大阪のコワーキングスペースは仕事の幅が広がりそう!エリア別13選

大阪のコワーキングスペースは仕事の幅が広がりそう!エリア別13選

出張や外回りの合間に、朝の出社前や終業後などにパソコンを広げて仕事や副業、スキルアップのための勉強をしたいと思う人は多いでしょう。

日々多くのビジネスパーソンが働き、出張に訪れる人も多い大阪市内には、アクセス至便で魅力的なコワーキングスペースがたくさんあります。今回は、ビジネスの拠点として訪れる人も多い大阪市内にあるコワーキングスペースを、中心部のビジネスエリア別に厳選!大阪で仕事をする人はもちろんのこと、大阪出張の合間に仕事をしたい方にも使える場所をピックアップしました。

目次

1.大阪の玄関口!梅田エリアのコワーキングスペース3つ

大阪の玄関口として栄える梅田駅周辺。
大企業のオフィスはもちろんのこと、商業施設も集まっています。出張でも訪れる人が多い梅田は、アクセス至便なコワーキングスペースも多いエリア。出張時に知っておくと便利な、行きやすいコワーキングスペースをご紹介します。

1-1.大阪駅から雨に濡れずに行ける『ONthe UMEDA』

画像出典:ONthe UMEDA 公式サイト

『ONthe UMEDA(オンザ 梅田)』は、JR大阪駅から雨に濡れずにアクセスできるコワーキングスペースです。梅田駅から歩いて2分と便利な立地。出張中はもちろん、大阪市内を打ち合わせなどで歩き回ることの多いビジネスパーソンにも使いやすい場所です。

天井高が4mと開放的な館内は、1人で作業をするのにちょうどいいブースコーナーの他、会議などにも使えるワークルームやカフェスペース、キッチンコーナーなど多彩なスペースが用意されています。

キッチンカウンターでは利用者同士の交流もできるほか、アートイベントなども企画されているので、仕事をするだけでなく、交流の場を広げたい方にもおすすめのコワーキングスペースです。

使い方に応じて、いろいろなプランがあるのも魅力。
非会員のドロップイン利用ができるほか、月額プランは「平日のみ」「午前中のみ」「夜のみ」など使い方に合わせて選んでみましょう。

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市北区曽根崎2-16-19 メッセージ梅田ビル 1階
・アクセス:JR大阪駅から徒歩6分、阪神 大阪梅田駅から徒歩2分、地下鉄梅田駅から徒歩2分
・公式サイト:https://onthe.osaka/
・利用料金:月額プラン30(毎月30時間まで定額)11,000円、モーニングプラン/ナイトプラン 10,000円、ドロップイン利用 初めの30分360円 以後120円/10分

1-2.本好き必見の『梅田 蔦屋書店 4th ラウンジ BOOK & WORK』

画像出典:梅田 蔦屋商店 公式サイト

蔦屋書店がプロデュースしている『梅田 蔦屋書店 4th ラウンジ BOOK & WORK』は、なんと4万冊もの本が並ぶ書店に併設されたコワーキングスペース!

大阪駅直結の梅田 蔦屋書店の中にあるため、急いで仕事の資料のための本を買いたい!というときにも活用できそうです。また、出張先で調べ物をしなければならない際にも、ライブラリー代わりに使ってみても良いでしょう。

画像出典:梅田 蔦屋商店 公式サイト

フロア内には商談ができるソファ席や、半個室のweb会議専用席などがあります。
おしゃれなデザインのスペースなのでカフェ感覚でも使え、いつもと違う場所で気分を変えて仕事したいという方は、ぜひ足を運んでみては?

大阪出張中の利用時にも使いやすい、ロッカー完備のコワーキングスペースです。

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F
・アクセス:JR大阪駅から徒歩1分
・公式サイト:https://store.tsite.jp/umeda/floor/shop/4th-lounge/
・利用料金:1時間 600円、2時間 1,000円、1日 2,500円(貸し会議室は別料金)

1-3.24時間使えるのが嬉しい『BIZcomfort大阪 東梅田』

画像出典:『BIZcomfort大阪 東梅田』公式サイト

深夜・早朝便や夜行バス利用などを伴う出張時にも活躍してくれそうなのが、365日24時間使える『BIZcomfort大阪 東梅田』です。ドロップイン利用も1時間550円からと比較的リーズナブル。予約不要ということで、「時間が空いてしまった!」という場合にも気軽に利用できます。

