ゼンハイザーから新たなビジネス向けヘッドフォンがデビュー!

時間があるから見ておきたい!いつもと違う羽田空港。海外出張や国内出張の待ち時間を有効活用しよう

時間があるから見ておきたい!いつもと違う羽田空港。海外出張や国内出張の待ち時間を有効活用しよう

出張で羽田空港を利用するビジネスパーソンにとっては、空港といえどもただの経由地で、ゆっくり見て回ることなどがなかったかもしれません。
しかし、羽田空港は見どころ満載のテーマパークのような面白さがあるスポットです。
出発までに時間があるなら、ぜひ散策してみてはいかがでしょうか。

童心Juveniland TOKYOで子どもの心を思い出す

「開運!なんでも鑑定団」のテレビ番組でおなじみのアンティーク玩具コレクターとして有名な北原照久氏のアンティークコレクションの展示コーナーがあるのが「童心Juveniland TOKYO」です。
第1旅客ターミナルの3階中央付近にあり、入り口の上に「童心」とあるのですぐわかるでしょう。
3000点以上の品数を誇るおもちゃの販売店ではありますが、落ち着いた内装の色合いで統一されたおしゃれな雰囲気のお店です。
店内の一角には北原コレクションの懐かしいブリキのおもちゃやミニカーなどの展示に目を奪われ、子どもよりも大人が夢中になってしまう空間です。
一瞬で童心に戻って仕事の疲れが癒されること間違いなしでしょう。
忙しさのあまりお土産を買い逃した人は、ディズニーグッズや東京スカイツリー関連、飛行機やゲームなどの種類も豊富なため、お子さまの好みのお土産が見つかるのではないでしょうか。

羽田空港神社にお参り!落ちないお守りをゲット

羽田空港の中に神社があるなんて、知らない人が聞いたら驚くことでしょう。
あまり表立って宣伝していないため知っている人はわずかかもしれません。
第1ターミナルの到着ロビーのトイレ入口の細い通路の先、関係者用通路と見間違うような人通りの少ない場所にひっそりと佇んでいます。
入口の上に「羽田航空神社」と表札が出ていて、緋毛氈の先にコンパクトな参拝所があり賽銭箱も置かれています。
両壁際には灯籠が置かれた日本庭園風の飾り付けがしてあり、そこだけ厳かで落ち着いた異空間になっています。
ぜひお参りして空の旅の無事を祈念してみてはいかがでしょうか。
さらに時間があり、本殿に参拝したいと思えば、新橋にある航空会館の屋上の羽田航空神社をおすすめします。
ここは、隠れパワースポットともいわれている羽田空港神社の本殿になります。
飛行機の事故が起きないように、つまり「落ちない」ように祈願していることから「志望校に落ちない」願掛けをする受験生に人気のあるスポットです。
お守りは、航空会館で購入できます。

展望デッキから飛行場らしさを味わう

羽田空港は利用客が多く、世界でも有数の旅客規模を誇る大きな空港です。
国内航空機の発着階数も多いため、次々に加速した飛行機が飛び立つところを見られます。
また、遠くに見える小さな飛行機がだんだんと目の前に迫ってきて着陸する様子もワクワクしませんか。
そんな迫力のある発着の様子が3箇所の展望デッキで見ることができます。
天気の良い日は、望遠レンズをつけた一眼レフカメラを構える人たちの撮影スポットとして人気です。
第1旅客ターミナルの屋上展望デッキからは、360度の景色を見渡せるため、空気が澄んで視界の良い日は富士山もきれいに見ることができます。
ベンチで飲食することもできるため、のんびりと東京湾の風やエンジン音を直接感じながら過ごすのもおすすめです。
第2旅客ターミナル5階の展望デッキからは東京湾沿岸の景色が広がります。
東京スカイツリーと飛び立つ飛行機が一緒に入る写真も撮ることができるためインスタなどのSNSに投稿する若者も多いのではないでしょうか。
真っ青な空の飛行機と富士山も良いですが、夕暮れにシルエットが美しく浮かび上がる富士山も絶景です。
写真に撮るのはなかなか難しいですが、暗くなってからの夜景と光る飛行機も良い雰囲気です。
暖かい季節にはぜひ立ち寄ってみてください。
このように、各展望デッキで、時間にごとに異なる風景を楽しむことができます。

時間単位で使えるビジネスラウンジで過ごす

羽田空港には、高速Wi-Fiが使える落ち着いたラウンジが数箇所あります。
ビジネスコーナーやパソコンブースもあるため、パソコンやタブレットで済ませたい作業があるときは、出発までのあいだ落ち着いて仕事ができるでしょう。
完全に分煙された落ち着いた雰囲気のなか、フリードリンクサービスもついて1人あたり1080円~2160円(税込み)で利用できます。
第1旅客ターミナル5階のリージャスエクスプレスのレンタルオフィスは、ビジネスに必要なものがすべて揃った贅沢空間です。
1日単位や1時間から利用することができます。
オフィス部屋は37室、ワークステーションは87席、会議室が5室とたくさん用意されているため落ち着いて仕事に取り組めそうです。
また、第2旅客ターミナル2階のゲートラウンジ内にはビジネスセンターがあり、コイン式パソコンやカラーコピー機を利用することができます。

さまざまな形で時間を使える空港

羽田空港には、紹介しきれないほどたくさんの魅力が詰まっています。
国際線を利用するならぜひ江戸の町並みを再現した「江戸小路」や、プラネタリウムが楽しめる「スターリーカフェ」なども体験してみてください。
また、期間限定で特設のスケートリンクを設けたり、展望デッキでジャズコンサートを開催したり、と飛行機を利用しなくても行きたくなるような大掛かりなイベント企画もたくさんあります。
羽田空港は、空き時間をいろいろな形で使える便利で楽しい日本一の空港だといえるでしょう。

SENNHEISERからビジネス向けヘッドフォン新発売!

CTA-IMAGE 音楽制作現場や映画製作現場などのプロフェッショナル用途にも多く用いられているドイツの音響機器メーカー“ゼンハイザーから新しく、ビジネス向けのヘッドフォンが新発売! 使ってビックリの出張おすすめグッズ。レビュー付きでご紹介します。 プレゼントキャンペーン企画中!

タビナカカテゴリの最新記事