ゼンハイザーから新たなビジネス向けヘッドフォンがデビュー!

出張に役立つ!仁川国際空港で快適に過ごす方法とおすすめスポット

出張に役立つ!仁川国際空港で快適に過ごす方法とおすすめスポット

2001年に開港した、韓国・ソウルの仁川国際空港は、空港格付け会社スカイトラックスによる「2019年度世界ベスト空港ランキング」で世界3位にランクインした実力を持つ空港です。その名声に恥じないほどの充実したサービスとはどんなものでしょうか。ここでは、空港内の出張客にも使える便利な設備やサービスについて、詳しく紹介します。

仁川国際空港の基礎知識

 

韓国には「仁川国際空港」と「金浦国際空港」、2つの空港があります。2つとも大きな空港ですが、それぞれ役割が異なる空港です。仁川国際空港と金浦国際空港の違いや特徴を比較してみましょう。

・仁川国際空港とは?
韓国最大の国際空港として、国際線をメインとした空港です。日本や中国はもちろん、南米や中東、欧米など世界のあらゆる国と結ぶフライトがあります。空港の利用者数は、年間6000万人にものぼり、多くの人が利用する「韓国の玄関口」といえるでしょう。
また、様々な施設が充実しトランジットにも便利な空港です。空港内だけで1日過ごせるほど、楽しめるようになっています。

・金浦国際空港とは?
仁川国際空港が2001年に開港するまでは国際線を主としていた空港です。仁川国際空港ができてからは、国際線のメインが仁川国際空港に変わったため、国内線を主に、中国や日本、台湾といった近場の国と結ぶ国際線のみの空港となりました。
国内線が充実しているため、ソウル経由で他の都市へ移動する際は便利です。韓国で複数の都市を巡る必要がある、仕事で韓国内を回らなければならない、という人に使いやすい空港です。

気軽に食事ができるレストランで腹ごしらえ


空港内にはレストランが多く、気軽に食事ができる飲食店等がたくさんあります。出張中でも、「腹が減っては戦ができぬ」という言葉通り、食事はエネルギーの源です。出張中の食生活が乱れ、体調不良でスケジュールの変更や予定のキャンセルをすることがないように、食事で栄養をしっかりと摂っておきましょう。ここでは、忙しい移動中でもサクッと立ち寄れる、空港内のおすすめレストランを紹介します。

・24時間営業 「ポンチュッ&ポンビビンパッ・カフェ 仁川国際空港店」
韓国料理全般を食べることができる、カフェ風のレストランです。仁川国際空港1Fにあり24時間営業なので、時間を気にせず食事ができます。
特に、出張で訪れた人にうれしいのは、注文をしてから料理が提供されるまでの時間がすぐ、というところです。急いでいるときでも、ささっと腹ごしらえができます。
人気メニューは、なんと12種類もあるお粥。日本人でも食べなれている味なので、韓国料理が苦手な人にも受け入れやすいです。

ポンチュッ&ポンビビンパッ・カフェ 仁川国際空港店
住所:仁川市中区雲西洞2840 仁川国際空港1階
営業時間:24時間
休業日:年中無休
代表的なメニュー:本ソルロンタン 9000ウォン(2019年7月時点で約827円)
URL:https://www.bonif.co.kr/store/detail?addr=%EC%9D%B8%EC%B2%9C%EA%B4%91%EC%97%AD%EC%8B%9C&strIdx=3311&brdCd=&lat=&lng=&distance=3&selDiv=NOORDER&schKey=&sido=%EC%9D%B8%EC%B2%9C%EA%B4%91%EC%97%AD%EC%8B%9C&gugun=%EC%A4%91%EA%B5%AC&strNm=

・デザートを食べるなら 「昭福/ソボッ 仁川空港店」
食事はすでに済ませたけれど、ちょっと小腹がすいている…というときにぴったりなのが、仁川国際空港本館ターミナル4Fにある、デザートショップ「昭福/ソボッ 仁川空港店」です。
着色料や合成添加物は使わないという、こだわりの原材料を使って作られています。人気メニューのコグマアイスクリームは、コーン部分がさつまいもになっており、大満足のボリューム。アイスはきな粉味の優しい甘さで、日本人にも食べやすい味です。

昭福/ソボッ 仁川空港店
住所:仁川市中区雲西洞2840 仁川国際空港4階
営業時間:6:00~22:00
休業日:年中無休
代表的なメニュー:コグマアイスクリーム 5500ウォン(2019年7月時点で約506円)
URL:http://www.sobokorea.com/

・もっと気軽に食事がしたい人に 「FOOD ON AIR Studio2」
レストランに入るのは苦手…という人には、仁川国際空港本館ターミナルB1にあるフードコートの利用がおすすめです。韓国料理だけでなく、イタリア料理や日本料理まで食べられる多国籍料理のフードコートが地下1Fにあります。
韓国料理が食べられない人でも、しっかり腹ごしらえすることができるでしょう。

店名: FOOD ON AIR Studio2
住所:仁川市中区雲西洞2840 仁川国際空港1階
営業時間:6:00~22:00
休業日:年中無休
URL:なし

出張中に役立つ便利なサービス

 
空港内でアクシデントがあっても、役立つサービスを受けることができれば安心です。出張時、いざというときに助かるサービスをチェックしておきましょう。

・無料で使える 「シャワーブース」
トランジットで利用する人のために、無料で使えるシャワーブースが出発ロビー4Fに用意されています。無料で使えると聞くと、衛生面は?セキュリティは?と心配になるかもしれませんが、シャワーブースはとてもきれいで管理が行き届いています。
30分の利用時間制限はありますが、洗面台とシャワーブースはまるでホテルの浴室のような雰囲気。女性でも安心して利用できるスポットです。

