ゲームやるなら!ネットでよく見る略語「ネットスラング10選」

ゲームやるなら!ネットでよく見る略語「ネットスラング10選」

ネットスラングとは?

最近のオンラインゲームにはチャット機能がついているものが多く、世界中のプレイヤーとメッセージのやり取りしながらゲームプレイすることができます。
プレイ中になるべく素早く、完結にメッセージを送るために略語を使用することが多くあります。
もちろん、オンラインゲームだけでなく、SNS(TwitterやFacebook)などにも略語はよく使用されています。

まずは、これだけ覚えておけばオンラインゲームでも、SNSでもネットスラングを活用できちゃう!
便利なネットスラング10選をご紹介します!

【1】gl

「いい試合を」「頑張ってね!」
Good luckの略

【2】gg

「いい試合だったよ」「おつかれさま」
Good gameの略

【3】sry

「ごめんね」
Sorryの略

【4】WTH

「なんてこった」「まじかよ?」「ふざけるな!」
What the hellの略

【5】ic

「わかったよ」
I seeの略

【6】ty

「ありがとう」
Thank youの略

【7】jk

「冗談だよ」「ジョークだよ」
Just Kiddingの略

【8】rdy

「準備できたよ」「用意できたよ」
Readyの略

【9】ikr

「でしょ?」「だよね?!」
I know rightの略

【10】k

「了解!」「OK」
OKの略 日本語のスラングの“りょ!”のようなもの

ネットスラングを活用できるおすすめオンラインゲーム

■pubg
公式サイト

■LoL
ゲーム紹介〜League of Legends〜

■Dota2
ゲーム紹介〜DOTA2〜

■StarCraftⅡ
■Fortnite

 

 

e-Sports関連記事はこちら

テレワークでも使えるWEB会議ツール Teamsの使い方ご紹介!

新型コロナウイルスの影響で、出張に行けなくなった方、多いのではないでしょうか。 その間コミュニケーションはWEB会議で取っていたという方が多く見受けられます。 また、在宅勤務やテレワークが実施され、Web会議・テレビ会議のニーズが高まっています。 今回は、Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)でのWEB会議開催の方法基本的な操作について解説します。

esportsカテゴリの最新記事