名刺を制する者はビジネスを制す! 海外での名刺活用術

名刺を制する者はビジネスを制す! 海外での名刺活用術

取引先への初訪問は何かと緊張するもの。
特に海外出張であれば、「名刺って必要?」「名刺交換のマナーは日本と同じ?」と、疑問や不安が頭をよぎるでしょう。
そこで、海外における名刺の意味や名刺交換のマナー、自分を主張するための名刺活用法についてお教えします!

日本と海外における「名刺」の違い

名刺って英語でなんて言う?

英語では、名刺はBusiness Cardと呼びます。
Name Cardと誤用されることが多いのですが、こちらは“名札”の意味です。
日本人が間違いやすい英単語の一つなので、注意しましょう。

名刺の役割の違い

日本のビジネスシーンでは、名刺は初対面の挨拶に欠かせないアイテムです。
中国や韓国など、アジアの隣国においても名刺の役割は日本と同様。
初対面の相手全員と名刺交換をするのが基本なので、名刺はたくさん持って行くことをおすすめします。

一方、欧米のビジネスシーンでは、名刺は必須アイテムではないようです。

アメリカでは、一般的に名刺は使われますが、日本ほどではありません。
また、イギリスやフランスでは、名刺は管理職以上の人が使うのが一般的です。

名刺の意味の違い

日本では、名刺は“人となり”であり、受け取った名刺を丁寧に扱う文化が浸透しています。
しかし、欧米における名刺の扱いは、日本とは大きく異なります。
相手に渡した名刺が、目の前でメモがわりに使われることも普通です。
それは一体、なぜでしょうか? 

欧米においての名刺とは、名前や会社の情報(電話番号やEメール、あるいは肩書)が書かれた単なる“モノ”に過ぎません。
それ以上でも、以下でもないのです。

さらに、最近はビジネスシーンにおける連絡手段も変わりつつあり、Facebook MessengerやWhatsAppなどのSNSアプリが主流です。

相手と連絡がつくのであれば、名前やメールアドレスがわかれば良い、SNSアプリで十分と考えるデジタル思考の人が増え、アナログ情報、つまり “モノ”である名刺は、その役割が廃れてきています。

日本と海外における「名刺交換マナー」の違い

海外のビジネスシーンでも、初対面で名刺交換する習慣はあります。

ところが、日本の名刺交換のように、両手で渡すとか、渡す角度が大切だとか、受け取った名刺はテーブルの見えるところに並べておくとか、堅苦しいマナーはありません。

もちろん、あなたが日本のマナーに沿って相手に名刺を渡しても、大きな問題はありません。
ですが、相手もまた、自国のマナーに沿ってあなたに名刺を渡すでしょう。
たとえ、それが日本のマナーに欠けるような仕草だとしても、戸惑ったり、憂慮する必要はありません。

名刺を渡すタイミング:日本やアジア

名刺を渡すタイミングには、国による違いがあります。

日本では、名刺交換のタイミングは“出会い頭”、挨拶直後が基本。
中国や韓国でも、そのタイミングは日本と変わりません。

名刺を渡すタイミング:欧米

欧米では、挨拶と握手の後、相手とある程度の話をするのが基本。
そして、お互いの関係が構築されてから、別れ際に名刺を渡すのが一般的です。

また、欧米では相手が名刺を持っていない場合も珍しくありません。
そんな時は動揺せずに、「ノー・プロブレム」や「ザッツ・オーケー」と言って軽くやり過ごしましょう。
名刺がないからと言って、相手と連絡が取れないことはありません。
臨機応変に、メールアドレスやSNSアプリの連絡先を聞くと良いでしょう。

名刺交換で大切なこと

このように、特に欧米では名刺交換よりも、きちんと相手の目を見て挨拶し、しっかりと握手することが大切です。
そのほうが、間違いなく相手への印象は良くなりますし、商談もうまくいくでしょう。

また、どの国にも共通して大切なことは、名前の確認です。
名刺交換のタイミングで、名刺に書かれた相手の名前を見ながら、アクセントや発音までしっかりと確認しましょう。

名刺で自分を主張する方法

国ごとの名刺サイズの違い

海外での名刺交換を経験した方はご存じかと思いますが、名刺のサイズは国によっても違います。

下記に、国別の名刺サイズを記載します。
これを見ると、日本は欧米に比べると、名刺が少し大きいのです。

名刺サイズの国別比較 

横×縦 (単位:mm ※国によってはmmに換算)
・日本:91×55
・北米:88.9×50.8
 →アメリカ、カナダ
・ヨーロッパ:85×55
 →イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、スイス
・北欧、オセアニア:90×55
→スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、オーストラリア、ニュージーランド
・東欧、北欧:90×50
→チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロバキア、ウクライナ、フィンランド
・中国・香港・シンガポール・マレーシア:90×54
・韓国:90×50

