港は、中国への渡航や乗継などで利用するケースが多い、アジア最大級の空港です。万が一、北京への渡航後に病気やケガといったトラブルが起こった場合には、どこで手当てを受けることができるのでしょうか。空港内外で、病気やケガに対応している中国の施設について紹介します。