カフェのモーニングで一日をはじめよう!東京圏のおすすめ12店

カフェのモーニングで一日をはじめよう!東京圏のおすすめ12店

カフェなどで、朝の営業時間にのみ提供されるメニュー「モーニング」。多くのビジネスパーソンがモーニングを利用しています。

一日の始まりをいつもと違う環境で過ごすことで、リフレッシュできたり、仕事のモチベーションをアップしたりできます。仕事の前にカフェへ立ち寄るために、いつもより早く起床するので、時間を有益に使えるという人も。

せっかくモーニングを利用するなら、気分がアガるカフェを選びたいもの。ここでは、東京とその周辺にあるおすすめのカフェを紹介します。食べたいモノやライフスタイルに合わせて、お気に入りを探してみてくださいね。

1.パンがおいしいカフェ3選

ふだんは和食がメインという方でも、朝はパン派という方は多いかもしれません。手軽に食べられるパンは、何かと忙しいビジネスパーソンの朝食にぴったりです。
パンが食べられるカフェは多々ありますが、その中でも特にパンがおいしいと評判のモーニングメニューがあるお店をピックアップしました。

1-1.シンプルなトーストが自慢『フェブラリーカフェ』浅草

画像出典:『フェブラリーカフェ』

浅草の路地裏にある小さなお店『フェブラリーカフェ』。ここでの人気メニューは『朝パンセット』です。一見、トーストにバターを載せただけのシンプルなメニューですが、パンもバターも美味しさの秘密があります。

パンは、朝から行列ができるほど人気の老舗パン屋『パンのペリカン』の食パンをサクッとトーストしているのです。あつあつのパンの上には、クリーミーなカルピスバターが載っており、口の中でバターがじゅわっと広がります。

朝8:30から営業しているため、仕事の前の腹ごしらえや出張の合間に観光をするブレジャーで訪れるのもおすすめです。

<おすすめモーニングメニュー>
朝パンセット 680円
トースト:バターまたは、チーズ
ドリンク:ラテ、アメリカーノ、エスプレッソ、ティー、オレンジジュースのいずれか
※11:00まで

『フェブラリーカフェ』
住所:東京都台東区駒形1丁目9−8
電話番号:03-6802-7171
営業時間:8:30~18:00
定休日:年末年始
公式サイト(Instagram):https://www.instagram.com/february_cafe/

1-2.自然の中でパンをいただく『三橋の森カフェボスケ』さいたま市 

出典:『三橋の森カフェボスケ』

仕事に備えて頭をクリアにさせたいときは、緑に囲まれた『三橋の森カフェボスケ』のモーニングはいかがでしょうか。自然豊かな環境で朝ごはんを食べれば、青々とした木々からもエネルギーをチャージでき、新たなアイディアが湧きそうです。

同店はおいしいパンを作るために、それぞれのパンごとに合った素材選びをしていることも特徴です。種類によって、小麦粉の産地を変えるほどのこだわりよう。モーニングの後は、おいしいパンを取引先やオフィスへ差し入れても良いですね。

<おすすめモーニングメニュー>
ボスケ特製モーニングワンプレート 750円
おまかせパン3種・日替わりスープ・有機サラダ・お好きなドリンク
※10:30まで

『三橋の森カフェボスケ』
住所:埼玉県さいたま市大宮区三橋1-1331
電話番号:048-640-2533
営業時間:8:30~18:00
定休日:火曜日
公式サイト:https://bosquet.info/

1-3.焼きたてパンと卵料理が食べられる『パン焼き小屋 ツオップ』千葉

画像出典:『Zofp』 

『パン焼き小屋ツオップ』は、なんと毎日300種類ものパンを焼いています。お気に入りのパンを探すことが楽しみになりそうなパン屋です。

2Fのカフェでは、焼きたてのパンが食べられ、モーニングメニューは卵料理とパンの盛り合わせ、スープ、ドリンクがセットです。朝食に卵などのたんぱく質を摂取すると、集中力が高まる効果が期待できるので、大切な仕事の前にどうぞ。

<おすすめモーニングメニュー>
ZOPF Morning Set 1,300円
パンの盛り合わせ、スープ、卵のプレート料理、ドリンクのセット。
卵料理は以下よりチョイス
・半熟目玉焼きとベーコン
・キノコ入りトロトロオムレツ
・海老とオリーブのオムレツ
※10:00まで

