アメニティが充実した大阪のホテル9選!使いこなして出張を快適に

アメニティが充実した大阪のホテル9選!使いこなして出張を快適に


アメニティ(amenity)とは、ホテルなどの設備や備品のこと。日本にあるホテルのほとんどは、シャンプーやボディソープ、歯ブラシなどのアメニティが用意されており、最低限の荷物で宿泊ができます。
しかし、出張などの宿泊中でも質の良いモノを使いたいという声もあり、バスグッズなどを持参する方も多いのではないでしょうか。中には、しっかり熟睡したいから枕まで持っていくという方も。
そこで、ホテルのアメニティで快適に過ごせるホテルを新大阪・梅田を中心にリサーチしました。大阪へ出張や旅行の予定がある方は、参考にしてみてくださいね。

1.こだわりのオリジナルアメニティを使えるホテル3選

訪日外国人の増加に伴い、ホテル業界では競争が激化しています。その影響もあってか、ホテルは宿泊客が心地よく過ごせるようにと細部までこだわるようになりました。なかにはオリジナルのアメニティを開発し、提供しているところも。

ここでは、使用感や機能性、デザインなどにこだわってオリジナルのアメニティを作り、提供しているホテルを紹介します。

1-1.【淀屋橋駅/北浜駅】デザインがおしゃれなアメニティ「THE BOLY OSAKA」


画像出典:THE BOLY OSAK公式HP

新大阪駅から車で10分の場所に位置する中之島の川沿いにある古いビルをリノベートしたホテル「THE BOLY OSAKA」。
このホテルのオリジナルアメニティは、使うのが楽しみになりそうなおしゃれなデザインが魅力です。

画像出典:THE BOLY OSAK公式HP

特に、ロゴが入った歯ブラシは、ホテル側がおみやげとしておすすめするほどキュートです。
使い心地などにもこだわり、100%コットンのダブルガーゼ生地のパジャマは、かわいいだけでなく熟睡できる、着心地が良いなどの理由で、購入する人もいるそうです。


画像出典:https://boly-shop.stores.jp/items/636084aa211ac363c0d45789 

備え付けのバスアメニティもオリジナル。ノンシリコンシャンプーや保湿力の高いシャワージェルには、天然香料を使用しています。自然の香りで身も心もリラックスできそう。
デザイン性に優れているだけでなく、出張や旅の疲れも癒せるアメニティが揃っています。

「THE BLOY OSAKA」
住所:大阪市中央区北浜2-1-16
アクセス:大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」から徒歩10分/堺筋線「北浜駅」から徒歩5分
電話番号:06-6222-7768
参考料金:素泊まり15,500円~
公式サイト:https://theboly.com/ 

1-2.【新大阪駅】身体にも地球にも優しいオリジナルバスアメニティの「ヴィアイン新大阪ウエスト」


画像出典:ヴィアイン新大阪ウエスト公式HP

「ヴィアイン新大阪ウエスト」は、新大阪駅北口から徒歩5分のところにある出張に便利なホテルです。

宿泊客がリラックスして過ごせるよう、高品質のオリジナルバスアメニティ開発プロジェクトを発足。専門メーカー・澁谷油脂の協力のもと、使い心地や香り、ボトルデザインに優れ、環境にも配慮した「ヴィアインホテルズ オリジナルインバス」が誕生しました。


画像出典:ヴィアイン新大阪ウエスト公式HP オリジナルインバス

香りは2種類あり、フレッシュな新茶の香りと華やかなホワイトリリーの香り。豊かな泡立ちで、一日の疲れや緊張をほぐしてくれそうです。部屋に備え付けられていますが、フロントで販売もしていますので、気に入った方は購入してみてはいかがでしょうか。

