航空会社の新サービス・思わず使いたくなる最新9プラン

航空会社の新サービス・思わず使いたくなる最新9プラン

コロナ禍で就航路線や便数の縮小などを余儀なくされている航空会社。日本の航空会社も、コロナ禍を乗り切るため、そして次の時代を見据えた取り組みとしてさまざまな新サービスを打ち出しています。

新たに航空会社が展開している新サービスのなかでも、駐機中の飛行機を利用したものやオンラインネットワークを活用したものなど、ユニークなサービスをご紹介いたします。

出張が多い方だけでなく、旅が好き、飛行機が好きという方もワクワクしてしまいそうなものが多いので、是非チェックしてみてくださいね。

1.航空会社各社の新サービスに見られる特徴3つ

この一年ほどで国内の航空会社が提供しはじめた新サービスには、いくつか特徴があることがわかります。世相を反映している特徴を大まかに理解しておくと、時代の流れをつかむことにもつながります。

まずは、実際のサービスを紹介する前に、大きな流れとして3つのキーワードを切り口に航空会社の新たな取り組みの傾向を紐解いてみましょう。

1-1.新サービスのキーワード1「旅気分」

フライト数の減便などにより、使われない航空機を活用するアイデアとして登場したのが、地上にいながら空の旅気分を味わえるサービスです。

例えば、空港に駐機している飛行機を活用したツアーなどもその一つ。飛行機を利用した旅行はできないけれど「旅をしたい」というユーザーの気持ちを満たす、身近で飛行機旅気分が楽しめるホテルの宿泊プランなども登場しています。

また、飛行機をチャーターして行われる周遊ツアーも、1回のフライトで旅気分を十分満喫でき、かつ宿泊などをしなくて良いため、コロナ禍で遠出が憚られるときも感染リスクを抑えながら楽しめるサービスプランとして新たな航空会社の目玉になりつつあります。

1-2.新サービスのキーワード2「非接触・オンライン」

手荷物預けなどカウンターでの手続きや、搭乗案内などグランドスタッフが行っていたサービスも、感染症対策として非接触型で行えるテクノロジーを導入する航空会社が増えています。

また、オンラインで参加できるツアーを企画するなど、飛行機に搭乗しなくても自宅や好きな場所から気軽に参加できる旅体験を提供するサービスも登場しています。

1-3.新サービスのキーワード3「ワーケーション」

航空会社各社では、地方活性化を後押しするサービス創造にも積極的に挑戦しています。例えば、地方自治体やホテル業界とのコラボ企画を通じて、ワーケーション需要を後押しする新サービスの模索もそのひとつ。

コロナ禍を経て働き方が大きく変わりつつある今。ワーケーションを後押しするサービスは、ビジネスパーソンから注目されているものばかり。具体的にどんなサービスなのかを、次の章からご紹介していきましょう。

新型コロナウイルス対策としてのワクチン接種特典も!

新型コロナ対策として、ワクチン接種証明や陰性証明を提示すると、様々な特典が受けられるサービスも各航空会社が取り組んでいます。

JAL
航空券プレゼントや、空港内店舗でのお買い物特典キャンペーン
※空港でのお買い物特典は2021年10月6日(水)~2021年12月31日(金)期間。

参考:JALプレスリリース「ワクチン接種証明書や陰性証明書などの提示により、さまざまな特典が受けられるキャンペーンを開始します」
https://press.jal.co.jp/ja/release/202109/006233.html

2.遠出ができなくても「旅気分」が楽しめる航空会社の新サービス3つ

飛行機に乗って海外旅行や出張に出掛けられなくても、空を飛ばずに楽しめるプランや数時間のチャーターフライトで旅気分を楽しめる新サービスが各航空会社から登場しています。

ユニークな企画は、人気殺到で予約が抽選制になるほどです。期間限定のサービスも多いため、行ってみたい!という方は、こまめにチェックしてみましょう。

2-1.駐機している飛行機で機内食を愉しむ!『レストラン FLYING HONU』

画像出典:https://www.ana.co.jp/ja/jp/domtour/theme/charterflight/

フライトしていない飛行機をレストランとして活用しているのがANAの新サービス。期間限定ではありますが、季節のイベントに合わせて機内見学と食事がセットになったプランが楽しめます。

