東京のコワーキングスペース13選!過ごし方に合わせて選んでみよう

東京のコワーキングスペース13選!過ごし方に合わせて選んでみよう

近年、東京都内にさまざまなコワーキングスペースが登場しています。コワーキングスペースは単にオフィス空間を共有する場所としてだけでなく、内装がおしゃれだったり、ユニークなサービスを提供したりするところが出てきています。

月額利用契約だけでなく、1日のみ利用できるドロップインサービスを提供しているコワーキングスペースも多い今。せっかく使うなら、仕事の内容や、その日の気分に合わせて使い分けてみるのも良いかもしれません。

この記事では東京都内にあるおすすめのコワーキングスペースを、特徴別にご紹介します。

1.オンライン会議OKなリモートワーク向けコワーキングスペース3つ

リモートワークが当たり前になっていることから、コワーキングスペースでオンライン会議や資料を広げて仕事をしたいときもありますよね。

そんなとき、見知らぬ人も使うカフェなどのオープン空間では、セキュリティの観点から書類が広げにくいことも。また、オンライン会議中は、自分の話し声が周囲に迷惑にならないか気になったり、背景に知らない人が映り込んでしまうのが嫌だったり、コワーキングスペースならではの使いにくさを感じる方もいるのではないでしょうか?

そこでまずは、オンライン会議が多い方にも嬉しいコワーキングスペースをピックアップ!

1-1.貸し出し設備が充実のCreative Lab. 代々木【代々木】

『Creative Lab. 代々木』は、オンライン会議をしたいときに便利なコワーキングスペース。パーテーションで区切られた大型モニター付きの「個室スペース」や、吸音パネルで空間を仕切られ、オンライン会議中の外部からの音を程よく遮断できる「半個室ブース」が備え付けてあります。

複数人でのリモート会議にも使える会議室・フリースペースもあるので、チームで仕事をする方も使いやすいコワーキングスペースです。半個室のブースにはヘッドセットも備え付けられていますので、急遽オンライン会議の予定が入ったときには、半個室ブースを使うのがおすすめ。
月額会員にならなくても、会員登録さえ済ませば、ドロップイン利用(単発利用)も可能です。

<利用情報>
・場所:東京都渋谷区代々木 1-31-12 日綜代々木ビル3F
・アクセス:JR、都営地下鉄大江戸線 代々木駅から徒歩2分、東京メトロ副都心線 北参道駅から徒歩5分
・公式サイト:https://cre-lab.jp/index.html
・利用料金:個人スペース(大型モニターつき) 30分350円〜

1-2.出張が多い人にもおすすめBasisPoint 上野店【上野】

画像出典:https://basispoint.tokyo/store/coworking/ueno/

背景を気にせずオンライン会議ができるブース席が多いコワーキングスペースとして、チェックしておきたいのが『BasisPoint 上野店』です。

上野駅から徒歩1分という立地の良さに加えて、池袋や新橋銀座、神保町、吉祥寺など都内にも複数の店舗を展開。東京以外でも名古屋や福岡など全国に9店舗、さらにカンボジアにも拠点があります。

出張や移動が多い人なら、BasisPointの全店舗を使える月極プランに加入すれば、出張先でも気軽にサービスを利用できるのでおすすめです。

<利用情報>
・場所:東京都台東区東上野2-18-9ファーストビル2F
・アクセス:東京メトロ銀座線・日比谷線 上野駅 3番出口から徒歩1分 JR 上野駅広小路口から徒歩3分
・公式サイト:https://basispoint.tokyo/
・利用料金:ドロップイン(都度利用)料金 30分220円〜

1-3.高級感ある空間広がるビジネスエアポート丸の内【丸の内】

画像出典:https://business-airport.net/shop/marunouchi/

24時間利用できる便利な『ビジネスエアポート丸の内』。完全個室があるため、オンライン会議をする際にも使い勝手がよいコワーキングスペースです。

空間全体が、空港のラウンジをイメージしてデザインされており、高級感ある雰囲気なのも特徴。仕事をする気分も上がりそう。オンライン会議用に作られた1名用のWeb会議用ミーティングルームは、30分550円〜利用できます。