※参照:英語版Wikipedia

名刺で自分を主張する:「守り」の方法

もし、取引先の相手が神経質であったり、保守的な企業、一体感を大切にする企業であれば、名刺サイズの違いを嫌うかもしれません。
先に述べた名刺サイズの違いから、欧米の名刺の中に混ぜると、日本の名刺は出っ張ってしまいます。

相手の特徴を熟慮して、名刺サイズを相手に合わせるのも一つの手です。
出張前に事前準備を整え、相手国のサイズの名刺を渡せば、「私たちはあなたの仲間です」というメッセージを伝えることもできるのです。

・欧米サイズの名印刷「ラスクル」
https://raksul.com/businesscard/western/

・欧米サイズの名刺印刷なら「昇永堂」
http://www.shoeido.jp/CardSize.html

名刺で自分を主張する:「攻め」の方法

一方、逆の心理を利用するのもビジネス戦略としては有効です。
つまり、あえて人と違った名刺を差し出すのです。

最近は日本でも欧米でも、個性的な名刺を使う会社が見られます。
角が丸かったり、小さかったり、紙ではなかったり……そのデザインはさまざま。
これは、名刺を単なる“モノ”ではなく、自分を主張するアイテムと捉えていることの現れです。

競合他者との差別化を図りたい場合には、特に個性を見せつける必要があります。
そんな時、他とは違うデザインの名刺は効果的でしょう。
インパクトのある名刺を渡せば、それを話題に円滑なコミュニケーションが図れます。
名刺のデザインに込められた意味を説明すれば、より強く自分をアピールできるでしょう。

・特殊加工名刺印刷「YMcard」
http://ymcard.jp/paper/special.asp

・ユニークでゴージャスな加工印刷専門店「DECO CARD」
http://www.deco-card.net/

名刺をマーケティングツールと考える

ニックネームの活用

海外出張での名刺交換であれば、自分の名前をしっかり覚えてもらうことが大切です。
発音しにくい日本のファーストネームを記載するよりも、欧米系の親みのあるニックネームを考えて書いておくとよいでしょう。

どんなニックネームでも構いませんが、呼びやすく覚えやすいものをおススメします。
確実に、相手とのコミュニケーションが深まるでしょう。

例えば、富田や富永という名前ならトミー、誠ならマックなど、相手が親しみやすいニックネームにするのがポイントです。

カタカナの活用

海外出張用の名刺は、名前や肩書、住所をアルファベットで記載しておくと良いでしょう。

そして、さらに有効なのが「カタカナ」の活用です。

なぜなら、漢字は中国でも使われていますが、カタカナやひらがなは日本独自の表記方法です。
特に欧米においては、クールな印象があるようです。
中でも、カタカナは外来語の表記に使うので、海外でも有効活用しやすいのです。

例えば、自分の名前をカタカナ表記して、日本人(=メイドインジャパン)であることを相手にアピールするのもマーケティング戦略的に有効です。

その代表例がユニクロ。
世界中にあるユニクロは、どの国の看板にもカタカナが入っています。
これは日本らしさを打ち出すマーケティング戦略なのです。
そんな裏技を使うのも一案です。

まとめ

~名刺はあなたの顔、されど熱意ではあらず~

とはいっても、やはり名刺はテキスト情報。

名刺を使ってコミュニケーションを円滑にすることや、相手に強く自分を印象づける有効なマーケティングツールとしての活用が期待できますが、名刺を準備したから万事OKということではありません。

ビジネスにおいて何よりも大切なことは、相手からの信頼と信用を得ること、そしてあなたの熱意を相手に伝えることです。
それはあなた自身の行動の中にあります。

海外出張における取引先への初訪問。
合理的・論理的な話に加え、あなたのパッションを伝えることの方が、確実に交渉の成功や商談成立に近づくことを忘れないでください。

通信料が大容量のWi-Fiルーター

通信料が大容量のWi-Fiルーターは「イモトのWiFi」です。

4G対応で通信料は1日あたり500MBと大容量。
成田・羽田・関空・中部国際・新千歳・福岡で受け取りできるので利便性抜群!
日本語サポート、補償最安など老舗ならではの安心感。
初心者にもおすすめです。

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビマエカテゴリの最新記事