海外用モバイルWiFiはどう選ぶ?主要5社のサービスを徹底比較

海外用モバイルWiFiはどう選ぶ?主要5社のサービスを徹底比較

海外出張時に役立つツールの1つが、海外用のモバイルWiFiルーターです。
しかし、海外用モバイルWiFiルーター端末を貸し出している事業者は複数あるため、どこを選べばいいのか迷ってしまうという場合もあるでしょう。
そこで、この記事では主要な5つの事業者を取り上げ、その特徴を解説していきます。

ビジネスパーソンに必須のWiFi環境!サービスはどう選ぶ?

海外に出張した際、仕事のための情報収集やスケジュール管理、翻訳などを行うには、WiFi環境が必須だといえます。
また、自分のスマートフォンやノートパソコンなどを、いつでもどこでも安全にインターネットへと接続するためにも、海外用モバイルWiFiルーター端末は必要不可欠です。
ただし、海外用モバイルWiFiルーター端末のレンタル事業者は数が多く、料金プランをはじめとしたサービス内容に違いがあります。
そのため、レンタル事業者を選ぶ場合は、各社のサービス内容について、慎重に比較・検討することが重要です。

海外用モバイルWiFiルーター端末レンタルサービスの主要な事業者としては、「イモトのWiFi」「グローバルWiFi」「Wi-Ho!」「JAL ABC」「グローバルモバイル」の5社が挙げられます。
ここでは、各事業者の特徴やサービスを紹介していくので、自分に合った事業者はどこなのか、しっかりとチェックしましょう。

1.イモトのWiFiの特徴

イモトのWiFiは、オプションプランが豊富で、割引キャンペーンも頻繁に実施されているのが特徴です。
料金プランには、1日単位の定額制が採用されています。
具体的な料金は、利用する国や地域、通信速度、1日に使用可能なデータ容量によって異なります。
たとえば、アメリカ本土で利用する場合の1日の料金は、「3G・500MB」で980円、「3G・1GB」なら1280円です。
また、「4G・500MB」で1580円、「4G・1GB」では1880円となっています。
30日パックのプランもあり、「3G・500MB」の30日利用で1万9200円、「4G・500MB」の30日利用なら2万8000円です。
また、受取手数料やキャンセル料金、延滞料金などが別途必要になることがあります。

支払い方法は、インターネットでのクレジットカード決済となります。
受け取り方法は、宅配便、空港カウンターでの受け取り、東京本社での受け取りから選択可能です。
通信は3Gと4Gに対応しています。
利用できる国と地域は、北アメリカ、中央・南アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアなどです。
東アジア、東南アジア、中東、アフリカにも対応しています。
ほかにも、ハワイ、グアム、サイパンで利用できます。

2.グローバルWiFiの特徴

グローバルWiFiは、通信の安定性に定評がある事業者です。
全世界の30社以上の通信会社と契約し、高速インターネット通信を実現しているのが特徴です。
料金プランは1日当たりの定額制で、ルーターを各地の空港で受け取ることができます。
料金は、利用する国や地域、通信速度、1日に使用可能なデータ容量によって決まります。
たとえば、カナダでの1日の利用料金は、「3G・250MB」で870円、「3G・500MB」で970円です。
さらに、「4G・250MB」なら970円、「4G・500MB」で1170円、「4G・1GB」では1470円になります。
それから、安心補償パック料金、オプション料金などが必要です。

支払い方法は、クレジットカード決済、コンビニ・郵便局・銀行でのあと払い、請求書払いの3つから選べます。
受け取り方法は、宅配便、空港カウンターでの受け取り、現地での受け取りの3種類です。
通信は3Gと4Gに対応しています。
利用できる国と地域は、北アメリカ、中央・南アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアなどです。
また、東アジア、東南アジア、中央・南アジア、西アジアにも対応しています。
中東、アフリカ、ハワイ、グアムでも利用可能です。

3.Wi-Ho!の特徴

Wi-Ho!は、世界90カ国以上で使える周遊プランが魅力の事業者です。
さまざまなニーズに応えるプランがあり、定期的に割引キャンペーンも行っています。
料金プランは1日当たりの定額制が採用されており、利用する国や地域、通信速度、1日に使用可能なデータ容量によって料金が変動します。
たとえば、ベトナムで利用した場合の1日の料金は、「3G・300MB」で390円、「3G・500MB」なら690円です。
「4G・300MB」では850円、「4G・600MB」で1150円、「4G・1GB」は1350円、「4G・無制限」なら1950円となっています。
加えて、あんしん保証料金や商品手配手数料などがかかります。

支払い方法は、クレジットカード決済です。
受け取り方法は、宅配便と空港カウンターでの受け取りから選べます。
通信は3Gと4Gに対応しています。
利用できる国や地域は、北アメリカ、中央・南アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアなどです。
それから、アジア、中東、アフリカでも利用できます。
グアム、ハワイにも対応しています。

4.JAL ABCの特徴

JAL ABCは、1日のデータ使用量が無制限で、料金体系がシンプルなのが特徴です。
料金プランは1日当たりの定額制で、利用する国や地域、通信速度によって料金が異なります。
たとえば、オーストラリアでの1日の利用料金は、「3G」で1150円、「4G」なら1250円です。
また、オプション料やキャンセル料、安心補償料金や送料などがかかる場合があります。
支払い方法は、クレジットカード決済となります。
受け取り方法は、宅配便と空港カウンターでの受け取りから選択可能です。
通信は3Gと4Gに対応しています。

利用できる国と地域は、北・中央・南アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアなどです。
アジア、ハワイにも対応しています。

5.グローバルモバイルの特徴

グローバルモバイルは、料金プランの安さに定評がある事業者です。
利用できる国は少ないものの、各国に特化した専用ルーターが用意されています。
料金は、利用する国や地域、そしてその国や地域に対応した専用ルーターの選択、プランの選択などによって変わります。
たとえば、出張先がハワイで、ハワイ専用無制限WiFiルーター「スーパーアロハデータ」を利用した場合、デイリープランなら1日930円です。
マンスリープランを選ぶと、1カ月間で2万1000円となります。
また、別途オプション料金が必要です。

支払い方法は、クレジットカード決済です。
法人契約なら、請求書払いができる場合もあります。
受け取り方法は、宅配便、空港カウンターでの受け取りから選択可能です。
国や地域によっては、現地で受け取れる場合もあります。
通信は多くの専用ルーターが4G対応となっていますが、ルーターによっては3G対応や2G対応のものもあります。
専用ルーターが利用できるのは、アメリカ、ハワイ、イギリスなどです。
それから、インド、シンガポール、カンボジアにも対応しています。
タイ、ベトナム、台湾でも利用可能です。
加えて、中国、韓国、香港でも使えます。
ただし、複数国対応のルーターを使うことで、ほかの多くの国でも利用できます。

通信料が大容量のWi-Fiルーター

通信料が大容量のWi-Fiルーターは「イモトのWiFi」です。

4G対応で通信料は1日あたり500MBと大容量。
成田・羽田・関空・中部国際・新千歳・福岡で受け取りできるので利便性抜群!
日本語サポート、補償最安など老舗ならではの安心感。
初心者にもおすすめです。

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビマエカテゴリの最新記事