ワンデイ利用と月額利用、どちらもできますので、まずは試しにワンデイ利用で使い勝手を確かめてみては?共用ラウンジもあり、クライアントとの対面での打ち合わせにも使いやすいことでしょう。

<利用情報>
・場所:東京都千代田区丸の内2-2-1 岸本ビルヂング6F
・アクセス:東京メトロ 二重橋前駅より徒歩2分、JR東京駅より徒歩5分、東京メトロ有楽町駅・都営三田線 日比谷駅 より徒歩3分
・公式サイト:https://business-airport.net/shop/marunouchi/
・利用料金:1DAY 会員 1日3,300円〜 ※別途入会事務手数料が必要です

コワーキングスペースとシェアオフィスとの違いは?

働き方の多様化やリモートワークの普及により、コワーキングスペースの他にシェアオフィスと呼ばれるものも増えてきています。両者の違いはなかなか分かりにくく「一体何が違うの?」と混乱してしまうことも。

一般的にシェアオフィスとは、オフィスを他の人や企業と共同で利用するスペース。コワーキングスペースも、オフィスを共用するという点では同じです。1つ違うのが、コワーキングスペースは語源である「Co(共に)+Working(働く)」からもわかる通り、協働を重視している点。
他の利用者との交流が生まれやすく、コミュニティを作る役割を果たします。

とはいえ、同じ場所でコワーキングスペースとシェアオフィスのどちらも提供しているところも多くなっています。利用する際には、オフィス空間や料金、立地などを基準に、コワーキングスペースとシェアオフィスの両方を探してみるとより自分にフィットしたものを見つけられるかもしれません。

2.ユニークなサービスが楽しいコワーキングスペース3つ

最近は、個性豊かなコワーキングスペースも登場してます。サービスのユニークさから注目を集めている場所も少なくありません。

新たなビジネスのヒントを発見できたり、いつもと違った環境で仕事ができたり、そんな魅力を放つユニークなサービスを提供しているコワーキングスペースをご紹介します。

2-1.社食も使えるTUNNEL TOKYO【大崎】

画像出典:https://www.facebook.com/tunnelTokyo181001/photos/a.922492824616798/1782570411942364/

総合エンタープライズ企業のセガサミーグループとシリコンバレーのベンチャーキャピタル・Pegasus Tech Venturesが協働運営しているコワーキングスペース『TUNNEL TOKYO』。
なんとコワーキングスペース利用者は、セガサミーグループの社員食堂が利用できるという特典付き!ランチタイム前後に使いたくなるコワーキングスペースです。

平日17時からはビールを販売されるので、仕事終わりにコワーキングスペースで出会った仲間と、ビール片手に語らうのも楽しそう。

月額会員に加えて、ドロップイン利用もできるので、まずは体感してみてはいかがでしょうか。

<利用情報>
・場所:東京都品川区西品川1丁目1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー 9F
・アクセス:JR・りんかい線 大崎駅 南口 徒歩6分
※コワーキングスペース会員は、JR大崎駅、大井町駅、品川駅と住友不動産大崎ガーデンタワーの専用シャトルバスも利用可
・公式サイト:https://tunnel-tokyo.jp/
・利用料金:ドロップイン(After5)会員 1日2,000円 ~※別途入会金が必要

2-2.猫好き必見のneco-makers【三軒茶屋】

画像出典:https://www.sancha-co.com/1

猫は好きだけど、自宅ではペットを飼えないという方にもおすすめしたいのが、保護猫が仕事の邪魔(!?)をしてくれる猫のいるコワーキングスペース『neco-makers』

ストレスが溜まりがちな仕事の時間も、猫アシスタントがいれば癒されて仕事の効率がアップするかもしれません。仕事をしながら保護猫活動も自然と応援できるコワーキングスペースです。