食事は実際に国際線で提供されている、各座席クラスのメニュー。子ども向けにはチャイルドミールも用意されています。

2021年5月から10月にかけて実施された『レストランFLYING HONU』企画には3,300名ほどのユーザーが参加したそうです。

『レストランFLYING HONU』詳細
・場所:成田空港
・開催日時:2021年 12月4日(土)、5日(日)、18日(土)
・料金:ファーストクラス 59,800円、 ビジネスクラス 29,800円、プレミアムエコノミー 13,800円、 エコノミークラス 9,800円
・公式サイト https://www.anahd.co.jp/group/pr/202110/20211028.html

2-2.飛行機好きにはたまらない!中部国際空港セントレアホテルの『ANA ROOM』

画像出典: https://www.anahd.co.jp/group/pr/202110/20211021.html

中部国際空港セントレアホテルには、ホテルの一室に飛行機の機体で使われているシートなどを使った、宿泊ルームが誕生しました。

ANAカラーであるブルーで統一された室内のデスクには、小型機コックピットを再現したフライトシミュレーターもあるなど、飛行機好きにたまらない楽しい仕掛けがいっぱいです。

画像出典: https://www.anahd.co.jp/group/pr/202110/20211021.html

部屋の窓からは、伊勢湾をバックに中部国際空港を離発着する飛行機も眺められ、一日中お部屋での滞在を楽しめそうです。

『中部国際空港セントレアホテル ANA ROOM』詳細
・場所:愛知県常滑市セントレア1-1中部国際空港セントレアホテル
・宿泊料金:1泊17,000円~ 1室2名様ご利用時の1名料金/朝食付ファーストクラス
     ※時期によって料金の変動あり
・予約サイト:https://www.meitetsu-gh.co.jp/centrairhotel/ (中部国際空港セントレアホテルHP)

2-3.空の上ならではの楽しさがあるチャーターフライト企画

画像出典:https://www.jal.co.jp/domtour/kat/charter_germany/

飛行機に乗って海外旅行はまだまだ気軽にできないけれど、海外に行った気分を味わいたいという方にぴったりなのが、JALが企画しているチャーターフライトサービスです。数時間ほどのフライトで、飛行機内でのミールサービスや音楽の生演奏で非日常気分を楽しめます。

2021年12月にJALが実施するのは『チャーターDE海外旅行気分を満喫!~ドイツ×クリスマス~』と称した、ドイツをテーマにした企画です。ドイツのクリスマスをイメージした機内食、アコーディオンの生演奏、搭乗記念品などがもらえるチャーターツアーはなんだかワクワクしてきますね。

JALでは同様の企画を、シーズンごとに色々提供していますので、気になる方はこまめにチェックしてみてはいかがでしょうか。

『チャーターDE海外旅行気分を満喫!~ドイツ×クリスマス~』詳細
・場所:成田空港
・開催日時:2021年 12月18日(土)
・料金:ビジネスクラス 50,000円〜、 エコノミークラス 2席 49,000円〜、エコノミークラス1席1,9000円(中央席/窓無し含む)
・公式サイト https://www.jal.co.jp/domtour/kat/charter_germany/ 

歩いてフライトマイルポイントが貯められるスマホアプリサービス

画像出典:https://www.getmiles.com/jp

飛行機での移動はできなくても、日常生活での移動距離に応じてマイルが貯められ、溜まったマイルに応じて航空券の割引クーポンがもらえるのが、スマホアプリ『マイルズ』です。

徒歩移動ならマイルの貯まる倍率は10倍、自転車は5倍というように、移動手段によっても倍率が変わるため、たくさん歩いてマイルを貯めれば、健康にも良さそうですね。

JALの航空チケットであれば、2,000円オフクーポンが200マイルで貯められます。200マイルを貯めるのに必要な移動距離は、大体32kmほどの距離とのこと。航空券クーポンの他にも食品や動画配信サービス、服飾品などのクーポンももらえるので、ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

マイルズ公式サイト
https://www.getmiles.com/jp

GooglePlay
https://play.google.com/store/apps/details?id=connectiq.miles.app&hl=ja&gl=US

