タイの2つの空港を徹底比較! タイ出張で使いこなそう

タイの2つの空港を徹底比較! タイ出張で使いこなそう

東南アジア諸国で最も日系企業の進出が多い国・タイ。首都バンコクだけでなく、チョンブリやサムットプラカーンなど地方にも日系企業の拠点が多数あります。タイへの出張の入り口とも言えるバンコクの空港を使うなら、ぜひ行く前にチェックしたおきたいコツや、快適に過ごせるおすすめ情報をご紹介します。

参考:
JETRO「タイ日系企業進出動向調査 2017 年」 調査結果
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/762117c2abed4a1c/20170074_report.pdf

1.タイの2つの空港の概要

バンコクには空港が2つあるのをご存知ですか?バンコク南部にはスワンナプーム国際空港が、北にはドンムアン空港があります。
国際線は、ほぼスワンナプーム空港に発着。ドンムアン空港は国内線がメインですが、近年は国際線(主にLCC)も就航するようになっています。
巨大で活気のあるスワンナプーム空港と比べると小規模なドンムアン空港はやや寂しく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、レストランや施設が増え始め、今後の成長が楽しみな空港です。まずは、それぞれの空港の概要をチェックしてみましょう。

1-1.スワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)

バンコク中心部から25㎞東南、サムットプラーカーンバーンプリ―群に位置するスワンナブーム空港。
乗り入れ航空会社は、日本からは

タイ国際航空、日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)

などがあります。また、国内線は

タイ国際航空、タイ・スマイル、バンコク・エアウェイズ、タイ・ベトジェットエア(LCC)

などがあり、チェンマイ、スコータイ、クラビー、プーケット等へと就航しています。

スワンナブーム空港の特徴は、なんといってもその広さ。旅客ターミナルビルの床総面積は563,000㎡と世界最大規模です。世界中から24時間飛行機が発着するため、「眠らない空港」として知られています。

公式サイト:https://suvarnabhumi.airportthai.co.th/en
参考:https://www.thailandtravel.or.jp/common/pdf/suvarnabhumi.pdf

1-2.ドンムアン空港(Don Mueang International Airport)

バンコク中心部から北、24㎞のドンムアン県に位置するドンムアン空港は、国内便やLCC利用でよく使われる空港です。
乗り入れ航空会社は、日本からは

タイ・エアアジアX、タイ・ライオン・エア(すべてLCC)

が就航。国内線は、

タイ・エアアジア(LCC)、ノックエア(LCC)、タイ・ライオン・エア(LCC)、オリエント・タイ航空(LCC)、カン・エア

などが就航しています。

主にLCC(ローコストキャリア)と国内線が就航している点が、スワンナブーム空港との大きな違い
第1ターミナルが国際線、第2ターミナルが国内線専用となっています。マレーシア、ミャンマー、ベトナムなど東南アジア各国へ向かう便も多いです。

公式サイト:https://donmueang.airportthai.co.th/ja

2バンコク市内からのアクセス


それぞれの空港から、オフィス街のあるシーロムエリアや日本人駐在員が多く住むスクンビットエリアまでのアクセス方法を見てみましょう。

2-1.スワンナプーム空港の場合

2-1-1.タクシー

深夜や早朝の電車が動いていない時間帯に空港に到着した場合は、タクシー利用となります。2階到着ロビーから1階に降りて、外へ出るとタクシー乗り場があります。
空港から10㎞以内の移動の場合は「Shot Distance」のレーンへ、バンコク市中心部への移動は「Regular Taxi」のレーンへ並びましょう。

レーンには、発券機があり、そこで配車票を発券し、そのチケットに書かれた番号と同じレーンにならんでタクシーを待ちます。

※注意点
・空港使用料が50THB(約170円)かかり、これは乗客負担。また、高速道路を利用した場合も高速道路料金は乗客が負担します。
・メーターを動かしているか、またはメーターを隠していないかチェックしましょう。悪質なドライバーが稀におり、メーターを使おうとせず高額な乗車料金を請求する場合があります。
※空港出発のタクシーには悪質なドライバーは少ないと言われていますが、注意しておきましょう。
≪主要時間と料金≫
空港~バンコク市中心部(シーロム/スクンビットエリア):40~50分
乗車料金:約300THB(約1,040円)前後 ※空港使用料、高速道路料金別