『パン焼き小屋 ツオップ』
住所:松戸市小金原2-14-3
電話番号:カフェ047-727-3047/パン店047-727-3047
営業時間:7:00~17:00
定休日:3月23日、30日、4月6日、13日、20日、27日
(1Fのパン店は夏季休業以外、無休)
公式サイト:http://zopf.jp/

2.和食スタイルのカフェ3選

朝ごはんにお米が食べたいときもあるでしょう。お米はパンに比べて消化吸収に時間がかかるため、腹持ちが良いことが特徴です。午前中に打合せや会議があって、お昼までにお腹がすいてしまうかもと心配な方は、和食の朝ごはんでパワーチャージしてみてはいかがでしょうか。

2-1.味噌汁が主役の『MISOJYU』浅草

画像出典:『MISOJYU』

『MISOJYU』は、ふだんの食事では脇役になりがちな味噌汁をメインとしたお店です。角煮が入った豚汁やトマトを丸ごと入れた味噌汁など、具だくさんでボリュームいっぱい。豆乳でポタージュのように仕立てた洋風メニューもあり、味噌汁の魅力を再発見できそうですね。

味噌は、タンパク質や食物繊維など栄養素を豊富に含むパワーフードとして海外でも注目されています。海外の方とビジネスをする方は、味噌汁が話のネタになるかもしれません。

<おすすめモーニングメニュー>
朝ごはんセット 660円
味噌汁、おにぎり一つ、煮卵、お新香
※10:00まで

『MISOJYU』
住所:東京都台東区浅草1-7-5
電話番号:03-5830-3101
営業時間:8:00~19:00
定休日:-
公式サイト:https://misojyu.jp/

2-2.おにぎりで一日をスタート!『Onigily Cafe』目黒

画像出典:『Onigily Cafe』 

日本のソウルフードであるおにぎり。中に具を入れることで主食とおかずがこれ一つで食べられ、効率よく栄養補給ができます。

そんなおにぎりを専門としたカフェが、目黒にある『Onigily Cafe』。もっちりした粘りのある食感のお米がおいしいと人気のお店です。
仕事の前にしっかりエネルギーを摂っておきたいけれど、時間がないという方でも、『Onigily Cafe』なら、短時間で腹ごしらえができそうです。

<おすすめモーニングメニュー>
おにぎり朝食セット 550円
お好きなおにぎり2個、ピリ辛きゅうり、味噌汁(+200円でドリンク追加)
※11:00まで

『Onigily Cafe』
住所:東京都目黒区中目黒3-1-4
電話番号:03-5708-5342
営業時間:8:00~16:00
定休日:不定休
公式サイト:http://onigily.com/onigily-cafe/

2-3.住宅街の中の落ち着いたカフェ『栄久』吉祥寺

仕事でプレッシャーやストレスを感じているときは、吉祥寺の井の頭公園裏手にある『栄久(えく)』のモーニングに心が癒されるかもしれません。

土鍋でふっくら炊いたごはんに自家製味噌を使った味噌汁、おかずが数品……と「実家で食べるごはん」がイメージできそうなメニューが食べられます。

心温まる雰囲気のカフェで、ゆっくり朝ごはんをいただけば、どんな状況であっても上手く乗り越えられる心の余裕が生まれそうです。

<おすすめモーニングメニュー>
朝ごはん 1,200円
土鍋で炊いたご飯、味噌汁、おかず4~5品 
※おかずは時期によって異なる
※11:00まで

『栄久』
住所:東京都三鷹市井の頭4-26-7 平山荘 102
電話番号:-
営業時間:8:00~
定休日:-
サイト(食べログ):https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13201824/dtlmenu/photo/

3.健康管理にぴったりなカフェ3選

体調を崩さないよう気を付けるだけでなく、いつでも最高のパフォーマンスができるよう、体調管理を万全にしたいというビジネスパーソンは多いでしょう。
朝ごはんを食べると体温が上昇し、脳の動きも活発に。健康的なものを食べれば、さらに良い仕事ができそうです。そこで、健康的なカフェを紹介します。

3-1.集中力を継続させたいときに!『SAIKYOU no BUTTER COFFEE 池袋店』

仕事で力を発揮したいときは、『SAIKYOU no BUTTER COFFEE 池袋店』のバターコーヒーがおすすめ!