1日のみのドロップイン利用料金は、2,222(にゃん、にゃん、にゃん、にゃん)円。料金設定にまで、猫好き精神が感じられますね。

<利用情報>
・場所:世田谷区太子堂4丁目6-6
・アクセス:東急田園都市線 三軒茶屋駅から徒歩5分、東急世田谷線 西太子堂駅から徒歩1分
・公式サイト:https://www.sancha-co.com/1
・利用料金:1DAY利用 1日2,222円〜

2-3.仕事終わりに汗を流してスッキリ!サウナ&ホテルかるまる【池袋】

画像出典:https://karumaru.jp/ikebukuro/spa.html

『サウナ&ホテルかるまる』は、ホテルとして使うだけでなく、コワーキングスペースとしても必見のスポットです。

館内には、浴場エリア・レストランエリア・宿泊エリアに加えて、コワーキングスペースやライブラリースペースが入ったフロアがあります。

リモートワークの気分を変えるために、また仕事終わりのご褒美に、サウナでリラックス。そんな使い方をしてみてもいいかもしれません。

サウナは本場フィンランド式「ロウリュ」や薬草蒸サウナ、薪サウナなど4種類が楽しめます。

<利用情報>
・場所:東京都豊島区池袋2丁目7−7 6F
・アクセス:JR山手線・東京メトロ池袋駅から徒歩30秒
・公式サイト:https://karumaru.jp/ikebukuro/restspace.html
・利用料金:カプセルタイプ VIP会員 5時間 2,960円〜(2022年3月現在のキャンペーン料金)
※利用客は自由にコワーキングスペースが利用可能

3.クリエイティブ脳を刺激するコワーキングスペース4選

いつも同じ場所で仕事をしていると、気分もマンネリ化しがちということも。そんなときはセンス溢れる空間に足を運んで、自分の中のクリエイティブな感覚を呼び起こしてみるのも良いでしょう。

仕事のインスピレーションを刺激されそうな、空間やサービス、人との出会いが待っているコワーキングスペースを集めてみました。

3-1.多彩な人が集まるco-ba渋谷【渋谷】

画像出典:https://www.facebook.com/coba.shibuya/photos/a.106660041044459/106659951044468

会員制のコワーキングスペースではあるものの、ライブラリースペースは1日ドロップイン利用できる『co-ba渋谷』。

起業家から落語家、デザイナー、放送作家など多彩なバックボーンを持った人が集まるコワーキングスペースです。人との出会いでインスピレーションを得たい方にもピッタリ。

起業家などの利用者も多いことから、過去には「事業計画書の書き方セミナー」などを開催。co-ba渋谷に共感した全国の人がオーナーとなり、今では飛騨高山や気仙沼、新潟、呉など都内だけでなく全国に『co-ba』ネットワークが広がっています。

新たな出会いやビジネスのヒントを、人との繋がりから見出したいという方にも魅力的なコワーキングスペースです。

<利用情報>
・場所:東京都渋谷区渋谷3-26-16 第五叶ビル
・アクセス:JR渋谷駅から徒歩3分
・公式サイト:https://co-ba.net/shibuya/
・利用料金:ドロップイン利用1日2,200円〜

3-2.本がいっぱい!SHARE LOUNGE TSUTAYA田町駅前店【田町】

画像出典:https://tsutaya.tsite.jp/store/lounge/detail/2012

TSUTAYAがプロデュースする『SHARE LOUNGE TSUTAYA田町駅前店』は、2階に全席コンセント付きのデスクスペースが広がるシェアラウンジ。150席のシェアラウンジコーナーに加えて、オンライン会議席も13席用意されています。

1階フロアには、TSUTAYAらしく、たくさんの本が並び、本との出会いを楽しめるスペースです。
平日は朝6時半〜オープンしているので、朝活や出勤前にコーヒー片手に作業をしたい方にとっても、嬉しい場所。

仕事が煮詰まったら、本を眺めながらアイデアを探すのも良いですね。

<利用情報>
・場所:東京都港区芝5-31-10 サンシャインビル1F/2F
・アクセス:JR 田町駅から徒歩3分、都営浅草線三田駅・都営三田線三田駅から徒歩1分
・公式サイト:https://tsutaya.tsite.jp/store/lounge/detail/2012
・利用料金:ソフトドリンクプラン/ 一般席60分1,100円〜