2-1-2.AOT リムジン

スワンナプーム空港の公式サービスの「AOTリムジン」は、メーター制ではなく行き先によって金額が決められています。タクシーよりも高額ですが、悪質ドライバーに当たったり、メンテナンスしているのか不安になるようなボロボロの車両に乗ったりする心配がありません。車種も選べ、イスズ、トヨタの他にBMWがあります。
事前にネットで予約するか、空港内のカウンター(到着ロビー、預け荷物が出てくるターンテーブルのあるエリアにあります)で予約しましょう。
公式サイト:https://www.aot-limousine.com/home.html

≪主要時間と料金≫
空港~スクンビットエリア:1,050THB(約3,630円)~/約40~50分
空港~シーロムエリア:1,400THB(約4,840円)~/約40~50分
※空港使用料、高速道路代込み
※車種、乗車距離によって金額が変わります。

2-1-3.高速鉄道 ARL(Airport Link)


スワンナプーム空港からバンコク中心部までは、電車でもアクセス可能です。ARL(Airport Rail Link)という高速鉄道が出ており、始発~終点(スワンナプーム空港~パヤー・タイ駅)間を約27分で結んでいます。渋滞に巻き込まれる心配もなく、短時間で移動できるので、急ぐ場合はARL利用がおすすめ。
空港地下1階まで降り、「Airport Rail Link」の看板に沿って歩くと乗り場があります。

≪所要時間と料金≫
スワンナプーム空港~アソーク駅(スクンビットエリア):35THB(約120円)/乗車時間約22分、マッカサン駅下車、徒歩5分でアソーク駅に到着する

スワンナプーム空港~シーロム駅:61THB(約210円)(APLで35THB、MRTで26THB)/乗車時間約22分、マッカサン駅下車、北へ徒歩5分、MRTペチャブリ駅よりMRT Blue Line乗車、シーロム駅まで約9分

MRT公式サイト:https://www.bemplc.co.th/default.aspx?lang=en#
APL公式サイト:http://www.srtet.co.th/index.php/en/

2-2.ドンムアン空港の場合

2-2-1.タクシー

ドンムアン空港はスワンナプーム空港に比べて、アクセスがやや不便です。そのため、タクシーが最も便利な移動手段となります。
乗り換えなどのわずらわしさがなく、渋滞に巻き込まれても、バスほど時間がかかりません。
国際線ターミナル1階の8番ゲートに、タクシーカウンターがあり、ここで行き先を伝えます。英語が通じますが、ホテル名や住所を書いた紙を見せると便利です。受け付けた係員がドライバーに行き先を伝えてくれ、あとは乗車するだけ。

※スマホやタブレットの地図アプリは「よく見えない」と困るドライバーが多いので、おすすめしません。

≪所要時間と料金≫
ドンムアン空港~バンコク中心部(シーロム/スクンビットエリア):約30~40分
約300THB(約1,040円)前後(空港使用料、高速道路料金別)

2-2-2.エアポートバス

複数のエアポートバスがあり、バンコク中心部まで安く行けます。バンコク出張に慣れてきたら、挑戦してみても良いでしょう。ただし、渋滞の酷さでは有名なバンコク。渋滞に巻き込まれることが多いので、時間がないときにはおすすめしません。

2-2-3.電車

2019年現在、市内からドンムアン空港にアクセスする鉄道「レッドライン」が工事中です。2021年開通予定なので、2021年以降はレッドライン利用が便利になりそう。
現在は国鉄のドンムアン空港駅がありますが、本数が少なく、時間がかかるため非効率。出張利用にはおすすめしません。

2-3.移動は時間に余裕をもって

バンコクの道は、常に混み合っていることで有名。バスやタクシーで移動する場合は、どちらの空港からでも渋滞に巻き込まれる可能性があるので、1時間ほど余裕をもって移動しましょう。

3.空港のWi-Fi事情

≪所要時間と料金≫
シーロムまたはスクンビットエリアへはA3(ルンピニ公園)行きに乗ります。
料金:50THB(約170円)
運行時間:7:00~23:00 約30分間隔で運行
主要時間:約1時間~1時間半

【ドンムアン空港~アソーク駅】
終点バス停下車(ルンピニ警察署向かい)からルンピニ駅まで徒歩約7分、ルンピニ駅よりMRTブルーライン乗車、ペチャブリ駅下車、ペチャブリ駅からアソーク駅まで徒歩約3分

【ドンムアン空港~シーロム駅】
終点バス停下車(ルンピニ警察署向かい)からルンピニ駅まで徒歩約7分、ルンピニ駅よりMRTブルーライン乗車、シーロム駅下車

スワンナプーム空港・ドンムアン空港ともにフリーWi-Fiを提供しています。
通信事業者は3つ(AIS、DTAC、True)あり、使うには、すべて利用者情報の登録が必要です名前、電話番号、メールアドレス、パスポーナンバーなど)。
空港内の場所によってつながりやすい通信業者が異なりますので、使ってみて繋がりにくい場合は、違う通信事業者を試してみると良いでしょう。

