忘れものや資料修正!羽田空港で対処できる場所は?海外出張や国内出張の前後で作業可能な場所のまとめ

忘れものや資料修正!羽田空港で対処できる場所は?海外出張や国内出張の前後で作業可能な場所のまとめ

出張中に予期せぬトラブルに遭ってしまうことはあるものです。
忘れ物に気付いたり、急ぎで資料に修正が必要になったりすると焦りますよね。
そこで、今回はそんなときに、事前に知っておくと為になる羽田空港の情報をご案内します。

宅配も可能!忘れ物はお忘れ物センターへ

羽田空港を利用している間に落とし物をしてしまった場合には「お忘れ物センター」で確認してみましょう。
お忘れ物センターとは、空港ターミナルビル内のすべての落とし物を保管している場所です。
ただし、国内線旅客ターミナル内での落とし物か、国際線旅客ターミナル内での忘れ物かによって忘れ物に関する取り扱い場所が異なるため、注意しましょう。
国内線旅客ターミナル内を利用しているときに落とし物をしてしまった場合には、第1旅客ターミナルの1階ターミナルロビー南にあるセンターを訪れることが必要です。
営業時間は9時から20時までとなっています。
営業時間外でもFAXで24時間問い合わせをすることは可能です。
ただし、問い合わせに対する回答は営業時間内となります。
また、落とし物が見つかったものの、空港まで取りに行くことが難しい場合には自宅などまで宅配にて届けてもらうサービスもあるため便利です。
ただし、宅配便の送料は着払いとなります。
一方、国際線旅客ターミナル内で落とし物をしてしまった場合には問い合わせ先が異なるため、気を付けましょう。
通常であれば羽田空港のHPから遺失物登録をしておくことで、落とし物が見つかった際に電話やメール、または書面で知らせを受けることが可能です。
ただし、急ぎの場合には、直接問い合わせてみた方が安心でしょう。
出国手続き前や入国手続き後の一般エリアで落とした可能性が高いなら、東京国際ターミナルのインフォメーションに問い合わせをします。
出国手続き後の保管検査の後から搭乗口までの区間、あるいは入国手続き前の飛行機を降りた後から税関エリアまでの区間で落とした場合には東京税関羽田税関支署監視総括部門が管轄です。
どこで落としたかはっきりとわからないときには、東京国際ターミナルのインフォメーションが相談窓口となっています。

資料の修正可能!PC利用スペースとビジネスセンター

羽田空港で資料を修正したいといった場合などに便利な場所がPC利用スペースとビジネスセンターです。
国内線第1旅客ターミナルにあるPC利用スペースの場所は2階のターミナルロビーです。
全部で12カ所ありますが、すべてゲートラウンジ内に設けられているため搭乗者のみしか利用することはできません。
一方、第2旅客ターミナルには3階のターミナルロビー「エアポートラウンジ」内に搭乗者以外でも利用可能なスペースが1台分あります。
ほかにも、2階のゲートラウンジ(南)にある「ビジネスサポート」内と4階北ピア「エアポートラウンジ」内にも5台分のスペースがあり、搭乗者であれば利用可能です。
パソコンを持参してこなかったという場合でも、対応できる場所はあります。
第2旅客ターミナル2階ゲートラウンジの65番ゲートと66番ゲートの間にあるビジネスセンターにはコイン式パソコンがあり、さらに、カラーコピー機も設置されているため資料を印刷したいというときにも便利です。
ビジネスセンターは搭乗客だけが利用できるサービスとなっています。
コイン式パソコンの利用はほかにも、アットステーションと呼ばれるコーナーでも可能です。
アットステーションの場所は旅客第1ターミナルの地下1階手荷物一時預かり所のところに1カ所、2階出発ロビーにも7カ所に点在しています。
さらに、第2旅客ターミナルにも出発ロビーに2カ所あるのです。
ラウンジ利用料が別途必要となりますが、旅客第1ターミナルの到着ロビーにあるエアポートラウンジ(中央)内や第2旅客ターミナルの3階のエアポートラウンジ(北)でも利用することができるようになっています。

空港内の無線LANを活用しよう!

スマートフォンやタブレットなどを空港内でインターネットに接続したいときには無線LANを利用することができます。
利用可能エリアとなっているのは国内線の第1・第2旅客ターミナル館内全エリアです。
利用機器の無線LAN設定でSSID「HANEDA-FREE-WIFI」を選択すると、すべて無料でネットにつなげることができます。
ただし、ラウンジを除く店舗内では無線LANを使うことはできません。
また、場所によってはネットがつながりにくい場所もあります。
仕事の大切な情報を扱う場合には、無料の無線LANに不安を覚える人もいることでしょう。
そのような場合には、有料の無線LANにも接続可能です。
通信事業者が提供する無線LANに申し込みをしておくことで、アクセスエリア内にてインターネット接続をすることができるようになっています。

空港内のWiFiや電源利用可能なカフェ

搭乗までの時間をゆっくりと過ごしながら電子機器の充電をしたり、ネットをしたりしたいという場合にはWiFiや電源を利用可能することができるカフェを知っておくと便利です。
第1旅客ターミナルの「スターバックスコーヒー羽田空港第1ターミナルマーケットプレイス3階店」では無線LANサービスが提供されています。
場所はJAL側にある出発ロビーの中央付近です。
営業時間は6時から20時までとなっていて搭乗前に利用することができます。
また、2階のターミナルロビー(北)にある韓国発のカフェ「caffebene」では電源のコンセントが完備されているため、パソコンやスマホの充電をすることが可能です。
朝6時半からオープンしているため、早朝からの出張時にも便利に利用できます。
第2旅客ターミナルを利用する場合には、「Mercedes me Tokyo HANEDA」とコラボしたカフェ「eggcellent BITES(エッグセレント・バイツ)」がおすすめです。
ターミナルマーケットプレイスの地下1階にあり、フリーの電源がテーブルに設置されています。
営業時間は7時半から21時半までです。
搭乗者であれば2階のゲートラウンジ(南)にある「カフェラ・デラ・グラッパ」で無料WiFiや電源を使うことができます。
営業時間は6時から20時までとなっているため、早朝の出張時の利用でも安心です。

出張前にあわてず最善をつくそう!

出張先で急なトラブルが生じると、つい慌ててしまうものです。
いざという時に落ち着いて対応するためには、事前に対処法を知っておくことが大事なポイントとなります。
出張の際に利用できそうな空港内のサービスや施設はしっかりとチェックしておくようにしましょう。

通信料が大容量のWi-Fiルーター

通信料が大容量のWi-Fiルーターは「イモトのWiFi」です。

4G対応で通信料は1日あたり500MBと大容量。
成田・羽田・関空・中部国際・新千歳・福岡で受け取りできるので利便性抜群!
日本語サポート、補償最安など老舗ならではの安心感。
初心者にもおすすめです。

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビナカカテゴリの最新記事