飛行機が飛ばないときや遅れたときはどうする?空港内での過ごし方をマスターして海外出張や国内出張を有意義にしよう

飛行機が飛ばないときや遅れたときはどうする?空港内での過ごし方をマスターして海外出張や国内出張を有意義にしよう

天候の影響などによって、飛行機は時間どおりに飛ばないことがあります。
しばらく出発しないときは、どのように過ごすべきか悩んでしまう場合もあるでしょう。
今回は、そのような事態になったときの空港での過ごし方について解説します。

無料休憩所をチェックしておこう

ほとんどの空港内には無料で使用できる休憩所が設けられています。
基本的には24時間開放されているため、待っている間のベースとなる場所として利用可能です。
具体的な広さやレイアウトなどは空港によって異なりますが、たくさんの椅子が据え付けられているのが一般的です。
連結させた数人掛けのものだけでなく、クッション性のあるソファ席や足を崩して座れるフラットなシートが用意されている休憩所もあります。
トイレや自動販売機、公衆電話など、長時間過ごすうえで便利な設備が近くにあるのが特徴です。
手荷物やスーツケースなどを預けるためのコインロッカーを設置しているところも見受けられます。
また、たいていの休憩所は電光掲示板が見えるようになっており、アナウンスもよく聞こえるため、遅延の状況を把握しやすくなっています。
このように便利な場所なので、どのような休憩所があるのかチェックしておきましょう。

24時間営業しているレストランやカフェがおすすめ

レストランやカフェも、飛行機が飛ばないときに待ち時間を過ごすのにおすすめの場所です。
多くの空港には、24時間営業している飲食店があります。
その空港のある地域でしか味わえないメニューを提供している場合もあるので、ちょうど空腹であれば食事を堪能してゆっくり過ごすのも一つの手です。
また、本やパソコンなどのアイテムを持っていれば、時間をつぶす場所として利用しやすいでしょう。
無料のWi-Fiを利用できるのが一般的であるため、出張先や会社に状況を知らせるメールを書くなど、仕事をして過ごすのにも向いています。
ただし、自分以外にも利用客がいることを忘れてはいけません。
昼食や夕食などの時間帯で店内が混雑している場合は、迷惑をかけないように長居しすぎないのがマナーです。
過ごしやすい場所ではありますが、周囲の状況に気を配りながら利用することを心がけましょう。

女性は空港併設のホテルがおすすめ

夜間に飛行機が飛ぶ見込みが立たず、朝まで過ごすことを余儀なくされるケースもあります。
空港にはいろいろな人が出入りできるので、セキュリティが万全とは言い切れません。
長時間過ごすなら、置き引きなどの被害に備えて十分に警戒しておく必要があります。
そのような状況なので、女性のなかには一晩を空港で過ごすことに対して不安を抱く人も多いのではないでしょうか。
夜間に出発しないことがわかっているなら、安全性を高めるために別の場所で過ごすという方法もあります。
おすすめなのは空港に併設されている宿泊施設です。
人目を気にせずにしっかり睡眠をとったり、身なりを整えたりできるため、ビジネスなどに備えてコンディションを良くできることも大きなメリットといえます。
一般的なビジネスホテルの他に、カプセルホテルがあるところも増えているので、過ごしやすさや予算などを考慮して選びましょう。

日中であれば空港内を散策してみよう

待っているのが日中なら、空港内を散策して過ごすという手段もあります。
空港の規模にもよりますが、観光やショッピングを楽しめるようになっているところが少なくありません。
飛行機に乗らない人たちも対象にして、いろいろな店舗や施設を設けており、週末になると多くのファミリー層が遊びにくる空港もあります。
そのような店舗や施設が開いている時間帯であれば、飛行機が飛ぶまで退屈せずに過ごせる可能性が高いです。
単純に見て回るだけでもある程度は時間がかかりますし、出張先や会社などに買っていくお土産を探すような過ごし方も可能です。
保安検査場を通過すると店舗が少なくなる空港もあるので、待ち時間を利用して名産物などを買っておくと良いでしょう。
開放されている展望デッキにあがって、飛行機や空を眺めてくつろぐ人もいます。
このように、日中であるなら空港内のスポットをいろいろ巡って過ごすのが得策です。

万が一に備えて空港内の施設は事前にチェックしよう

飛行機が飛ばないことや遅れることが事前にわかっていれば、空港に向かう前に対策を立てられます。
しかし、実際には到着してから判明することも多いでしょう。
そのような事態になると、落ち着いて過ごし方を考えるのは難しいかもしれません。
同じように困っている人がたくさんいて、過ごしやすい場所が混雑することも懸念されます。
したがって、飛行機を利用することが決まったら、万が一に備えて対策をしておくことが大切です。
特に夜間に利用する場合は、眠る場所を確保することも検討しておかなければなりません。
少なくとも、空港内の施設については、インターネットなどを利用して確認しておくのが望ましいです。
公式のホームページには空港内のフロアマップが載っていますし、施設を利用した人のブログや口コミなども参考になります。
いざというときに焦らずに済むように事前にチェックしておきましょう。

世界中130ヶ国、500都市、1,200か所以上の空港ラウンジが利用できる「PriorityPass」

PriorityPassは簡単・迅速に利用できる空港ラウンジサービスを法人や個人に提供しているサービスです。
旅行や出張が頻繁な方から、定期的に空港を利用する方まで、空港ラウンジを便利に快適に利用したい方にオススメのサービスです。
世界1000か所以上に快適な空港ラウンジがあり、特典サービスも盛り沢山。
130か国で何百万人の方がすでに体験しています。

■こんな方にオススメです
・出張や商談でよく空港を利用する方
・海外旅行や国内旅行が好きな方
・長距離な旅をもっと楽しめたい方
・ビジネスやレジャー問わずスマートな旅をしたい方

■PriorityPassのポイント
・世界中1200か所以上の空港ラウンジが利用可能
・プランは3種類から選べる
・無料WiFi、充電設備など全て安心
・便利なデジタル会員証
・多言語スタッフが24時間・年中無休でサポート
・どんどん広がっていくラウンジネットワーク

Priority Pass 公式サイトはこちら

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビナカカテゴリの最新記事