4.低価格で利用できるワーキングスペース

4-1.ドンムアン空港『Miracle Co-Working Space』

ドンムアン空港にある『Miracle Co-Working Space』は、充電やWi-Fiの利用ができるので、出張での資料や報告書作成、メールのチェックなどに便利。
2時間350THB(約1,200円)で食事やアルコールを含む飲み物を自由に楽しめるので、お腹も満たせます。また、ペットボトルの水があるので、飛行機に持ち込むことも可能です。

店名:Miracle Co-Working Space
場所:Don Mueang International Airport 10210 Bangkok(第2ターミナル4階)
営業時間:5:30~22:00
URL(Facebook):https://www.facebook.com/MiracleCoWorkingSpace/

4-2.スワンナプーム空港『スターバックスコーヒー』

スワンナプーム空港の規制エリア3階のレストランエリアにあるスターバックスは、Wi-fiがつながりやすく、コンセントが充実しています。24時間営業しているため、深夜や早朝出発の飛行機利用の場合も便利です。

店名:Starbucks Coffee (Suvarnabhumi Airport)
999, Passenger terminal, 3rd Floor Suvarnabhumi airport, Moo 1 Bangphi 10540(規制区域3階レストランエリア)
営業時間:24時間
公式サイト:http://www.starbucks.co.th/about-us/starbucks-in-thailand

5.帰国前にシャワーを浴びたい場合


バンコクは気温も湿度も高いため、移動中に汗をかき、ニオイが気になることもありますね。タイの空港では、搭乗前に空港内でシャワーを浴びることができます。フライト前や到着時にシャワーを利用すれば、気分もリフレッシュ。ぜひ利用してみましょう。

5-1.スワンナプーム空港『Miracle Lounge(ミラクルラウンジ)』

場所は出国審査を終えた後に入れるコンコースGにあります。大きな看板があるので見つけやすいでしょう。
シャワーブースにも電源があるので、スマホなどを充電しながらシャワーを浴びることができ、時間短縮にもなります。タオル、シャンプー、歯ブラシなどのアメニティの利用も可能です。

店名:Miracle Lounge
場所:Suvarnabhumi Airport 10540 Bangkok(規制区域3階コンコースG)
営業時間:24時間
料金:要確認。プライオリティパスを持っている場合は無料。
https://www.prioritypass.com/ja/lounges/thailand/bangkok-suvarnabhumi-intl/bkk9-miracle-business-class-lounge
facebook:https://www.facebook.com/MiracleLounges

5-2.ドンムアン空港『Sleep Box(スリープボックス)』

空港内にあるカプセルホテルで、シャワーだけの利用も可能です。出張の前後に身体や頭を休めるために、ここで仮眠をとっても良いですね。また、深夜まで仕事、早朝には空港に向かう必要があり、ホテル滞在時間が短い場合は、こちらをホテル代わりに利用したほうが費用を安く抑えられるかもしれません。

店名:Sleep Box
場所:Don Mueang,Bandkok,10210 Thailand(第2ターミナル4階)
料金:1時間500THB(約1,730円)~
https://ja.sleepboxbymiracle.com/

6.便利な配送サービス AIRPOTELS


海外出張では、スーツケースなどの大きな荷物が邪魔になることもあるかもしれません。そんなときは配送サービス『AIRPOTELS』が便利。空港~ホテルに荷物を送ってくれるサービスです。

≪使い方例≫
(例1)タイ到着後すぐに商談などの予定がある場合:
空港到着後にスーツケースをホテルに配送、自分はそのまま商談や視察などに向かう。
(ホテルにチェックインし、荷物を預けてから仕事、という手間が省ける)

(例2)ホテルチェックアウト後にも商談などがある場合:
ホテルから空港へスーツケースを配送。
(スーツケースを持ったまま仕事に行かなくても良い。)

(例3)その日のうちに空港間の移動がある
スワンナプーム空港で荷物を預け、ドンムアン空港に送ってもらう
(日本からバンコクへ出張、スワンナプーム空港に到着したが、その後すぐにドンムアン空港に移動する予定。しかし、途中でミーティングなどがあり、スーツケースを持って行きたくない場合に便利)

