ゼンハイザーから新たなビジネス向けヘッドフォンがデビュー!

スーツケースはどう選ぶべき?購入前のチェックポイントを解説

スーツケースはどう選ぶべき?購入前のチェックポイントを解説

ビジネスパーソンの出張時の必需品であるスーツケース。
長く使う可能性があるからこそ、スーツケース選びにはこだわりたいものです。
そこで、スーツケースを購入する際にチェックするべきポイントを紹介していきます。

スーツケースは実用性で選ぼう!

一口にスーツケースといっても、その種類はさまざまです。
何万という高価なものもあれば、格安のスーツケースもあります。
長く使いたいのであれば、品質を重視し、耐久性があり、また自分にとって使いやすい実用性のあるスーツケースがいいでしょう。
それには、有名メーカーのスーツケースがおすすめです。

ポイント1.ボディの素材

スーツケースのボディの素材には、ソフトタイプとハードタイプがあり、それぞれに特徴があります。
まず、ソフトタイプ。
布でできているため、軽くて持ち運びがしやすいというメリットがあります。
また、外側にポケットをつけている作りのものが多く、小物の出し入れがしやすくなっています。
一方、布でできているために、外からの衝撃などに弱いというデメリットもあるのです。
そのため、パソコンなど壊れやすいものを持ち運びするのは心配です。

次に、ハードタイプ。
硬いプラスチックでできているため、耐久性が高く、中の荷物をしっかりと守ってくれます。
また、本体に鍵がついているため、セキュリティ面でも優れています。
さらに、密閉性も高く、防水面もある程度安心です。
ただし、重くて持ち運びに不便、傷や汚れがつきやすい、観音開きのため荷物を出し入れするときにスペースを取ってしまうといったデメリットが挙げられます。
ソフトタイプを選ぶか、ハードタイプを選ぶか迷うところですが、空港での取扱が心配な海外ではハードタイプにするなど、行き先に合わせてスーツケースを選ぶといいいでしょう。

ポイント2.サイズ

スーツケースのサイズを選ぶ際には、3つのポイントがあります。
1つ目は、宿泊する日数です。
たとえば、1~2日の短期の出張ならSサイズ・35L以下のものを選びましょう。
荷物が少ないうえに、35L以下なら機内に荷物を持ち込むことができるからです。
このほか、3~4日ならばMサイズ・36~63L、5~6日ならばLサイズ・64~82L、1~2週間ならばLLサイズ・83L以上が目安になります。

2つ目は、荷物の量です。
たとえ短期出張でも、取引先に持っていくサンプル品があれば、その量に合わせてサイズも大きくなります。
ただし、行きだけでなく、帰りの荷物の量も考えて、サイズ選びをするようにしましょう。
というのも、行きと帰りでは荷物の量が違うことがあるからです。
たとえば、帰りに職場や取引先にお土産を買う場合があります。
そんなとき、35L以下だとスーツケースだけでは荷物が運ぶことができないからです。

3つ目は、本人のボディサイズです。
いくら荷物が多いといっても、小柄な女性がLLサイズのスーツケースを持つのには無理があります。
逆に、大柄な男性は洋服のサイズも大きくなるため、Sサイズの中にすべて詰め込むのは難しいかもしれません。
自分自身のボディサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。

ポイント3.TSAロック

アメリカに出張に行く場合は、TSAロック付きのスーツケースがおすすめです。
通常であれば、アメリカへの渡航の際は、スーツケースの鍵は施錠してはいけない決まりになっています。
というのも、職員がスーツケースの中に、危険物などが入っていないか、チェックすることになっているからです。
しかし、鍵をかけない状態のままにしておくのは、セキュリティ上心配になります。
その点、TSAロックの場合は、鍵をかけても大丈夫なのです。
なぜならば、職員が特殊なツールを使えば、TSAロックの鍵を開けることができるからです。
ちなみに、もしTSAロックでないタイプの鍵をかけていた場合は、職員に荷物の中身をチェックされるときに、鍵を壊されてしまうかもしれません。
その際、弁償はしてもらえないのです。
スーツケースによって、鍵のタイプが変わります。
TSAロックは、ハードタイプのスーツケースに設置されています。
ソフトタイプは付属の南京錠で鍵をかけるものがほとんどです。

ポイント4.キャスター

スーツケースのキャスターには、四輪タイプと二輪タイプがあります。
四輪タイプは移動のしやすいさがメリットです。
多少の段差も楽に乗り越えることが可能です。
しかし、4つも車輪がついているため、重くなってしまいます。
なおかつ、電車やバスで移動するときには車輪分、場所を取ってしまうのです。
一方、二輪タイプは四輪タイプと比べると、車輪の少ない分、動かしやすさでは劣りますが、軽くてコンパクトな作りです。
どちらを選ぶかは、現地での移動スタイルや行き先によって決めるといいでしょう。

以上がスーツケースを選ぶ際のチェックポイントです。
1つ何万円もするスーツケースを購入したものの、出張などであまり活躍する機会がないと、購入代金の元が取れない恐れも出てきます。
しかし、せっかく購入したのだから、使用する頻度を増やしたいものです。
長く愛用できる一品を見つけるようにしましょう。

長く愛用できる一品を見つけよう

出張が多いビジネスパーソンにとっては、必需品でもあるスーツケース。
だからこそ、品質にはこだわりたいところです。
しかし、使用頻度が少なければ、高価なものでは元がとれない可能性もあります。
したがって、価格はもちろん、容量や機能性などを十分検討し、自分に合った長く愛用できる一品を見つける必要があるでしょう。

スーツケース選びにオススメ

旅のプロがナビする『たびきゅーと』は、旅行かばん、旅行グッズ通販の大手サイトです。
軽量スーツケース特集、大型スーツケース特集、三辺合計158cm以内のスーツケース特集、機内持ち込みスーツケース特集、など目的別のスーツケース選びが楽になる情報がたっぷり。
スーツケース以外にも、便利な旅行グッズも取り扱っているのでスーツケースと一緒に探してみるのも良いでしょう。

『たびきゅーと』の公式サイトはこちら

SENNHEISERからビジネス向けヘッドフォン新発売!

CTA-IMAGE 音楽制作現場や映画製作現場などのプロフェッショナル用途にも多く用いられているドイツの音響機器メーカー“ゼンハイザーから新しく、ビジネス向けのヘッドフォンが新発売! 使ってビックリの出張おすすめグッズ。レビュー付きでご紹介します。 プレゼントキャンペーン企画中!

タビマエカテゴリの最新記事