海外出張の持ち物を減らしたい!日数別スーツケースパッキング術

海外出張の持ち物を減らしたい!日数別スーツケースパッキング術

仕事をしていると、海外出張の機会がでてくるかもしれません。行き先にもよりますが、やはり気になるのは持ち物の量ではないでしょうか。仕事に必要なものはもちろん、プライベートの荷物はなるべく抑えたいところです。そのためには、コンパクトなスーツケースのまとめ方を知ることが大切ですよね。ここでは、可能な限りスムーズに移動するためのスーツケースパッキング術について解説します。

海外出張に必要な持ち物は?

海外出張時の持ち物はなるべく減らすことが理想的です。
そのためには、持っていくものを具体的に把握しておきましょう。用意すべき持ち物は行き先をはじめ、業種や目的に応じても異なってきます。また、電化製品の使用には変換プラグなどが不可欠です。

・ビジネスバッグ
出張時の持ち物としてビジネスバッグは定番。仕事道具が入るほか、飛行機に手荷物として持ち込めるサイズを選ぶことが大切です。なお、手荷物の重さやサイズは航空会社によっても異なるため、事前に確認しておきましょう。

・システム手帳やデバイス
ビジネスマンの必須アイテム。システム手帳はもちろん、パソコンやWi-Fiなどを持ち歩く人が一般的です。
ただし、移動中は充電が難しいため、出掛ける前に充電するほか、予備のバッテリーがあると安心です。そのためには、変換プラグだけでなく変圧器が必要な場合もあります。

・仕事に必要な書類や資料
これらはビジネスシーンで不可欠ですが、持ち物が増える原因にもなります。
出張先で印刷が可能なら、紙資料は現地での作成をおすすめします。資料はデータ化してパソコンに入れるほか、オンラインストレージへの保存を検討しましょう。

・着替え
ビジネスシーンで清潔な印象は欠かせません。下着やシャツ(ブラウス)、靴下などの着替えが必須ですが、枚数に予備があると安心できます。
滞在日数によっては、スーツの予備も持っていきましょう。取引先のパーティーなどへの出席が予定されている場合は、ドレスコードに即した衣服の用意も必要です。

・歯ブラシなどアメニティグッズ
「こだわり」がある人は、歯ブラシなどを持っていくとよいでしょう。
ただし、飛行機に乗る際(機内持ち込み、預ける荷物いずれも)に制限があるため注意が必要です。ヘアケア用品やスキンケア用品、オーラルケア用品など水分を含むものは1容器当たり0.5Lもしくは0.5kg、しかも、1人につき合計2Lもしくは2kgまでなどの制限付きです。
詳細は航空会社によって異なるため事前に確認しましょう。

・ドライヤー
普段から使っているドライヤーがあったほうが安心です。そのためには、変圧器や変換プラグの持参が必要になります。

・寝間着やスリッパなど
これらは、ホテルに用意されることが多いですが、お気に入りの寝間着やスリッパなどを用意してもよいでしょう。

・パスポート、ビザ、財布など
これらは海外出張の必需品です。初めて渡航する人は早めにパスポートの発行手続きをしておきましょう。滞在先によってはビザも必要になります。
また、財布やクレジットカードなどの用意もお忘れなく。クレジットカードは身分証明としても役立ちます。

2泊3日の場合のパッキング術

2泊3日の出張では持ち物を最小限に抑えることが可能です。
最低限必要な持ち物はビジネスバッグに収納しましょう。
仕事道具(システム手帳やデバイス、必要書類など)、貴重品(パスポートやビザ、財布など)、身のまわり品(ハンカチ、ティッシュなど)が挙げられます。
下着、靴下(またはストッキング)、シャツ(またはブラウス)などの着替えは、それぞれ2~3枚ずつ必要です。シワになりにくい素材を選ぶと安心です。
また、スーツの予備があるとよいでしょう。同じスーツを2日以上連続着用すると傷みやすいほか、見た目の印象もよくないからです。