公式サイト:https://jp.airportels.asia/

7.空港でタバコを吸う場合

出張が無事終わったら、タバコを一服して気分転換したいこともありますが、空港での喫煙が厳しくなってきています。2019年2月3日よりタイ国内6か所の空港(スワンナプーム国際空港、ドンムアン空港、プーケット国際空港、チェンマイ国際空港、ハートヤイ国際空港、チェンライ空港)で出国審査後の制限区域内がすべて禁煙となりました。
以前は航空会社のラウンジに喫煙所がありましたが、喫煙所を閉鎖するラウンジが増えてきています。JALのサクララウンジでも2019年2月4日から喫煙スペースを閉鎖しています。
タバコを吸う場合は、ターミナルの建物外に出て吸いましょう。

8.空港のおすすめレストラン


スワンナブーム空港・ドンムアン空港の利用時に、時間があれば立ち寄ってみたいのが美味しい食事が楽しめるレストランです。出張中にタイのローカルフードを食べる暇もなかったという方も、空港でぜひお試しを。オススメのレストランをご紹介します。

8-1.スワンナプーム空港 おすすめフードコートとカフェ

スワンナブーム空港には飲食店も多数あり、食事には困りません。しかし、選択肢が多い分、どこで食事をしようか迷ってしまいそうです。そこで、出張の際に便利なおすすめの飲食店を紹介します。

・The Coffee Club
ゆっくりくつろぎたい場合や、辛いタイ料理ではないものが食べたい時にカフェがおすすめです。
スターバックスやディーン&デルーカのカフェも魅力的ですが、日本未上陸のオーストラリア発カフェ「The Coffee Club」へ行ってみましょう。タイ全国に展開していて本格的なコーヒーが楽しめます。タイ料理はもちろん、パスタやサンドイッチ、バーガーなどの料理が充実。ベジタリアンメニューもありますので、ベジタリアンのビジネスパートナーとの軽食や空港での打ち合わせにも便利です。

スワンナプーム国際空港内に2店舗あり、一つは出国審査後の制限区域コンコースA、もう一つは国内線出発ゲートにむかう途中にあります。

≪国際線≫
店名:The Coffee Club
場所: 999 Moo 1 | 2.10E, 2nd Fl., Concourse A, Bangplee, Samut Prakan 10540, Thailand(規制区域2階コンコースA)
営業時間:24時間
URL:https://www.thecoffeeclub.co.th/

≪国内線≫
店名:The Coffee Club
場所:Suvarnabhumi Airport | Domestic Departure, Bangkok, Thailand
営業時間:5:00~20:30
代表的なメニュー:Long Black 115THB(約398円)、Thai Tea Frappe 150THB(約518円)、Club Sandwich 340THB(約1,175円)、Pad Thai175THB(約605円)
URL:https://www.thecoffeeclub.co.th/

・Magic Food Point
空港の飲食店は、街中のお店と比べて割高。値段の割にはおいしくないケースもあります。そこで、比較的リーズナブルにいろいろな料理が楽しめるフードコートが便利。時間がないときもサクッと食べられますよ。

おすすめのフードコート、Magic Food Pointは、タクシー乗り場やバス乗り場のある1階にあります。異国情緒漂うローカルな雰囲気が魅力。カオマンガイ(タイのチキンライス)やパッタイ(甘辛く炒めた麺)、カオパット(タイのチャーハン)……など、タイ料理が食べられます。

店名:Magic Food Point
場所:Suvarnabhumi Airport, 999,1 Nong Prue, Bang Phli District, Samut Prakan 10540(到着ロビー1階)
営業時間:24時間

8-2.ドンムアン空港 おすすめフードコート


ドンムアン空港では飲食店が第2ターミナル4階に集まっています。第1と第2ターミナルは、連絡通路で繋がっており、それぞれのターミナルへは5分強で移動できるので、第1ターミナル発着のフライトを利用する方も気軽に使えます。

・MAGIC GARDEN
第2ターミナル4階にある24時間営業のフードコートはタイ料理だけでなく世界の料理が楽しめます。日本料理が恋しい人にうれしいのが、『吉野家』『ペッパーランチ』『YAYOI(やよい軒)』など日本の飲食店が並んでいること。日本で食べるよりも割高ですが、「毎日タイ料理で飽きてしまった」という人にはうれしいですね。

店名:Magic Garden
場所:FL4,222 Vibhavadi Rangsit Road, Khwaeng Sanam Bin, Khet Don Mueang, Bangkok, Thailand(第2ターミナル4階)
営業時間:24時間
URL(Facebook):https://www.facebook.com/pages/Magic-Garden-at-Don-Mueang-International-Airport/1572292786430807