「ヴィアイン新大阪ウエスト」
住所:大阪府大阪市淀川区宮原4-1-21
アクセス:JR「新大阪駅」北口から徒歩5分/地下鉄御堂筋線「新大阪駅」4番出口からは徒歩3分
電話番号:06-6398-6111
参考料金:7,550円~
公式サイト:https://www.viainn.com/shinosaka-w/

1-3.【新大阪駅】ホテルオリジナルのベッドマットレスで深く眠れる「レム新大阪」


画像出典:レム新大阪公式HP

新大阪駅直結のホテル「レム新大阪」。駅構内から外に出ることなくホテルに直行できるので、天候が悪いときにも便利なホテルです。


画像出典:https://uchi.remm.jp/product/8.html

このホテルで注目したいのが、マットレスの老舗メーカー・日本ベッド製造と同ホテルが共同開発したオリジナルベッドマットレス「シルキーレム」です。通常の倍のスプリングが用いられており、寝心地は抜群。身体が包み込まれるような感覚を味わえ、熟睡できそうです。
また、浴室の頭上にはレインシャワーがあり、手を使わずに身体全体にお湯を浴びる爽快感がたまりません。
他にもパソコン作業などで凝り固まった身体をほぐすのにうれしいマッサージ機能付きのチェアまで備え付けられています。

このホテルで過ごせばどんな疲れも吹き飛び、効率よく翌日の仕事をこなせそうです。

「レム新大阪」
住所:大阪府大阪市淀川区宮原1-1-1
アクセス:JR「新大阪駅」直結
電話番号:06-7668-0606
参考料金:7,600円~
公式サイト:https://www.hankyu-hotel.com/hotel/remm/shinosaka/ 

こちらの記事も参考に
関空新国内線エリア&新ラウンジ10月26日リニューアルオープン!商業エリアは5倍に!

2.スキンケアアメニティが充実しているホテル3選

何かと忙しい出張中、疲れ果ててホテルに戻ってくるため、スキンケアに充分な時間をかけられないかもしれません。また、ホテルの室内は乾燥していることが多く、肌にとっては良い環境ではありません。そこで、デリケートな肌にも優しいスキンケアアメニティが備わっているホテルをピックアップしました。

2-1.【大阪梅田駅】疲れを癒すアメニティが充実の「新阪急ホテルアネックス(大阪)」


画像出典:新阪急ホテルアネックス(大阪)公式HP

オフィスだけでなく商業施設が集まる梅田エリアにあり、阪急大阪梅田駅からは徒歩3分という好立地にあるホテルです。
セキュリティ対策がなされた女性専用フロアには、女性の出張者にとってうれしいアメニティが充実しています。

例えば、スチームで肌を潤すパナソニックの「スチーマーナノケア」の貸し出しをしています。乾燥しがちなホテルの部屋でも、肌のうるおいを保てますね。寝ている間にケアができるのは、忙しいビジネスパーソンにはうれしいでしょう。

他にも足の疲れを癒す「足すっきりシート休足時間」と目を温められる「蒸気でホットアイマスク」が準備されているため、身体の疲れをしっかりケアできます。

「新阪急ホテルアネックス(大阪)」
住所:大阪府大阪市北区芝田1-8-1
アクセス:阪急「大阪梅田駅」茶屋町口から徒歩約3分
電話番号:06-6372-5101
参考料金:7,260円~
公式サイト:https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hh/shhannex/ 

2-2.【梅田駅】全客室でシャワーヘッド・ミラブルを使える「ホテルモントレル・フルール大阪」


画像出典:ホテルモントレル・フルール大阪公式HP

宿泊者専用のサウナ付き温浴施設があるホテルモントレル・フルール大阪。梅田駅以外にもJR「大阪」駅から徒歩10分、阪神電車大阪梅田駅からは徒歩5分とアクセス良好です。

共用の温浴施設で疲れを癒すのもおすすめですが、個室のバスルームにもご注目ください。


画像出典:https://www.hotelmonterey.co.jp/mirable/

ホテル個室のバスルームには微細な気泡で毛穴を洗浄するシャワーヘッド「ミラブル」が備え付けられています。ミラブルを使用すると肌の保水量がアップすると言われているため、乾燥しがちなホテルでも肌のうるおいを保てそうですね。