バターコーヒーとは、バターと体内ですぐにエネルギーとなるMCTオイルを加えたコーヒーです。満腹感を持続させ、血糖値の上昇を防ぐため、集中力の低下や眠気を防ぎます。コーヒーだけでも満腹感を得られるため、ダイエットの手助けもしてくれるでしょう。

コーヒーが苦手な方は、バタールイボスティーやバター紅茶をどうぞ。

<おすすめモーニングメニュー>
モーニングAセット ドリンク650円~
バタ―コーヒー/バター紅茶/バタールイボスティー/カフェインレスバターコーヒーに、
+110円で無農薬野菜のミニグリーンサラダ付(LINE会員特別価格あり)
※平日12:00まで

『SAIKYOU no BUTTER COFFEE 池袋店』
住所:東京都豊島区東池袋1-15-3
電話番号:03-5954-3194
営業時間:平日8:30~20:00 土日祝11:00~20:00
定休日:-
公式サイト:https://www.buttercoffee.shop/menu/ikebukuro/

3-2.ヨガもできる『~magari~ 糠漬けカフェ』九品仏

画像出典:『~magari~ 糠漬けカフェ』提供 3食限定!朝食セット

自家製味噌を使った料理とオーガニックワインが楽しめるカフェ『nonohito』の営業前に、お店を借りてモーニングを提供しているのが『~magari~ 糠漬けカフェ』。

胃腸改善に効果が期待できる「還元水」で炊いたごはんや手作りの糠漬けなど、健康的な朝ごはんが食べられるだけでなく、モーニング営業前に朝ヨガのレッスンも開催しています。ヨガレッスンは参加者に寄り添ったていねいな指導が好評なのだとか。

ヨガで心と身体を整えてから朝ごはんを食べれば、満腹でも頭がクリアとなり、仕事で力を発揮できるでしょう。

<おすすめモーニングメニュー>
3食限定!朝食セット 900円
手作り糠漬け、けんちん汁、還元水炊き米、こだわり卵、ハンドドリップコーヒー

『~magari~ 糠漬けカフェ』
住所:世田谷区奥沢8-31-6大友ビル1階
電話番号:-
営業時間:9:00~12:00
※ヨガレッスンがある日は9:30~
定休日:月,火、水、日
公式サイト(Instagram):https://www.instagram.com/magari_nonohito/

3-3.オーガニックな朝ごはんなら『KNETEN』茗荷谷

画像出典:『KNETEN』 

茗荷谷のカフェ『KNETEN(クネーテン)』で大切にしていることは、良い素材を使うこと。同店で使っている食材はオーガニックで国産。さらに農家から新鮮な野菜や果物を仕入れたり、生産者が適正な利益を得られるフェアトレードの商品を使用したりと素材選びにも力を入れています。

フレッシュな食材やオーガニック野菜は、より栄養価が高い傾向にあります。朝から栄養をちゃんと摂れていれば、身体も心も安定し、より質の高い仕事ができそうですね。

<おすすめモーニング>
グラノラセット 1,030円
コーヒー、紅茶、ルイボスティーのいずれかが付きます。
※11:30まで

『KNETEN』
住所:東京都文京区白山3-2-4 1階
電話番号:03-6912-0415
営業時間:7:30~19:00
定休日:毎週火曜 月曜日不定休(夏季・冬季休暇あり)
公式サイト:https://www.kneten.jp/

4.出張時に便利なカフェ3選

取引先訪問や現地調査、支店との会議など、出張では重要な仕事をしなければならないでしょう。また、朝早く家を出なければならず、自宅で朝食を食べられないことも。だからこそ出張先での仕事に備えて、朝ごはんをしっかり食べたいものです。

出張前の移動時間に効率よく朝ごはんを食べられるよう、空港と新幹線発着駅、アクセスの良い駅周辺にあるカフェをご紹介します。

4-1.滑走路を眺められる『羽田トラベラーズコーヒー』羽田空港

画像出典:『ISETAN HANEDA STORESTORE』

搭乗前の時間を有効活用できるのが『羽田トラベラーズコーヒー』です。世界中のコーヒー農園を渡り歩いたコーヒーハンター・川島良彰氏のオリジナルブレンドが看板メニュー。

