時差ボケ

海外出張の初心者を悩ます「時差ボケ」〜撃退のための傾向と対策〜

海外渡航をする際に、避けては通れない悩みの一つ「時差ボケ」。 オーストラリアや東アジア周辺など、時差1〜3時間程度の近隣諸国ならさほど問題ありません。しかし、昼と夜が逆転してしまう欧米、南米、アフリカ方面となると話は別です。最低限の対策を考えておかないと、ほぼ間違いなく体調に支障をきたすでしょう。ましてや、それが出張であれば体調管理も仕事のうち。時差ボケが原因で商談に失敗! という事態だけは避けねばなりません。そのためには、出発までに腰を据えた対策が必要です!