ゼンハイザーから新たなビジネス向けヘッドフォンがデビュー!

アメリカへの海外出張で役立つアプリ6選

アメリカへの海外出張で役立つアプリ6選

アメリカと日本は治安やさまざまな事情が異なっているため、海外出張に出かけた際には戸惑うことも少なくありません。アメリカ出張に出かける際には、現地での行動を視野に入れたアプリを知っていると便利です。この記事では、アメリカ出張をする予定のビジネスマンを対象に、現地に住む人にもよく使われているアプリを6つ紹介します。

Google Mapで治安の悪いエリアを事前にチェック

アメリカを旅行して戸惑いがちなことは、日本とアメリカの番地の付け方の違いです。また、アメリカには治安の悪い地域があります。目的地を探して歩き回った挙句、目的地が見つからないだけでなく治安の悪い地域に迷いこんでしまうと大変です。Google Mapがあれば、目的地への行き方を分かりやすく表示させることができます。

目的地があらかじめ決まっている場合は、地図をダウンロードしておくと、オフラインでも地図を出すことができて便利です。ただし、携帯電話の画面を見ながら歩いていると、スリに遭う可能性があるため注意しましょう。

アメリカに海外出張に出かける前に、治安の悪い場所はどこかを予習しておくと良いです。また、タクシーやUber(ウーバー)に乗る場合に、運転手が目的地への最短ルートを取ってくれるとは限りません。Google Mapをダウンロードしておけば、危険な場所に連れて行かれそうになっていないか、正しいルートを通っているかをチェックすることもできます。

レンタカーを自分で運転するときに役立つWaze(ウェイズ)

アメリカでレンタカーを借りて運転するときに便利なのがWaze(ウェイズ)です。Waze(ウェイズ)は、渋滞情報や事故情報を始めとした道路情報をユーザー同士がコミュニティで共有します。そのため、現在の道路状況をいち早く知ることが可能です。一般的なカーナビを更新するには更新データの購入が必要ですが、Waze(ウェイズ)なら常に最新の道路情報を表示できます。

警察の取り締まりを行っている場所の通知や事故情報に至っては事細かに表示されるため、渋滞している場所を避けてう回路に進むことが可能です。そのため、このアプリは警察にも嫌われています。また、下道を使うルートとハイウェイを使うルートのどちらが早いのか、安いガソリンスタンドはどこかという情報も得ることが可能です。このアプリを使用すると、電池の消耗が激しいのがデメリットといえます。しかし、車の中で使うのであれば、充電しながら使えるため問題はありません。

ダウンタウンの駐車場の予約もできるParkWhiz(パークウィズ)

ParkWhiz(パークウィズ)は、駐車場の検索ができるアプリです。ダウンタウンに車で乗り入れたときに困ってしまいがちな駐車場探しの手助けをしてくれます。ParkWhizの良いところは、あらかじめ駐車場を予約しておくことによって駐車料金が通常よりも割安になるサービスを受けられる点です。予約できれば、空いている駐車場を探しながら運転する面倒さからも解放され、時間的にも節約になります。

チップの習慣があるアメリカで便利なTipcheck(チップチェック)

日本ではあまりなじみがないものの、アメリカにはチップを支払う文化があります。レストランで食事をしたときやタクシーに乗車したとき、ホテルのスタッフなどに支払わなければなりません。日本では支払う習慣があまりないことと、ガイドブックなどを見てもチップの金額には幅があるため、実際にいくら支払えば良いのか戸惑いがちです。Tipcheck(チップチェック)では、実際にどれくらいのチップが必要なのか相場なども分かるため、割り勘で食事をするときなどにも便利に使えます。

タクシーより支払いがスムーズな配車サービスアプリ

アメリカに住む人からの利用が増えているのが、Uber(ウーバー)やLyft(リフト)と呼ばれている配車サービスです。スマートフォンを用いることによって、今いる場所に数分で配車してもらうことができます。

行き先はアプリであらかじめ設定されているため、遠回りをされることもありません。料金も、一般のタクシーと比べて安いのが特徴です。空港への送迎や複数人でお酒を飲みに行くときなどに気軽に使えます。支払いは、登録しているクレジットカードで行うことができるため、クレジットカード払いを嫌がられることが多いタクシーよりも使いやすいです。チップは車を降りた後に任意で払えます。地域によってサービス展開をしている場合としていない場合があるため、両方のアプリをダウンロードしておくと良いです。

レストラン以外の評価も確認できるアメリカ版食べログYelp(イェルプ)

食事をするお店を探したいときに便利なアプリがYelp(イェルプ)です。Yelp(イェルプ)は、言うなればアメリカ版食べログという立ち位置になります。

掲載されているのはレストランだけではなく、観光スポットや美容院、法律事務所など、さまざまなローカルサービスがレビュー評価の対象です。地域や料理の種類、価格などから検索することができます。時間や曜日を指定して営業しているお店を探すことができる機能もあり、ランチやディナーの合間の中途半端な時間にレストランを探したいときに便利です。Yelp(イェルプ)のサイトからオンライン予約もできるため、電話をかけることをためらってしまう人も気にせず予約ができます。また、デリバリーも頼むことができるため、ホテルから出ずに美味しい食事をしたいときに便利です。

アプリは出張前にダウンロードしておこう

アメリカ在住の人にも多く使われており、アメリカに海外出張に出かけるときに役に立つアプリを紹介しました。実際現地に行ってどのような行動を取るのか、行動範囲はどこなのかによって、必要となるアプリは異なります。出かける前に必要になりそうなアプリをダウンロードしておけば、現地で迷わず快適に過ごすことができるでしょう。

SENNHEISERからビジネス向けヘッドフォン新発売!

CTA-IMAGE 音楽制作現場や映画製作現場などのプロフェッショナル用途にも多く用いられているドイツの音響機器メーカー“ゼンハイザーから新しく、ビジネス向けのヘッドフォンが新発売! 使ってビックリの出張おすすめグッズ。レビュー付きでご紹介します。 プレゼントキャンペーン企画中!

タビナカカテゴリの最新記事