出張中は忙しくてスキンケアが面倒だという方でも、シャワー中に肌の保水量が上がれば、簡単なスキンケアだけでも、過酷なスケジュールの出張を肌荒れなどすることなく乗り切れるかもしれません。

「ホテルモントレル・フルール大阪」
住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-12-8
アクセス:大阪メトロ御堂筋線「梅田駅」 南改札から徒歩約5分
電話番号:06-6346-7111
参考料金:8,882円~(早割60プラン利用・会員価格の場合)
公式サイト:https://www.hotelmonterey.co.jp/lefrere_osaka/

2-3.【天満橋駅】自然派ブランドOSAJIが使える「HOTEL Noume OSAKA」


画像出典:HOTEL Noume OSAKA公式HP

日帰りプランやスパ付きプラン、1ヶ月以上の長期滞在が可能なマンスリーステイプランなどさまざまな使い方ができる「Hotel Noume OSAKA」。梅田駅や新大阪駅からやや離れていますが、客室にはアートや観葉植物が置かれたおしゃれな内装に惹かれて泊まりたくなる方は多そうです。


画像出典:HOTEL Noume OSAKA公式HP

アメニティには敏感肌向けブランドの「OSAJI」の製品を採用。OSAJIは皮膚科学に基づいた植物由来の成分を厳選して、健やかな肌作りをサポートするブランドです。ホテル備え付けの製品は肌への刺激が強くて使えないという方でも、安心して使えそうですね。

OSAJIが気になる方はスキンケアセット5種類が使えるプラン「OSAJI RELAX STAY」がおすすめです。

「Noume」
住所:大阪府大阪市北区天満4-1-18
アクセス:阪急本線・中之島線・谷町線「天満橋」駅より徒歩6分
電話番号:06-6940-0882
参考料金:6,000円~
公式サイト:https://www.no-um.jp/

こちらの記事も参考に
大阪のコワーキングスペースは仕事の幅が広がりそう!エリア別13選

3.アメニティバーがあるホテル3選

近年、世界中で二酸化炭素の排出を抑える対策が求められ、宿泊業もさまざまな取り組みをしています。また、宿泊施設のプラスチックごみ排出量を減らすため、2022年4月1日に「プラスチック資源循環促進法」が施行されました。
そのため、アメニティバーを導入するホテルが増加中。歯ブラシやカミソリなどのアメニティを希望する人だけに提供することで、ゴミの削減につながります。

サステナブルな出張スタイルを心がけている方はアメニティバーを提供しているホテルを選んでみてはいかがでしょうか。

3-1.【大阪駅・梅田駅】さまざまなシャンプーが使える「ホテル エルシエント大阪」


画像出典:ホテル エルシエント大阪公式HP

ホテル エルシエント大阪は、日中にはワークスペースが使え、ビジネスパーソンにとってうれしいホテルです。大阪駅と梅田駅どちらからも徒歩12分のところにあります。


画像出典:ホテル エルシエント大阪公式HP 館内案内

こちらのホテルのアメニティバーのうれしいところは、クレンジングや化粧水、乳液などスキンケアグッズが用意されているところ。仕事が入り、急遽宿泊しなければならないような事態にも助かりますね。

サウナ付きの大浴場にはアメニティバーだけでなく、シャンプーバーまで用意されており、好みや気分に合わせて好きなシャンプーが使えます。気になるシャンプーがある場合は、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

「ホテル エルシエント大阪」
住所:大阪府大阪市北区曽根崎1-2-7
アクセス:JR「大阪駅」または大阪メトロ「梅田駅」から徒歩12分
電話番号:06-6360-2200
参考料金:5,001円~
公式サイト:https://www.elcient.com/osaka/

