ゼンハイザーから新たなビジネス向けヘッドフォンがデビュー!

ビジネスパーソンがチェックすべき海外出張に本当に役立つアプリ4選

ビジネスパーソンがチェックすべき海外出張に本当に役立つアプリ4選

出張で海外に行くときはプライベートで旅行に行くときとは違い、宿泊するホテルなども決まっていることが多いので、事前の準備はそれほど必要ないと思うかもしれません。
しかし、現地の情報を事前に知っておくことで、危険から身を守ったり時間を有効に使ったりできるのです。
今回は、海外出張の際に役立つアプリを4つ紹介します。

出張先の治安や衛生状態のチェックに使える「外務省海外安全アプリ」

出張先の国や地域の治安状態などを確認できる「外務省海外安全アプリ」は、海外に行くときに欠かせません。
地域の危険レベルの評価、感染症や天候に伴うリスクや、過去に起こった事件や事故の情報をチェックできます。
事前に目を通しておくことで、リスクが高い場所には行かないという判断にも使えるので、現地に行く前に必ずチェックしておきましょう。
また、危険を回避するための情報だけではなく、祭りの時期など現地の行事を知ることで、混雑していることやお店が休みになっている可能性なども知ることができます。

「海外安全虎の巻・海外旅行のトラブル回避マニュアル」というページでは、実際に海外であったトラブルの事例が載っています。
日本では当たり前のことでも海外では文化や習慣の違いから、予想もしていなかったようなトラブルに発展するかもしれません。
また、その国ではどういった犯罪が多いのかを知ることによって、巻き込まれないよう対策を立てることができるようになります。

現地のレストランを探せる「Yelp」

現地のレストラン情報掲載のアプリ「Yelp(イェップ)」も海外に行くときには便利です。
アメリカ発祥のレビューサイトですが、カナダやヨーロッパなど使える地域が年々拡大しており、日本でのユーザー数も増えてきています。
現地の人の口コミが載っており、人気のレストランやカフェを探すのにとても便利なアプリです。
場所や価格帯などの基本情報だけでなく、店の雰囲気、Wi-Fiの有無などの細かいデータも見られることが特徴です。
地図の表示はGoogleマップと連動していますが、レビューなどはGoogleマップよりも細かな情報が得られます。

飲食店以外に病院や外貨両替所などニッチな情報も登録されているので、海外に行く際には非常に便利です。
すぐに食事をしたいときには、現在営業中のお店に絞って調べられますし、オンライン予約が可能なお店もあります。
語学が堪能な人であっても、電話で予約をするのは少しハードルが高いと感じている人も多いでしょう。
ネット予約なら日時と人数を登録するだけで予約ができ、空席があれば当日でも予約できる可能性があります。

オフラインで地図を見られる「Maps.me」

オフラインでも確認できる地図アプリ「Maps.me(マップス・ドット・ミー)」が海外では非常に役に立ちます。
海外製のアプリですが、日本語にも対応しており、操作もわかりやすくなっています。
普段から地図アプリを使用している人なら、感覚的に使うことができるでしょう。
ルート検索だけでなく、周囲のエリア情報も表示されるようになっており、飲食店やATM、病院や警察の位置など、現地で知りたい情報も得られます。

海外ではWi-Fiが使えない地域も多く、オンラインで通信する地図アプリだと通信量が大きくなりすぎてしまう心配があります。
このアプリは、必要な地域の地図を事前にダウンロードしておくことで、オフラインでも閲覧することができるのが最大の特徴です。
Googleマップはオフラインで経路案内が利用できませんが、Maps.meはオフラインでもGPSで現在位置が確認できます。
また、オンラインで通信するタイプの地図アプリだと頻繁に通信がおこなわれるため、スマホの電池の消耗が激しくなります。

現地の言葉が分からないときに「旅の指さし会話帳」

「旅の指さし会話帳(YUBISASHI)」は、現地での言葉があまりわからないときに役立つアプリです。
もともと「旅の指さし会話帳」はベストセラーとなった書籍で、各国ごとに必要な情報がまとまっています。
しかし、海外に行くときには荷物が多くなってしまいがちなので、荷物を少しでも減らしたい人にとって、本を持っていくのは大変かもしれません。
そこで便利なのが、この人気シリーズの書籍をアプリにした「旅の指さし会話帳(YUBISASHI)」です。

使用頻度が多いフレーズが表示されるアプリで、伝えたい内容を示すだけでコミュニケーションがとれます。
翻訳アプリは言い回しなどで混乱を招くこともありますが、指差しアプリの場合は選択肢が少なく、イラストもついているので意思疎通もシンプルにできます。
対応言語と地域が広く、22カ国以上に対応している点も魅力です。
伝えたい言葉をタップするだけで音声で読み上げてくれるのも、書籍にはないアプリならではの特徴です。

海外出張の持ち物リストにモバイルバッテリーも入れておこう

今回紹介したような便利なアプリを活用することで、スマホ1つ持っていれば海外でもさまざまな情報を手に入れることができます。
そのため、海外に行くときにはスマホは欠かせないアイテムです。
しかし、スマホは途中で電池がなくなってしまっては役に立たず、何もできなくなって困ってしまいます。
海外出張の際は充電器だけではなく、どこでも充電できるようにモバイルバッテリーも忘れずに持って行きましょう。

SENNHEISERからビジネス向けヘッドフォン新発売!

CTA-IMAGE 音楽制作現場や映画製作現場などのプロフェッショナル用途にも多く用いられているドイツの音響機器メーカー“ゼンハイザーから新しく、ビジネス向けのヘッドフォンが新発売! 使ってビックリの出張おすすめグッズ。レビュー付きでご紹介します。 プレゼントキャンペーン企画中!

タビマエカテゴリの最新記事