館内には、フリードリンクのカフェブースや大きなモニター付き席もありますので、ちょっとしたメール対応やPC作業だけでなく、web会議が必要な時にも頼れる存在です。

ちなみに、大阪で個人事業主として働く方におすすめなのが1人用の完全個室。月額4万9,500円でアクセス至便なマイオフィスを持てます。

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市北区曾根崎2丁目8-5 お初天神EAST BLDG 3F~8F
・アクセス:阪急梅田駅から徒歩7分、大阪メトロ東梅田駅から徒歩3分、JR大阪駅から徒歩7分
・公式サイト:https://bizcomfort.jp/osakafu/higashiumeda.html
・利用料金:1時間 550円、1日 2,200円、月額全日プラン 14,300円
※他、多数のプラン有

こちらの記事もチェック!
東京のコワーキングスペース13選!過ごし方に合わせて選んでみよう

2.水路沿いの景色も楽しめる中之島のコワーキングスペース2つ

2000年以降に再開発が進み、オフィスが多い中之島。
堂島川と土佐堀川に挟まれた立地で水辺の景色を楽しめるエリアでもあります。近くには地元の人が訪れる中野島公園があり、仕事終わりに公園や水路沿いを散歩してリフレッシュもできる中之島は、フリーランスでコワーキングスペースを探しているという方にもおすすめです。

中之島にあるおしゃれなコワーキングスペースを2つご紹介しましょう。

2-1.窓辺の席がおすすめの『co-ba nakanoshima』

画像出典:『co-ba nakanoshima』公式サイト

大阪市内を流れる土佐堀川沿いのビル2Fにあるコワーキングスペースです。天気の良い日には、窓辺の席に座って川沿いの景色を眺めながら仕事をしてみて欲しいのがこちら。

月額会員になると、24時間365日使える点が大きな魅力。早朝ワークや仕事終わりの遅い時間に勉強したい人にも使いやすいと言えるでしょう。

また、鍵付きロッカーや郵便ボックスなどのオプションプランもあります。登記・住所利用として使えるオプションは、月額5,500円。同様のサービスを展開する大阪市内のコワーキングスペースと比べても、良心的な価格設定です。

個人事業主として独立したい、という方は、オフィスとしてこちらを活用してみるのも良さそうですね!

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市北区中之島3丁目1-8 リバーサイドビル2F
・アクセス:大阪メトロ肥後橋駅から徒歩5分
・公式サイト:https://co-ba.net/nakanoshima/posts/
・利用料金:月額 11,000円~、ドロップイン利用は1日1,500円

2-2.オプションに秘書サービスも『サーブコープ江戸堀センタービル9階』

画像出典:『サーブコープ江戸堀センタービル9階』公式サイト

ドロップイン利用は提供していないものの、オプションで電話秘書サービスや貸住所オプションなども利用できるのが、『サーブコープ江戸堀センタービル9階』です。

コワーキングスペースとしては、業界平均よりも広いとされる1人あたり12㎡。」ゆったりと利用できる上、窓の外には、中之島を一望できる景色も広がります。

コーヒーや紅茶、フルーツウォーターはフリードリンクで利用可能。また、月額料金20,000円の中には、他拠点に展開する系列のコワーキングスペース利用時に使えるクーポン5,000円分も含まれています。

『サーブコープ』は、大阪以外にも東京、横浜、名古屋、福岡など国内に加えて、イギリス・アメリカ、サウジアラビア、香港、シンガポールなど世界各国に拠点があります。
出張で各地を飛び回るビジネスをされている方なら、使ってみる価値ありのコワーキングスペースです。

ちなみに、大阪市内には江戸堀の他、本町や梅田、心斎橋にも拠点があります。

※拠点一覧
https://www.servcorp.co.jp/ja/locations/

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1 江戸堀センタービル9階
・アクセス:大阪メトロ肥後橋駅から徒歩5分、京阪電車中之島駅から徒歩13分
・公式サイト:https://www.servcorp.co.jp/ja/coworking/locations/osaka/edobori-center-building/
・利用料金:月額 20,000円~(12ヶ月プラン)