3-3.ホテル直結でおしゃれ空間広がる.andwork渋谷【渋谷】

画像出典:https://www.facebook.com/xandwork/photos/ms.c.eJxFzskRRFEEQNGMusxD~;ol1PT62p7iQOBqLM6M4sv6oQdIkQJIGNDKQA20g5IEnDCRV4ybSGraRUVHhDxS64dNQ1Jogu7MFsSuEtaIDYv0YzIpyvLNwUckCzQHjF2WPBa8JwQ8s3uuWRAvSIAevQeofOEDBNZLeYxrXoG7YTmBP8Da4wHGhG05~;aVtWBg~-~-.bps.a.2471634453147163/2471634923147116

クリエイティブな発想を刺激するコワーキングスペースを東京都内だけでなく、川崎や京都でも展開している『.andwork』。

『.andwork渋谷』はホテルに併設されているコワーキングスペースで、世界中からクリエイターたちが集まるグローバルな空気が流れている場所。

宿泊を伴わないドロップイン利用でも、ミニキッチンなどが利用可能。さらに、1日3,000円のDrop-inDailyプランでは、17時半〜1時間ビールが飲み放題のハッピーアワーサービスもついてきます。ビール好きや、仕事終わりには1杯飲みたいという方には嬉しいサービスですね。

<利用情報>
・場所:東京都 渋谷区 神南1丁目20-13 3F/4F
・アクセス:JR渋谷駅から徒歩5分
・公式サイト:https://www.xandwork.com/shibuya/ 
・利用料金:ドロップインプラン(Drop-inDaily) 1日/3,000円
※Drop-inHourlyプランは1時間1,000円〜

3-4.異国にいるような感覚で仕事ができるi-work【浅草】

画像出典:https://asakusa.i-work.tokyo/floor/

浅草・かっぱ橋道具通りから路地を入ってすぐの場所にあるこちらのコワーキングスペース『i-work』。1階にデザイン事務所が居を構えたビルの2階と3階に、おしゃれな空間が広がります。アメリカンなインテリアで彩られた空間は、心地よく、集中できることが魅力。

「コミュニケーションスペース」と「ワークスペース」に分かれているため、その日の仕事内容に合わせて使い分けられることも便利なポイントです。

<利用情報>
・場所:東京都台東区松が谷4-1-10エムビル2F,3F
・アクセス:つくばエキスプレス浅草駅から徒歩6分
・公式サイト:https://asakusa.i-work.tokyo/
・利用料金:デイタイムプラン 月額10,780円

4.アクセスの良さが嬉しい駅直結コワーキングスペース3選

営業先回りの合間に使ったり、出張時に利用したり。移動の多い日の作業スペースとしてコワーキングスペースを利用することもあるでしょう。そんなときは、アクセスの良い店舗をしっておくと便利です。

最後に駅直結の立地で利便性が高いコワーキングスペースを3つご紹介します。

4-1.新幹線乗り場から近いfabbit大手町【東京・大手町】

画像出典:https://fabbit.co.jp/facility/otemachi/

広くて、構内の移動が大変な東京駅。出張前や出張で東京を訪れた際にコワーキングスペースを使うなら、新幹線乗り場から近い立地が便利です。

『fabbit大手町』は、東京駅日本橋口から直結で、雨の日は濡れずに辿り着けます。駅チカで荷物が多い日にも使いやすいコワーキングスペースです。

<利用情報>
・場所:東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル3F
・アクセス:JR東京駅 日本橋口より徒歩1分 、東京メトロ 大手町駅直結
・公式サイト:https://fabbit.co.jp/facility/otemachi/
・利用料金:One Day Pass 1日1,980円

ちなみに、系列のfabbit青山は、青山一丁目駅から徒歩3分。渋谷・青山・表参道エリアで仕事をすることが多い方はこちらもチェックしてみては。

<利用情報>
・場所:東京都港区赤坂8-4-14 青山タワープレイス8F
・アクセス:地下鉄「青山一丁目」4番北出口 徒歩1分
・公式サイト:https://fabbit.co.jp/facility/aoyama/
・利用料金:One Day Pass 1日1,980円

