ゲームやるなら!ネットでよく見る略語「ネットスラング10選」

ゲームやるなら!ネットでよく見る略語「ネットスラング10選」

ネットスラングとは?

最近のオンラインゲームにはチャット機能がついているものが多く、世界中のプレイヤーとメッセージのやり取りしながらゲームプレイすることができます。
プレイ中になるべく素早く、完結にメッセージを送るために略語を使用することが多くあります。
もちろん、オンラインゲームだけでなく、SNS(TwitterやFacebook)などにも略語はよく使用されています。

まずは、これだけ覚えておけばオンラインゲームでも、SNSでもネットスラングを活用できちゃう!
便利なネットスラング10選をご紹介します!

【1】gl

「いい試合を」「頑張ってね!」
Good luckの略

【2】gg

「いい試合だったよ」「おつかれさま」
Good gameの略

【3】sry

「ごめんね」
Sorryの略

【4】WTH

「なんてこった」「まじかよ?」「ふざけるな!」
What the hellの略

【5】ic

「わかったよ」
I seeの略

【6】ty

「ありがとう」
Thank youの略

【7】jk

「冗談だよ」「ジョークだよ」
Just Kiddingの略

【8】rdy

「準備できたよ」「用意できたよ」
Readyの略

【9】ikr

「でしょ?」「だよね?!」
I know rightの略

【10】k

「了解!」「OK」
OKの略 日本語のスラングの“りょ!”のようなもの

ネットスラングを活用できるおすすめオンラインゲーム

■pubg
公式サイト

■LoL
ゲーム紹介〜League of Legends〜

■Dota2
ゲーム紹介〜DOTA2〜

■StarCraftⅡ
■Fortnite

 

 

e-Sports関連記事はこちら

『今だから出来る!ニューノーマル時代のマニュアル出張改革』ウェビナーリポート

CTA-IMAGE
新型コロナウイルスの感染拡大による移動の自粛、会議のオンライン化などの要因で出張へ行く機会が少なくなりました。
しかし、このような時代だからこそ、改めて出張の価値について見直す良い機会です。
出張のスペシャリストの4名が登壇し、各々の切り口から、未来の出張について語ったウェビナーの様子をレポートします。

esportsカテゴリの最新記事