3.ユニークさが際立つ本町のコワーキングスペース3つ

大阪駅や中之島エリアの南に広がる本町エリア。古いビルも多く、かつては伝統のある繊維や商社がオフィスを構えていた地域です。そんな本町には、古いビルを活用したスタイリッシュなコワーキングスペースがたくさん展開しています。

また、コワーキングスペースごとに、コミュニティイベントが企画されていたり、防音ブースが充実していたり、個性豊かなのも本町エリアの特徴です。
お気に入りのカフェを選ぶような気分で、仕事をする場所を探してみるのも楽しいかもしれません。

3-1.メンター制度が利用できる『オオサカンスペース』

画像出典:『オオサカンスペース』公式Facebook

コワーキングスペースを利用する動機はいろいろありますが、「人との出会いや刺激が欲しい!」とコワーキングスペースに足を運ぶ方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方におすすめなのが、『オオサカンスペース』です。

Chatworkグループでいつでも気軽にメンターに相談できる制度や、月1回みんなで夕食を囲むイベントなどが企画されています。
場所の提供だけでなく、働く人を応援するサービスも充実しているコワーキングスペースは、仕事以外の出会いを広げたいという方にもぴったり。

メンターシステムでは、法務・会計・PRなどビジネスをする上で必要な専門知識を専門家に相談できます。フリーランサーや起業家の方にとって、法務や会計などの知識は役立つ知識が身につけられるのは、メリット大ですよね。また、一緒に働く仲間が欲しいという方も活用してみてはいかがでしょうか。

ビジター利用も2時間1,100円とリーズナブル。web会議に最適な防音ボックスも完備されています。ビジター利用時には予約が必要です。

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル10F
・アクセス:御堂筋線本町駅 2番出口より徒歩1分
・公式サイト:https://osakan.net/
・利用料金:ビジター利用 2時間 1,100円、1日 2,200円/メンバー利用 月額10,780円

3-2.イベント企画も充実している『The DECK』

画像出典:『The DECK』公式サイト

他の利用者と仲良くなるきっかけが欲しいという方におすすめなのが、南本町にある『The DECK (ザ・デッキ)』です。

毎週水曜日にはミニ交流会が企画されているほか、英会話サロンなどイベントも多数開催。「はじめまして」の人同士、話すきっかけを作る機会があるので、人脈を広げたい方にとっても注目のコワーキングスペースです。

普段のドロップイン利用も、予約不要で初めの3時間まで250円/30分で利用できるリーズナブルな料金設定も魅力です。また、女性のための企業相談窓口もあるユニークなサービスにも注目したいところ。

館内には、3Dプリンターや大型プリンターなどをレンタルできるコーナーもあり、クリエイティブな活動にチャレンジしてみたい方に魅力的なコワーキングスペースです。

ちなみに毎週水曜日には、【The DECKコミュニティデー】として無料で1時間ドロップイン利用が可能です。初回利用時には利用登録が必要ではありますが、お試しで使ってみたいと言う方は活用してみては?

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市中央区南本町 2-1-1 1F
・アクセス:大阪メトロ堺筋本町駅直結、大阪メトロ本町駅から徒歩約6分
・公式サイト:https://thedeck.jp/
・利用料金:ドロップイン利用30分 275円(初めの3時間まで)、3時間以上一律2,200円/月額利用 12,800円

3-3.防音個室でオンライン会議に最適な『ミニマルワークスペース南森町』

画像出典:『ミニマルワークスペース南森町』 公式サイト

出先でオンライン会議をしたい、と言う理由からコワーキングスペースを探しているなら『ミニマルワークスペース南森町』をチェック!
大阪初のお一人様用防音ブースのワークスペース『PaO』が利用できるコワーキングスペースです。
ユーザー同士の交流をする必要もなく、集中して仕事ができます。

出張先で「急きょオンライン会議をしなくてはいけなくなった!」というときにも活躍してくれそうです。

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市北区天神橋1-11-3 アクアスイート南森町1F
・アクセス:大阪天満駅から徒歩約4分
・公式サイト:https://remotework-box.jp/facility?code=NFPp76GuyIKNFsnZWCj78xFaVcEWblvA
・利用料金:1時間 440円