Apple Store
https://apps.apple.com/jp/app/miles-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%BA-%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%A7%BB%E5%8B%95%E3%81%AB-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%92/id1393913947

3.「ワーケーション」をするなら注目したい!航空会社の新サービス2つ

コロナ禍によって、ワーケーションや2拠点居住など新たなライフスタイルが生まれつつある今。働き方もテレワークなど新しい形が定着し始めています。
そんな中、航空会社では、リモートワークやワーケーション需要を見込んだ航空サブスクサービスもスタートさせています。

3-1.「TsugiTsugi(ツギツギ)」

東急グループが提供している定額性回遊型住み替えサービス「TsugiTsugi(ツギツギ)」は、東急グループの宿泊施設を期間中自由に使えるサブスクサービス。月額制で、提携ホテルを何度も使えるサービスです。

「TsugiTsugi(ツギツギ)」が提供している宿泊施設は、全国78施設。旅するように暮らしたいという方の好奇心を刺激するサービスとなっています。

例えば、伊豆半島にある温泉地の旅館やホテルに宿泊して、日中は仕事をしつつも、夜は温泉三昧。休日や天気の良い日には伊豆半島をドライブするというようなワーケーションも「TsugiTsugi」のサービスを利用すれば、気軽に楽しめます。

『TsugiTsugi(ツギツギ)』公式サイト
https://tsugitsugi.com/

3-2.デュアルライフを応援する『2地域居住を始める旅』

JALは航空会社として、地域活性化にさまざまな切り口で取り組む『JALふるさとプロジェクト』を立ち上げています。その中でも、平日は会社がある都心、週末は地方へというような2拠点居住をしたい方に向けたプラン『2地域居住を始める旅』を展開しています。

北海道・帯広や沖縄・国頭村、熊本・阿蘇など各地域へ出掛け、現地で行政の移住担当者から直接地域の魅力や住みやすさなどを聞けるプランです。

以前から地方移住を考えていた方や、コロナ禍をきっかけに地方移住やデュアルライフを考え始めたという方は、利用してみてはいかがでしょうか?

『2地域居住を始める旅』公式サイト
https://www.jal.co.jp/domtour/jaldp/new_journey/2chiiki/index.html

4.「非接触・オンライン」で手軽に!航空会社の新サービス2つ

最後に取り上げるのは、デジタル技術の進化によって近年生まれてきた非接触・オンラインスタイルの新サービスです。

コロナ禍により、非接触型のサービスは感染症対策としても注目が集まっています。また、自宅から気軽に参加できるオンラインツアーも、旅に行けない人たちの好奇心や旅行欲を掻き立てるでしょう。

最後に、非接触・オンラインをキーワードに航空会社の新サービスをご紹介いたします。

4-1.自動手荷物預け「ANA BAGGAGE DROP」

画像出典:https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/checkin/baggagedrop/

飛行機搭乗前の荷物受託は、カウンターに並ぶ手間や待ち時間が煩わしいと感じることもありますよね。そんな悩みを解決してくれるのが、ANAが日本で初めて導入した自動手荷物預け機。カウンターに行かなくても、荷物を預けられる新サービスです。

手荷物を自動手荷物預け機に置いて、eチケットなどに記載されているQRコード、もしくはIC機能付きANAカードなどをかざしてタッチパネルを操作すれば、手荷物預けの手続きが完了するこのサービス。カウンターで手荷物を預ける方法と違い、手荷物預けは非接触型のサービスのため感染症対策にも繋がります。

手続きも簡単で、混雑時にカウンターに並んで手荷物受託の順番を待つ、なんてストレスもなくなります。

2021年11月時点で、羽田・新千歳・那覇・福岡・伊丹の5空港でANA便利用時に活用できます。忙しい出張時にも、ぜひ使ってみたいサービスですね。

詳細:ANA公式サイト
https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/checkin/baggagedrop/

4-2.自宅で参加できるオンラインツアー

各航空会社が趣向を凝らしているのが、オンラインで参加できるツアーです。自宅からオンラインで各地の観光地や普段見られないスポットを巡る企画は、プレゼントや特典がついていることも。