3-2.【動物園前駅/新今宮駅】機能性や使いやすさにこだわり厳選されたアメニティが揃う「Willows Hotel」


画像出典:Willows Hotel公式HP

天王寺動物園のすぐ向かいにある「Willows Hotel」は、新大阪駅や梅田駅からはやや離れていますが、ユニバーサルスタジオジャパンまでは約25分。出張の後に遊びに行きたいという方におすすめのホテルです。


画像出典:Willows Hotel公式HP

アメニティの一つ一つは、スタッフが試行錯誤してチョイス。客室に常備されているヘア&ボディケア用品は使用感の良さに定評のあるスティーブン・ノルを採用しています。

アメニティバーの内容は充実しており、用意されていないことの多い美容液やマウスウォッシュまで用意されています。極力荷物を減らしたいという方にはぴったりです。

「Willows Hotel」
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東2-1-24
アクセス:地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前」駅より徒歩3分/JR環状線「新今宮」駅から徒歩6分
電話番号:06-6630-7535
参考料金:5,500円~
公式サイト:https://willows-hotel.com/

3-3.【中之島駅】サステナブルなアメニティ「ホテルNCB」


オフィスエリアの中之島にあるホテルNCB。新大阪駅からは車で20分、梅田駅からは車で10分の距離にあります。

このホテルのアメニティバーで注目したいのが、竹素材の歯ブラシとヘアブラシを導入している点です。

画像出典:ホテルNCB公式HP
竹の製品は、プラスチックに比べてゴミとして燃やすときにCO2の排出量が少ないと言われています。また、竹は世界で最も早く成長する植物で、肥料や農薬を必要としません。成長した竹は、二酸化炭素をよく吸収するため、プラスチックに代わるサステナブルな素材として注目されています。

SDGsに貢献したい方は、出張時に利用してみてはいかがでしょうか。

「ホテルNCB」
住所:大阪市北区中之島6-2-27
アクセス:京阪電車 「中之島」駅より徒歩約3分
電話番号:06-6443-2255
参考料金:6,480円~
公式サイト:https://www.hotel-ncb.co.jp/

こちらの記事もチェック!
SDGs実現に向けたホテルのアメニティに関する取り組み具体例9選

ホテルのアメニティで疲労を軽減!大阪出張中の業務に専念しよう

出張はいつもと違う環境で過ごさなくてはならず、人によってはくつろげない、熟睡できないという方もいらっしゃるでしょう。クオリティの高いバスグッズや疲れを癒してくれそうなアメニティを使えば、翌日のパフォーマンスも上がりそうです。大阪の街を観光する余裕や時間も捻出できるかもしれません。
また、アメニティが充実している大阪のホテルを選べば荷物を減らせ、移動中の疲れも軽減できるでしょう。

ホテルのアメニティをうまく活用して疲れを癒せば、出張中の仕事の効率が上がること間違いなし!

文:カワムラルイ
編集:松本有為子(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
新大阪駅周辺でコンセントが使えるカフェ!仕事に便利なオススメ10選
大阪のコワーキングスペースは仕事の幅が広がりそう!エリア別13選
大阪・梅田駅周辺のパウダールーム11選!出張中の身支度におすすめ

【ANA×BTHacks共同企画!】

CTA-IMAGE

【ANA×BTHacks共同企画!】
FLYING HONU運航再開後のハワイの今!ANA現地スタッフにインタビュー



コロナ禍による運休から、2年4ヶ月ぶりに定期便運航が再開した、
エアバスA380型機「FLYING HONU」で行く成田=ホノルル便。
その再開により、ホノルル現地ではどのような変化が訪れているのでしょうか?
ANAホノルル支店と、ホノルル市内にあるマハロラウンジを取り仕切る
ANAセールスアメリカズ ホノルル支店の皆さんに、現地のリアルな様子を伺いました。

ビジネス基礎知識カテゴリの最新記事