スーツケースに衣類を収納するときは、最初にスーツの場所を確保することがポイントです。
また、現地のホテルに着いたら、すぐにスーツを取り出してクローゼットに掛けておきましょう。

スーツのジャケットをたたむときは、袖と肩を半身だけ裏返しにしたうえで、もう片方(裏返しにしていない方)の袖を通します。
ジャケットの襟を伸ばし見頃を重ね、脇の縫い目に沿って背中の生地を織り込みます。
そのとき、内側にシャツやタオルを入れることがポイント。
シャツなどがクッションの役目を果たすため、ジャケットの深いシワを防ぐためにも役立ちます。
パンツ(ズボン)やスカートをたたむときも、シャツなどをクッションにするとよいでしょう。
また、よれないように注意することが大切です。

アメニティグッズは宿泊先のものを使うことで持ち物を減らせます。
そのためには、宿泊先にどのようなものがあるのか事前確認が欠かせません。
もし、化粧水などのスキンケアグッズを持っていくときは、トラベル用のものを購入するか、小さな容器に詰め替えておきましょう。

3泊4日の場合のパッキング術

3泊4日になると着替えの衣類などの量が少し増えます。
ただし、最低必要な持ち物は2泊3日の場合と同じですので、これらはビジネスバッグに収納しましょう。
また、着替えの衣類は、シワになりにくい素材選びに注意しながら、それぞれ3~4日分用意することが大切です。
そのうえでスーツは予備を1着用意することがポイントです。

なお、スーツケースへのパッキング方法などは2泊3日のときと同様になります。

アメニティグッズは宿泊先のものを使用するのが理想的です。
ただし、肌に合わない場合もあるため持っていったほうが安心です。化粧水などは2泊3日と同じ方法で用意する方法があります。
また、必要な日数分をコットンに含ませたうえでジッパー付きビニール袋に小分けすると、さらに持ち物の減量に役立ちます。

4泊5日の場合のパッキング術

ビジネスバッグに収納する持ち物は、2泊3日や3泊4日と同じです。
下着をはじめ、着替えの枚数は、それぞれ4~5枚にするとよいでしょう。シワができにくい素材を選んだうで、くるくる巻いてたたむのがカサを低くするポイントです。
また、宿泊先でコインランドリーなどを利用して洗濯すると着替えの量を抑えられます。
なお、圧縮袋を利用すると持ち物のカサが減らせますが、帰国時には使えない可能性もあるため注意しましょう。

スーツは3泊4日と同じく、予備が1着あれば着回しが可能です。ちなみに、スーツの扱いは、2泊3日や3泊4日と同様になります。

出張日数が増えると、アメニティグッズの量も増えてきます。そのため、できるだけ宿泊先のものを活用して持ち物を抑えましょう。

なお、日頃から出張が多い人や滞在日数が長引く人は、出張用の衣類やアメニティグッズを別に用意しておく方法があります。
そうすることで、出張の都度、持ち物選びに悩まなくても済むかもしれません。特に、海外出張の機会が多い人は、出張用のグッズがあると役立つことが多いのではないでしょうか。
衣類選びに際しては、軽量でシワになりにくいもの、乾きやすいものを選ぶことがポイントです。

現地調達をするという方法もある

海外出張のときは、渡航先によって必要なものが変わることを知っておきましょう。
また、日本から持っていっても使えないことも少なくありません。そのため、最低限のものだけ用意していき、あとは現地で調達することも持ち物を減らすポイントになります。

旅行グッズ

旅行用品を手軽にそろえるなら「たびきゅーと」が便利です。
何を買えば良いか迷ったときは月間ランキングをチェック!
人気のスーツケースや、あると便利な旅行用品や街歩きに使えるバッグなど、売れてる商品がひとめでわかる。
あとで「ああ、あれを持ってくればよかったな・・・」なんて後悔しないようしっかり準備しましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

『たびきゅーと』の公式サイトはこちら

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビマエカテゴリの最新記事