4.出張利用に便利な新大阪のコワーキングスペース3つ

新幹線が発着するJR新大阪駅。そんな新大阪駅周辺にも魅力的なコワーキングスペースが数多く見つかります。大阪出張が多い方なら、新大阪近郊でいくつか使える場所を知っておくと役に立つことでしょう。

出張時の使い勝手が良いものの中から、コスパが良いものや充実したサービスを提供しているコワーキングスペースをご紹介します。

4-1.1日1,000円のコスパの良さが魅力『新大阪Crossing』

画像出典:『新大阪Crossing』公式サイト

新幹線が発着する、JR新大阪駅から徒歩5分の好立地にあるのがこちらのコワーキングスペースです。東京・横浜・大阪・京都でシェアハウスを運営する企業が経営しています。

『新大阪Crossing』の魅力は利便性に加えて、ビジター利用でも、1日1,000円というリーズナブルな料金設定。入退場は自由なので、出張中の仕事の拠点を探している人にも嬉しいポイントです。

また、大阪出張が多く、月10日以上利用するなら、マンスリー利用がおすすめ。なんと1ヶ月9,000円と、10,000円以下で利用できるコワーキングスペースです。

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市淀川区宮原1-19-11
・アクセス:JR新大阪駅から徒歩5分
・公式サイト:https://crossing.comeonup-house.com/
・利用料金:ドロップイン利用 1日1,000円(※要事前予約)/1ヶ月9,000円

4-2.新幹線や飛行機移動時にも使える『リージャス 新大阪阪急ビルビジネスセンター』

画像出典:『リージャス』公式サイト

JR新大阪駅に直結する新大阪阪急ビル内にある『リージャス』は、出張が多い人にとって使いやすい立地のコワーキングスペースです。新大阪阪急ビルはホテル「レム新大阪」も併設する複合ビル。
新幹線発着駅直結のため、新幹線移動が多い人にも使いやすい立地です。また、新大阪駅1階には関西国際空港行きのバス乗り場が、地下には深夜バス乗り場があります。飛行機やバス移動を予定している方も、拠点として覚えておいて損はありません。

1989年にベルギーで創立されたリージャスグループの運営するコワーキングスペースなだけあり「コワーキング・メンバーシップ」に登録すれば、世界中のリージャスのセンターが利用できます。海外出張が多く、人事に掛け合うことができる立場なら法人登録を検討するのも良いかもしれませんね。

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市東淀川区宮原1-1-1
・アクセス:JR新大阪駅直結、大阪メトロ新大阪駅直結
・公式サイト:https://www.regus-office.jp/shinosakaarea/
・利用料金:※要問い合わせ

4-3.アプリ登録でお得に利用できる『アクセアカフェ新大阪駅前店』

画像出典:ビズスポット公式サイト

さっと使えるコワーキングスペースを探しているなら『アクセアカフェ新大阪駅前店』が便利です。
カフェに入るような感覚でドロップイン利用が気軽にできます。席の種類も豊富で、会議ができるソファ席、軽作業ができるカウンター席、集中できるテレワークブースなどから、その日の気分で仕事する場所を選べます。

ちなみに、お得に利用するならアプリ(BizSPOTアプリ)に登録してみましょう。通常料金よりも安く利用できますよ!

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市淀川区西中島5-11-10第3中島ビル1F
・アクセス:JR新大阪駅から徒歩7分、大阪メトロ西中島南方駅から徒歩5分
・公式サイト:https://cafe.accea.co.jp/map/shinosaka.php
・利用料金:ドロップイン利用 15分 187円(アプリ利用で110円)、3時間 1,800円(アプリ利用で1,188円)、1日 3,240円(アプリ利用で2,160円)

※アプリ『BizSPOTアプリ』
https://spot.accea.co.jp/

5.おしゃれなスポットが多い堂島のコワーキングスペース3つ

北新地駅からもアクセスしやすく、梅田エリアの隣にある堂島エリア。江戸時代から栄えた商業の街として今も多くのビジネスパーソンが街を行き交います。コワーキングスペースに目を向けてみると、おしゃれな施設がいろいろ見つかります。