シャワーブース
住所: 仁川市中区雲西洞2840 仁川国際空港4階
営業時間:24時間
休業日:年中無休

・ちょっと休憩できる 「仮眠室」
トランジットで利用するときや、少し休憩したいというときには、仮眠室を利用しましょう。3階に、無料で利用できる仮眠室がありますが、無料ゆえに多くの人が利用しています。出張の場合は、仕事で使うPCや資料、そして何より身の安全を確保するために、無料の仮眠室の利用は避けた方が良いでしょう。
有料施設「SPA ON AIR」なら、仮眠室以外にお風呂やサウナも利用できます。出張中に仮眠をとりたいときやリフレッシュしたいときにおすすめです。

SPA ON AIR
住所:仁川市中区雲西洞2840 仁川国際空港第1ターミナル 地下1階
営業時間:24時間営業
休業日:年中無休

空港内で買える、かさばらない韓国土産3つ


出張帰りにまとめてお土産を調達したい時、空港内にたくさんあるお土産ショップが便利です。特に、第1ターミナル3Fの出国ロビーにはお土産ショップも多く、飛行機に乗る前に調達できるのが魅力です。ここでは、構内で買える「かさばらず、持ち帰りやすい韓国土産」を紹介します。

・韓国土産の定番 「キムチ」
韓国土産といえば、キムチが最も有名です。少量ずつ密封パックで分けられたものが、空港内で多く販売されているので、会社へのお土産にもしやすいのは嬉しいところ。
ただし、キムチは液体物なので、原則機内持ち込みはできません。お土産にキムチを持ち帰るなら、スーツケースに入れて荷物として預ける、もしくはパスポートチェックを受けた後の免税店エリアにて購入しましょう。

・本場の味が楽しめる 「レトルト食品」
韓国らしい食べ物は、出張土産として喜ばれます。レトルト食品はかさばらず、お土産にもぴったり。「サムゲタン」や「ミヨックッ」といった韓国料理のレトルトがあちこちのショップで購入でき、手軽なお土産として人気です。長持ちもするので、会う予定が少し先の相手にもあげやすいことでしょう。
こちらもキムチと同様に、物によって液体物扱いになることがあります。購入したい時は機内持ち込み可かどうかに注意しましょう。

・ばらまき土産にぴったり 「お菓子」
お土産の定番でもあるお菓子は、職場へのばらまき土産には最適です。いろいろなお菓子を買っておけば、好みに合わなかった…ということもなく、みんなに喜んでもらえます。
ポテトチップスのコチュジャン味や、トッピギをスナックにした「シンダンドントッポギ」など、韓国らしいお菓子などがおすすめです。また、日本でも買えるお菓子も、ハングルバージョンというだけで立派な韓国土産に。保存状態を気にする必要もないので、持ち帰りやすいです。
ヘテパシフィック 辛ダンドン トッポッキ味スナック 75g×15袋

急な体調不良時に頼れるスポット


出張時の急な体調不良は、不安になるものです。そんな場合でも、仁川国際空港なら医療サービスも充実しています。もしもの時には、空港内にある医療センターや薬局を利用しましょう。

・安心の大学付属病院 「仁荷大病院 空港医療センター」
空港内の旅客ターミナル地下にある病院で、内科や歯科があります。平日は8時30分~17時30分までの診療ですが、応急室は24時間オープンしています。何かあったらいつでも駆け込める先として覚えておくと良いでしょう。

仁荷大病院 空港医療センター
住所:仁川市中区雲西洞2840 仁川国際空港 地下1階
営業時間:24時間
休業日:年中無休
URL:なし

・ちょっとした体調不良に便利な 「薬局」
「病院に行くほどではないけれど、薬が欲しい」というときには、空港内にある薬局を利用しましょう。旅客ターミナルにはもちろん、出国審査後の制限エリア内にも薬局があるため、手続きをした後に体調が悪くなったときでも薬が購入できます。

・第一ターミナル一般エリア
オプティマプラザ薬局:旅客ターミナル3階チェックインカウンター 6:30~22:00
W-store Star薬局:旅客ターミナル3階チェックインカウンター 6:00~22:00
メディファーム薬局:旅客ターミナル地下1階 7:00~21:30

・第一ターミナル制限エリア
ワールドトップ薬局:制限エリア内3階 6:30~21:30
リードファーム薬局:制限エリア内搭乗棟(サテライト)3階中央付近:6:30~23:00

・第二ターミナル一般エリア
バランス薬局:旅客ターミナル地下1階 7:00~21:00
スカイファーム薬局:旅客ターミナル3階 6:00~21:00

・第二ターミナル制限エリア
プライム薬局:制限エリア内3階 7:00~22:00

仁川国際空港は出張で訪れる人にも優しい空港

韓国の玄関口として、常に多くの旅客が訪れる仁川国際空港。出張で訪れる人にも利用しやすい施設が充実しています。食事やお土産ショップ、トランジットの時に便利なシャワールームや仮眠室、そしていざというときの病院や薬局など…ここで揃わないサービスはないと言っても過言ではありません。それだけに、空港で過ごすことを楽しみに訪れている人もいるのだとか。魅力のつまった仁川国際空港でぜひ、充実した出張の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

SENNHEISERからビジネス向けヘッドフォン新発売!

CTA-IMAGE 音楽制作現場や映画製作現場などのプロフェッショナル用途にも多く用いられているドイツの音響機器メーカー“ゼンハイザーから新しく、ビジネス向けのヘッドフォンが新発売! 使ってビックリの出張おすすめグッズ。レビュー付きでご紹介します。 プレゼントキャンペーン企画中!

タビナカカテゴリの最新記事