部下といっしょに海外出張。中部国際空港で部下との関係性を向上し、仕事を大成功させよう!

部下といっしょに海外出張。中部国際空港で部下との関係性を向上し、仕事を大成功させよう!

部下と一緒に出張に行く際、自分も部下もお互いに気を遣うことが多くなり、気疲れしてしまうときもあります。
そこで今回は、飛行機搭乗までの待ち時間を部下と一緒に楽しめる「中部国際空港(通称セントレア)」のおすすめスポットを紹介します。

あっという間に時間が過ぎる!セグウェイ・ガイドツアーはいかが?

中部国際空港には、操縦が簡単にできるセグウェイに乗って空港内を見学できる「セグウェイ・ガイドツアー in セントレア」があります。
ツアーには「セントレアガーデン(屋外)コース」「旅客ターミナルコース」「港の見える(屋内)コース」の3つのコースが用意されています。
天気がよければ緑豊かなガーデンを抜ける屋外のコースは気持ちがいいですし、雨でも屋内のコースを選択すればツアーを楽しむことができるでしょう。
空港での待ち時間を会話だけでやり過ごそうと思うと、話題に困ってつい仕事に関する堅苦しい話をしまいがちです。
お互いの気分転換のためにも、会話以外の方法で時間を過ごしてみましょう。
セグウェイはそれぞれが操縦して乗っていきますが、ツアーなのでガイドの話を楽しく聞いているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
ツアーはおよそ60分のコースになっているので、搭乗までの待ち時間が長いときに利用するといいです。
事前予約制ですが定員に空きがあれば当日申し込みが可能なので、予定以上に長い待ち時間ができてしまったときなどは受付で問い合わせれば参加できるかもしれません。

巨大なエビフライにびっくり!まるは食堂でランチタイム

飛行機の搭乗前に部下とランチを食べるなら、地元の「名古屋めし」を味わえるお店がおすすめです。
ターミナルビル4階のちょうちん横丁には名古屋めしを楽しめるさまざまなお店が集まっていますが、そのなかでも外せないのが知多半島の有名店「まるは食堂」です。
まるは食堂は巨大エビフライが名物ですが、中部国際空港の限定メニュー「セントレア定食」には大きなエビフライのほかに新鮮な刺身がついています。
また、エビフライと刺身のついたお子様定食もメニューにあるのですが、注文するのに年齢制限がないので大人でも食べることができます。
食材は毎日直送で届く、豊浜本店近くの市場から仕入れた新鮮な魚介類を使用しているので鮮度は抜群です。
さらにこのお店の魅力は、窓から滑走路が見え、その向こうには伊勢湾が広がっていることです。
大きなエビフライを頬張りながら景色も楽しめるこのお店なら、きっと部下にも満足してもらえることでしょう。

肉好きの部下に食べさせたい!矢場とんのみそかつ

まるは食堂のエビフライもボリューム満点ですが、それよりもガッツリとお肉を食べたいという部下を連れていくなら、みそかつで有名な名店「矢場とん」のがおすすめです。
ターミナルビル4階のレンガ通りにあり、多くの飲食店が立ち並ぶこのフロアの中でも人気のお店となっています。
初めて矢場とんに行くのなら看板メニューの「鉄板とんかつ定食」を注文してみましょう。
鉄板とんかつはアツアツの鉄板の上にキャベツを敷き、揚げたてのロースとんかつをのせ、仕上げに秘伝のみそをたっぷりかけるという斬新なメニューです。
鉄板の上でみそが焼けるジュージューという音と、そこから漂う香ばしいにおいが美味しさに拍車をかけます。
店内でゆっくりと食事を楽しむこともできますが、時間がないときにはテイクアウトメニューも魅力です。
ひれかつサンドなら手軽に食べることもできるので、少し小腹が空いたときにピッタリです。

ほとんどが試食OK!えびせんべいの里

お土産を探すのなら、ターミナルビル4階のちょうちん横丁にある「えびせんべいの里」にぜひ行ってみましょう。
えびせんべいの里は何十種類ものえびせんべいを扱っており、おつまみにもおやつにも向いているため、お土産として渡すのに相手を選びません。
えびせんべいの里のせんべいは薄焼きなのが特徴です。
えび以外にも「たこ」や「いか」を使ったせんべいから、「ひまわりの種」を練りこんだものや「塩レモン」「トマト&バジル」などの少し珍しい味のものまであります。
店内のほぼすべての商品を試食できるので、部下とコミュニケーションを取りながらお土産を探しているうちに自然と時間もつぶせます。
どれも手ごろな価格なので、会社へのお土産としてたくさん購入したいときにも向いています。
えびせんべいの里セントレア店は、世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」から、「2017年エクセレンス認証」に認定されました。
これは過去1年間に渡って高い評価を維持している施設に与えられるもので、このお店の人気の高さがうかがえます。

気楽に過ごせるのが一番

部下と一緒の出張は長い時間を共にすることになるので、お互いに気を遣うことが多くなります。
セグウェイに乗って空港内を巡ったり、美味しい名物料理を食べたりするなど、少し「非日常的な体験」をすることで自然と会話も弾むようになるでしょう。
退屈だと時間が過ぎるのが遅く感じてしまいますが、楽しめるように工夫することで時間があっという間に過ぎ、自分も部下も気が楽になります。
せっかくの機会なので、普段の仕事とは違ったかたちで部下とのコミュニケーションを取るチャンスだと考えましょう。

世界中130ヶ国、500都市、1,200か所以上の空港ラウンジが利用できる「PriorityPass」

PriorityPassは簡単・迅速に利用できる空港ラウンジサービスを法人や個人に提供しているサービスです。
旅行や出張が頻繁な方から、定期的に空港を利用する方まで、空港ラウンジを便利に快適に利用したい方にオススメのサービスです。
世界1000か所以上に快適な空港ラウンジがあり、特典サービスも盛り沢山。
130か国で何百万人の方がすでに体験しています。

■こんな方にオススメです
・出張や商談でよく空港を利用する方
・海外旅行や国内旅行が好きな方
・長距離な旅をもっと楽しめたい方
・ビジネスやレジャー問わずスマートな旅をしたい方

■PriorityPassのポイント
・世界中1200か所以上の空港ラウンジが利用可能
・プランは3種類から選べる
・無料WiFi、充電設備など全て安心
・便利なデジタル会員証
・多言語スタッフが24時間・年中無休でサポート
・どんどん広がっていくラウンジネットワーク

Priority Pass 公式サイトはこちら

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビナカカテゴリの最新記事