店内の大きな窓からは滑走路が広がるので、コーヒーを飲みながら景色を眺めれば、「これから飛行機にのって飛び立つ」というワクワクした気分になれそうですね。
Wi-Fiや電源が使えるので、朝ごはんを食べながらPCが見たいというときに便利。

<おすすめモーニングメニュー>
トラベラーズブレンドコーヒー(サイフォンドリップ) 550円

『羽田トラベラーズコーヒー』
住所:羽田空港国内線第1ターミナル搭乗ゲート内
電話番号:03-5757-8700
営業時間:8:00〜19:00
定休日:-
公式サイト(Instagram):https://isetan.mistore.jp/store/other/haneda/men_lounge.html 

4-2.おいしいコーヒーを飲むなら『Caffe LAT.25』成田空港・羽田空港

『Caffe LAT.25』は、創業60年の老舗ロースターであり、コーヒーの販売も手掛ける『M.M.C 三本珈琲』が運営するカフェ。
こちらも、コーヒーがおいしいことで知られています。

コーヒーの香りには脳を刺激し活性化する効果があるので、出張前にぴったりです。
朝早いフライトで、身も心もぼんやりしていても、しっかり目覚められるでしょう。

成田空港のほか羽田空港(第1ターミナル)、新幹線が発着する品川駅と新横浜にも店舗があるので、新幹線や飛行機を利用するときに知っておくと、すぐに朝食を食べられ、便利です。

『Caffe LAT.25』
住所:千葉県成田市三里塚御料牧場1番地1 成田国際空港第1旅客ターミナル 北ウイング1階
電話番号:0476-32-7882
営業時間:7:00~21:30
定休日:なし
公式サイト:https://lat25.jp/#section-shop

4-3.24時間営業の『珈琲貴族エジンバラ』新宿

カフェというより喫茶店という言葉がぴったりな雰囲気の『珈琲貴族エジンバラ』。サイフォンコーヒーやトーストといった、オールドスタイルなモーニングが楽しめます。モーニングの珈琲はお替り自由。仕事前の朝時間をのんびり過ごせますね。

さらにうれしいのが、24時間営業であること。早朝だけでなく、終電を逃してしまったときにも便利です。

<おすすめモーニングメニュー>
トーストパンセット 
トースト、目玉焼き、サラダ、ドリンク、バニラアイスのセット
※料金は店舗に要確認
※11:30まで

『珈琲貴族エジンバラ』
住所:東京都新宿区新宿3-2-4 新宿M&Eスクエアビル2階;
電話番号:-
営業時間:24時間
定休日:-
公式サイト:https://edinburgh.jp/ 

カフェのモーニングは多種多様!気分や目的に合わせて使い分けよう

洋食や和食の朝ごはん、健康的なメニューなど、カフェのモーニングはさまざま。仕事の状況や気分に合わせて立ち寄るカフェを選んでみてはいかがでしょうか。
リラックスしたいときは心温まるカフェへ、集中力をあげたいときはコーヒーがおいしい店へなど使い分ければ、朝時間がさらに充実しそうです。
仕事のパフォーマンスを上げられるよう、カフェのモーニングを取り入れてみてくださいね。東京中心にその近郊も紹介しましたので、東京出張や観光の際にも、ぜひお立ち寄りください!

文:カワムラルイ
編集:松本 有為子(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
世界の朝ごはんを覗き見!習慣や風土が見えてくる食事12選【アジア・オセアニア】
ホテルでテレワーク!リモートワーカー向け東京都内の個性派ホテル8選
東京駅周辺のラウンジを使いこなそう!ビジネスマン向け情報まとめ

【ANA×BTHacks共同企画!】

CTA-IMAGE

【ANA×BTHacks共同企画!】
FLYING HONU運航再開後のハワイの今!ANA現地スタッフにインタビュー



コロナ禍による運休から、2年4ヶ月ぶりに定期便運航が再開した、
エアバスA380型機「FLYING HONU」で行く成田=ホノルル便。
その再開により、ホノルル現地ではどのような変化が訪れているのでしょうか?
ANAホノルル支店と、ホノルル市内にあるマハロラウンジを取り仕切る
ANAセールスアメリカズ ホノルル支店の皆さんに、現地のリアルな様子を伺いました。

お土産・グルメカテゴリの最新記事