4-2.渋谷ヒカリエの中にあるCreative Lounge MOV【渋谷】

画像出典:https://www.shibuyamov.com/space/open/

『Creative Lounge MPV』は、ドリップコーヒーやスナックなどを無料で提供してくれる、渋谷ヒカリエ直結のコワーキングスペース。貸し会議室なども充実し、イベントも定期的に開催しています。

ライブラリーコーナーや無料のドリップコーヒーもあるなど、サービスが充実。

開放的なオープンラウンジには、カウンター席やテーブル席、ソファなどいろいろな種類の席があるので、その日の気分に合わせて仕事スペースを選んでみても楽しそうです。

<利用情報>
・場所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階
・アクセス:JR、東京メトロ、京王井の頭線 渋谷駅直結
・公式サイト:https://www.shibuyamov.com/
・利用料金:ワンタイムメンバー 1時間1,100円

4-3.使い方に合わせてプランも豊富なWAW日本橋【日本橋】

画像出典:https://work-and-wonder.com/place/nihombashi/

近年再開発が進み、ますますおしゃれになっている日本橋エリア。東京駅からも目と鼻の先で、歩いてすぐに行けるため、出張の拠点にするのにもぴったりなエリアです。

そんな日本橋駅に直結していて、出張時などにも利用しやすいのがコワーキングスペース『WAW日本橋』。

ドロップイン会員でも、15分275円の追加料金を払えば、モニター付きの個室が利用可能。オンライン会議が急遽入っても、安心です。

月額会員プランは、固定席を利用できるデスク会員や、住所利用と法人・商業登記ができるアドレス会員など、バリエーション豊富。

使い勝手に合わせてプランを選んでみましょう。

<利用情報>
・場所:東京都中央区日本橋1丁目13-1 日鉄日本橋ビル3F
・アクセス:東京メトロ銀座線・東西線/都営地下鉄浅草線 日本橋駅から徒歩1分(直結)
・公式サイト:https://work-and-wonder.com/place/nihombashi/
・利用料金:ドロップイン会員 1時間880円、1日3,300円

思いがけない出会いや発見があるかも!東京都内のコワーキングスペースを使いこなそう!

コワーキングスペースの需要が増え、次々と新たな店舗が登場しています。東京都内であれば、比較的コワーキングスペースを探すのに苦労しないでしょう。テレワークや出張の多い方にとっては、なんとも便利な時代です。

月会員になって、同じ場所を使うのもよし、ドロップイン利用でさまざまなコワーキングスペースを利用するのもよし。自宅やオフィスで仕事をするときとは違う、新しい発見や出会いが待っているかもしれません。

今回ご紹介した東京都内のコワーキングスペースは、それぞれ特色があり、使い勝手や利便性だけでなく、そこに集う人の顔ぶれも少しずつ異なります。東京以外にも面白いコワーキングスペースがどんどん登場していますので、出張時にも大いに活用して仕事の幅を広げてみてはいかがでしょうか?

文:松本有為子(リベルタ)
編集:カワムラルイ(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
テレワークの部屋着は何がいい?選び方&おすすめアイテムをご紹介!
テレワークの困りごと解決グッズ30選! 自宅で快適に仕事しよう
ホテルでテレワーク!リモートワーカー向け東京都内の個性派ホテル8選

ANAのA380型機が約2年4ヶ月ぶりにホノルル線復活!FLYING HONUの魅力とは

CTA-IMAGE

成田発のANAエアバスA380機で行くハワイ。2020年3月から始まっていた定期便の運休がついに終わり、今年7月から定期便としての運航が再開することが5月に発表されました。
これまでも多くの人を魅了してきた、ANAのエアバスA380型機「FLYING HONU(フライングホヌ)」の魅力とは?今記事では定期便の運航再開に合わせて、その魅力や特徴を改めて深掘りしてみました。


ビジネス基礎知識カテゴリの最新記事