・Magic Food Park
食費を抑えたい、タイ料理を食べたいという人には第2ターミナルビルとなりの駐車場ビルの中にある『Magic Food Park』へ行ってみましょう。空港職員利用が多いためか、ローカルフードが揃い、すべて格安です。出発・到着ロビーから少し離れているので、利用する場合は時間の余裕をもっておきましょう。
※こちらは24時間営業ではありません。

店名:Magic Food Park
場所:Sanam Bin,Don Mueang,Bandkok,10210 Thailand(第2ターミナル隣駐車場ビル内)
営業時間:6:00~22:00
≪タイのフードコートでの支払い方法≫
空港や街中にあるフードコートでは、チケットやカードを購入し、必要な分だけチャージします。
購入したいメニューが決まったら、お店にメニューを伝え、チケットやカードを渡せば支払い完了。利用後、チャージが残っていたらカウンターで返金してもらいましょう。

9. 職場へのお土産が手に入る場所


バンコクの空港には、たくさんのおみやげ屋さんがあるので、どこへ行こうか迷ってしまいます。そこで、それぞれの空港にあるおみやげ屋をピックアップしました。予算や渡す相手に応じて選んでくださいね。

9-1.スワンナプーム空港 おすすめのおみやげ屋3選

9-1-1.女性向けのおみやげ『HARNN』

ラベンダーやレモングラスなどのエッセンシャルオイル配合のタイ発コスメブランド。日本でも人気です。お米の形をした石鹸はタイみやげの定番となっています。場所は、出国審査後の制限区域にあります。

9-1-2.ハイクオリティのタイ特産品は『OTOP』

空港4階コンコースタイDに政府が運営している『OTOP』があります。ここでは、高品質のタイ製品や食品を販売しています。やや値段が高めですが、タイ政府が品質のよいものをピックアップしているので、高クオリティのおみやげがほしいときは『OTOP』へ向かいましょう。

9-1-3.バラマキ用のおみやげはファミリーマートで

低価格のおみやげを買うなら、ファミリーマートへどうぞ。美肌になりそうなハーブ石鹸やトムヤンクン味のインスタントラーメン、ドライフルーツなどがおみやげにぴったりです。
出国審査後のエリアと空港ビル2階、計2店舗あります。

9-2.ドンムアン空港 おすすめのおみやげ屋3選

9-2-1.タイの老舗お茶店 『ChaTraMue(チャーターム―)』

タイのお茶専門店です。紅茶味の粉末ドリンク(溶かして飲む)もおみやげにおすすめ。仕事の合間にお茶を飲んでリフレッシュしてもらえます。ソフトクリームがおいしいと評判なので、おみやげ選びのときに食べてみてくださいね。
国際線ターミナル1と2を結ぶ連絡通路にあります。

9-2-2.アロマグッズが集まる『The Mall Skyport』

出国審査後のエリアにある『The Mall Skyport』には、『PAMPULI(パンピューリ)』『THANN(ターン)』『HARNN(ハーン)』などのタイのアロマブランドの製品が揃っています。タイのアロマブランドは、日本でも美容に興味のある女性から注目を集めているので、女性へのおみやげにどうぞ。

9-2-3.バラマキ用のおみやげは『Boots』

イギリス発のドラックストアで、タイの街中にもあります。空港にあるのは出国審査後のエリア。おすすめは目覚まし効果のある『ヤードム』で、一時期日本でも注目を集めた商品です。スーッと爽快感のある香りで頭と心をスッキリさせる効果があります。
タイの老舗『マダムヘン』の石鹸も低価格で、香りや使用感が良いと評判で、こちらもバラマキ用みやげの定番です。

まとめ:パワーあふれる空港でエネルギーをチャージ

バンコクの街と同様にエネルギッシュな2つの空港。出張前後に空港からもパワーをもらえそうです。ただし、タイの空港は空調もエネルギッシュ。冷房が非常に効いていて、寒いくらいなので羽織るものの用意をお忘れなく。
もらったパワーで商談やプロジェクトを成功させましょう!

関連記事はこちら
バンコクでブレジャー! プランの立て方のコツとオススメスポット
海外出張に行ったら何食べる?東南アジアのおすすめの食事4選
海外出張では現地のコンビニが便利!国ごとの特徴や商品の違い

テレワークでも使えるWEB会議ツール Teamsの使い方ご紹介!

新型コロナウイルスの影響で、出張に行けなくなった方、多いのではないでしょうか。 その間コミュニケーションはWEB会議で取っていたという方が多く見受けられます。 また、在宅勤務やテレワークが実施され、Web会議・テレビ会議のニーズが高まっています。 今回は、Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)でのWEB会議開催の方法基本的な操作について解説します。

タビナカカテゴリの最新記事