北京首都国際空港での食事!どこで何を食べる?

北京首都国際空港での食事!どこで何を食べる?

北京首都国際空港は巨大な空港なので、移動に時間がかかりますし、人も多く混雑します。
効率よく食事をするためには、事前に情報を知っておくことが必要です。
そこで、北京首都国際空港のグルメ・レストラン情報を紹介します。

なじみの店が多い第3ターミナル

日本の航空会社を利用して北京首都国際空港に到着したならば、通常、そこが第3ターミナルです。
ここには世界展開しているチェーン店がたくさん出店しています。
カフェやファーストフードが多いものの、本格的な中国料理や韓国料理の店もあり、さまざまなニーズに対応しています。
しかも、平均的に日本の物価より安いというのも嬉しいところです。

星巴克(スターバックス)、必勝客(ピザハット)、漢堡王(バーガーキング)を利用すれば、日本と同じような味を楽しめます。
さらに手軽に食べたいならば、全家便利店(ファミリーマート)を利用するのも1つの方法です。
本格的な中華料理を食べたいなら、便宜坊が人気です。
北京ダックがおいしく、コックが目の前で切り分けてくれるサービスを行ってくれます。
他にも野菜料理や魚料理などの味の評判も上々です。
本格的な韓国料理のお店もあります。
「宮廷女官チャングムの誓い」でおなじみの大長今というお店が有名です。
本格中華料理と日本料理の間をとるならば、味千拉面になるでしょうか。
熊本の豚骨ラーメンである味千ラーメンをベースに作っており、日本人に特に好評です。

食事したら請求書の確認は必須

中国への旅行・出張トラブルの不動の第1位は、いわゆる「ぼったくり」。
食事においてもこれは変わりません。
まさか空港内でぼったくりはないだろうと考える人も多いでしょうが、日本では考えられない確率で被害に遭うといわれています。
もちろん、ただの計算間違い、レジの打ち間違えといったこともあるでしょう。
しかし、いずれにしても、お金を払う前に請求書の確認は不可欠なのです。
有名チェーン店でも、注文していない商品が加えられたり、値段の高い他の商品と入れ替わったりするトラブルが起こる可能性があるため、用心に越したことはありません。

ある例では、チャーハンとデザートとお茶を頼んだ際に、デザートが高級料理の1品に変わっており、お茶は倍額、頼んでいないものが1品加わり、昼食にもかかわらず5000円以上を請求されたとのことです。
このケースのように極端な例ではすぐにおかしいと気づきますが、小さなミス・改ざんは気づきにくいため、請求書のチェックは必ずしましょう。

空港ラウンジを利用する手も

ビジネスクラス以上の利用者やプライオリティパスを持っている人なら、航空会社のラウンジで食事をするという手もあります。
ラウンジは、早めに空港に着いてリラックスしたい場合や、移動に疲れており騒がしいお店で食事をしたくない場合に向いています。
また、軽食や飲み物、スナック類などを購入する必要がないことや、Wi-Fiを利用できるメリットもあります。

北京首都国際空港にはラウンジが8つありますが、たとえば、ANAの契約ラウンジである中国国際空港のラウンジは食事が充実しています。
入口近くのカフェスペースではコーヒーやお茶、サンドイッチなどの軽食、奥のダイニングスペースではチャーハン、飲茶、野菜炒めなどしっかりした食事がとれます。
しかし、ビジネス・ファーストクラスの料金は高額ですし、出張の場合、費用が出ないことも多いでしょう。
プライオリティパスなら、年会費制度で費用はそれほど高くありません。
空港ラウンジを利用したいと考えているなら、事前に会員になっておくとよいでしょう。

空港外なら格安で食べられる

さまざまなお店がある北京首都国際空港ですが、やはり、特別な価格設定になっていることは間違いありません。
安い値段で食事をとりたい場合、空港近くで食べるのも手です。
北京首都国際空港を出て電車に乗り、1駅目の「三元橋」で下車するとショッピングモールがあるので、そこのフードコートで食事をすれば格安で食事をとれます。
フードコートの入り口カウンターには、カードを購入して現金をチャージする場所があります。
フードコート内では現金で直接払えないので注意しましょう。
余ったお金は、カウンターで返却してもらえます。
フードコートは地元の人々も利用しているため、かなり賑やかな雰囲気です。
しかし、中国語が話せなくても、心配はいりません。
指さしでメニューを注文しカードを差し出せば、後は店員が行ってくれます。
時間があれば、少し足を延ばしてオリンピック会場と広々した公園も散策できるのも魅力です。
空港外に出て食事をするのもよいのではないでしょうか。

時間に余裕をもって食事を

巨大な北京首都国際空港は移動に時間がかかります。
また、人が多いため、待ち時間が長くなることもあります。
食事にどれだけ時間をかけられるかをしっかり考えて動くことが大事です。
はじめての出張などではなかなか計算できないこともあるので、時間に余裕もっておくことが大切です。
時間に余裕があれば、空港近くに足を延ばして食事もできます。
また、移動に便利で待ち時間が少ないラウンジの利用を検討しておくのも、快適に食事をする方法の1つです。
時間にゆとりを持っておき、快適な出張にしていきましょう。

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビナカカテゴリの最新記事