今回は、特にスタイリッシュさや使いやすさでイチオシのコワーキングスペースをご紹介します。

5-1.上質な空間広がる『Reqree堂島』

画像出典:『Reqree堂島』 公式サイト

『Reqree堂島』は、ラグジュアリーなデザインの空間が広がるコワーキングスペースです。
JR、地下鉄、京阪線、どの路線からも徒歩圏内というアクセス至便な立地も魅力の一つ。堂島地下街(DOCHIKA)からアクセスできるので、雨の日でも駅からの移動中に濡れる心配がありません。

ラウンジプランにすれば24時間利用可能なので、電話がならない早朝や深夜に作業をしたいという方にもぴったり。料金設定は、少し他のコワーキングスペースより高くなっていますが、それに見合ったホスピタリティあるサービスが受けられます。

打ち合わせなどが多い方なら、パソコンを使った商談がしやすいサイズの円形テーブルが並ぶラウンジを利用できるラウンジプランを、コワーキングスペースを使うのは朝と夕方のみという方なら、月額7,700円と他のプランよりリーズナブルに使える『COWORKING PLAN FLEX』がおすすめです。

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市北区堂島浜1-4-4 アクア堂島フォンターナ3F
・アクセス:大阪メトロ西梅田駅から徒歩6分、JR北新地駅から徒歩5分、京阪電鉄 渡辺橋駅から徒歩6分
・公式サイト:https://reqree.co.jp/dojima/
・利用料金:月額7,700円~

5-2.インスピレーションが湧きそうな『WORKING SWITCH ELK』

画像出典:『WORKING SWITCH ELK』公式サイト

五感を刺激するバイオフィリックデザインで、生産性を向上させる空間設計に挑戦しているのが『WORKING SWITCH ELK』です。

バイオフィリックデザインとは、視覚・嗅覚・触覚などの五感から自然とのつながりを感じられる空間デザイン手法なのだとか。

その日の気分にあった観葉植物やアロマディフューザーの貸し出しといったユニークなサービスもぜひ活用してみたいサービスです。五感を刺激される環境は、アイデアを捻り出す作業にもぴったりです!

コワーキングスペースは、朝8時から夜20時まで30分から利用できるドロップインプランの他、月額制のコワーキングメンバープランもあるので、ワークスタイルに合わせて選べるのも魅力です。

フリードリンクの種類も豊富で、長く滞在して仕事を済ませたい人にも使いやすいでしょう。

<利用情報>
・場所:大阪府大阪市北区堂島1-1-5 関電不動産梅田新道ビルB2F
・アクセス:大阪メトロ淀屋橋駅から徒歩4分、京阪中之島線 大江橋駅から徒歩3分、JR北新地駅から徒歩7分
・公式サイト:https://workingswitch-elk.com/

・利用料金:ドロップイン利用 30分550円、1日3,300円/月額会員 22,000円

選べる&使える大阪のコワーキングスペースで仕事を楽しもう

出張や大阪でのビジネスに便利なコワーキングスペース。大阪市内を見渡しただけでも、コスパの良いものからユニークなサービスのあるもの、そして魅力的な空間設計のものまで多彩なコワーキングスペースが点在しています。

働く環境を整えれば、仕事の効率もアップ!ビジネスがうまくいくきっかけにもなるかもしれません。大阪で快適に仕事ができる場所をを探す際には、今回ご紹介したコワーキングスペースもぜひチェックしてみてくださいね!

文:松本有為子(リベルタ)
編集:カワムラルイ(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
大阪・梅田駅周辺のパウダールーム11選!出張中の身支度におすすめ
もう迷わない!大阪国際空港(伊丹空港)の喫煙所・トイレ情報
時間がなくても楽しめる!海外出張前に見ておくべきおすすめの関西国際空港のスポット

ANAのA380型機が約2年4ヶ月ぶりにホノルル線復活!FLYING HONUの魅力とは

CTA-IMAGE

成田発のANAエアバスA380機で行くハワイ。2020年3月から始まっていた定期便の運休がついに終わり、今年7月から定期便としての運航が再開することが5月に発表されました。
これまでも多くの人を魅了してきた、ANAのエアバスA380型機「FLYING HONU(フライングホヌ)」の魅力とは?今記事では定期便の運航再開に合わせて、その魅力や特徴を改めて深掘りしてみました。


駅・空港カテゴリの最新記事