期間限定企画が多いため、定期的にチェックして気になるプランに参加してみてはいかがでしょうか?ここでは、2021年12月以降に開催されるオンラインツアーをご紹介します。

「働く・遊ぶ・休むを満喫!おかえり熊本城~ANAのCAと行く『リモートワーク応援シティ・熊本オンラインツアー』~」

ANAでは、自宅や好きな場所からインターネット環境を通じて、各地の魅力を体験できるオンラインツアーを定期的に実施しています。

2021年12月に開催されるのは、熊本城をANAのCAと巡るツアー。熊本の名酒やおつまみのついたプランでは、開催日までに自宅におつまみやお酒が届きます。

過去には、熊本ツアー以外にも、シンガポールや静岡などをオンラインで巡る旅を実施していました。気になる方は、12月以降のプランもチェックしてみてくださいね。

『リモートワーク応援シティ・熊本オンラインツアー』詳細
・日時:2021年12月18日(土)12:00〜13:30 ※Zoomで実施
・料金:熊本銘酒体験+おつまみ付 2,980円 、熊本おつまみ付 980円、視聴のみ 500円
・予約:オンライン
・公式サイト:
https://www.ana.co.jp/ja/jp/travel/onlinetour/?_ga=2.202080021.503984811.1637531288-360380725.1636439794#onlinetour211119_1

定期的に魅力的な企画を打ち出している「JAL Online Trip」

JALでは特設サイトを開設し、オンラインツアーやオンラインお土産ショップをweb上から楽しめるサービスを提供しています。

2021年11月末時点では、販売中のツアーはないものの、過去にはフランス・沖縄・イタリアなど各地からの中継も交えながら、自宅からオンライン上で旅気分を味わえる企画がありました。
今後はどんなプランが登場するのか、楽しみですね。

・公式サイト
https://www.shop.jal.co.jp/s/jal_onlinetrip/

4-3.搭乗口まで乗っていける「次世代型パーソナルモビリティ自動運行サービス」

空港で自動運転パーソナルモビリティを気軽に利用できるサービスを提供しているのが羽田空港です。
羽田空港国内線第 1・第 2 ターミナル出発ゲートラウンジで利用でき、自動運転モードで搭乗便の搭乗口まで連れて行ってくれる電動の乗り物。

一人乗りで使う際にグランドスタッフとの手続きがなく、対人との接触を避けられる点からも、コロナ対策が心配な方にも嬉しいサービスです。
次に空港に行く際は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

https://www.skymark.co.jp/ja/company/press/pdf/__icsFiles/afieldfile/2021/06/10/210610_press.pdf

まとめ:時代のニーズを反映した航空会社の新サービスは目が離せない!

時代のニーズに合ったさまざまな新サービスを展開している各航空会社。次の旅や出張をする際には「活用してみたい」と思えるサービスもどんどん増えています。

ただ飛行機を飛ばして空の旅を提供するにとどまらない、常に時代を先取りした航空会社の取り組みは、きっと私たちの暮らしにも旅や移動の楽しさを運んでくれることでしょう。こまめにチェックして、気軽に参加したり使ってみたりしてはいかがでしょうか?

文:松本有為子
編集:カワムラ ルイ(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
航空会社ごとに解説!子供向けアメニティを活用して機内を楽しもう
機内食はオンライン販売で手に入る!自宅で空の旅気分を楽しむ方法
国内格安航空会社を使い倒そう!LCCの特徴・エリアを解説

【SDGs専門家 針生氏登壇】有名ホテルや日系航空会社のSDGs・ESGの取り組みを解説!

CTA-IMAGE

2022年6月23日(木)13:30~
【モビリティ×SDGsシリーズ Vo.4】ウェビナー開催!



「いざSDGsに取り組もうと思っても、どんなことをしたらいいか想像がつかない…。」

そんな悩みを解決するために、持続可能な社会を実現させる取り組みを行っているSustineri株式会社の代表取締役の針生氏がSDGsの事例を分かりやすく解説し、自らの取り組みを踏まえてご紹介します!
今後、SDGsについてどのように取り組まれていくべきか、具体的取組や状況をお伝えいたします。

駅・空港カテゴリの最新記事