空港ラウンジを上手に活用!海外出張のフライト待ち時間を快適に

空港ラウンジを上手に活用!海外出張のフライト待ち時間を快適に

海外出張では、仕事に対する緊張感でいっぱい、さらに長い時間飛行機の座席でじっと座っていると、心身ともに疲れてしまう人もいるでしょう。そんな方に、海外出張で活用していただきたいのが空港ラウンジです。搭乗前にリラックスしておけば、疲れ方も違うはず。集中してPC作業をしたいという人にもぴったりです。ここでは、空港ラウンジの魅力や使いこなすコツを紹介してきます。

ラウンジ利用でフライトの待ち時間を有効活用

海外出張の際、セキュリティチェックや出国審査が終わり搭乗までの時間が余ってしまうことはありませんか? そんなときは、搭乗時間までゲート付近にあるベンチに座って待つ人が多いでしょう。

しかし搭乗ゲートは、飛行機を待つ人で混み合い騒がしく、落ち着かないこともあります。そこで、快適に過ごしたい方や集中したいときは空港ラウンジの利用がおすすめです。

空港ラウンジは、定められた条件を満たせばフライト前に利用できる待合室のこと。食事やドリンクが楽しめ、落ち着いた静かな環境でゆっくりくつろぐことができます。食事はその国の名物や有名レストランとのコラボレーションの料理を提供していることもあり、空港内のレストランに行くよりもおいしい食事を楽しめるチャンスが!また、バーカウンターでバーテンダーが目の前でお酒を作ってくれるラウンジもあります。

ラウンジは集中して仕事をしたい人にぴったりの場所です。電源、Wi-FiなどPC作業に必要な設備が揃い、ラウンジによってはワーキングスペースが併設されています。静かな環境で集中して仕事ができるでしょう。

中には、シャワーがあるラウンジもあります。空港の誰でも使える無料シャワーと異なり、タオルが付き、アメニティが充実しているなど快適に利用できます。

2種類ある空港ラウンジを条件に合わせて使い分けよう

空港ラウンジには2種類あります。一つは航空会社が運営するラウンジ、もう一つはクレジットカード会社が運営するラウンジです。利用条件や特徴が異なるので、それぞれの違いを見ていきましょう。

2-1.上位クラス搭乗なら利用可能!ゆったりくつろげる航空会社ラウンジ

JAL、ANAなど航空会社が運営するラウンジで、アルコールを含む飲み物、食事がすべて無料で楽しめ、座り心地の良いソファ、スタイリッシュな内装などとても居心地の良い空間です。

さらに、ファーストクラス搭乗者や航空会社の最上級会員(例:JALやANAのダイヤモンド会員)のみ利用可能なラウンジでは、職人が目の前で寿司を握ってくれたり、靴磨きをしてもらえたりとさまざまなサービスが受けられます。

≪利用条件≫
利用にあたり、以下のうちどちらかの条件を満たしていることが必要。
・プレミアムエコノミー、ビジネスクラス、ファーストクラス搭乗者
・航空会社の上級会員
※一人または複数人の同伴者も、無料または有料で利用可能な場合あり。

参考:GQ Japan「謎多き“JALファーストクラスラウンジ”は驚くほど快適&美味だった!」
https://www.gqjapan.jp/lifestyle/article/20191209-jal-first

2-2.エコノミー搭乗でも利用可能!クレジットカード会社提携ラウンジ

クレジットカード会社提携ラウンジは、ソフトドリンクは無料ですがアルコールや食事が有料であることがほとんどです。スペースも航空会社ラウンジほど広くなく、ゴージャスさはありません。

≪利用条件≫
国内:ゴールドカード以上のカード保有者
海外:一部のゴールドカード以上保有者または、プライオリディ・パス保有者
※一人または複数人の同伴者も、無料または有料で利用可能な場合あり。
(カード会社によって条件は異なる)

注意点は、国内のクレジットカードは海外のラウンジ利用ができないことが多いこと。そこで、海外の空港でラウンジを利用したい人はプライオリティ・パスを持っておくと便利です。プライオリティ・パスとは世界にある1300以上のラウンジに入れる有料サービスのこと。年会費を支払えば、ラウンジ利用ができるしくみです。

≪プライオリティ・パスの会員種類≫
プライオリティ・パスの会員種類は3つ。ラウンジの利用頻度に合わせて種類を選べます。頻繁に海外出張に行き、ラウンジを利用する場合は「プレステージ」、利用は年に10回以下なら「スタンダード・プラス」または「スタンダード」を選ぶなど、出張頻度に合わせて選ぶと良いでしょう。

会員種類 年会費 ラウンジ利用料 同伴者利用料
スタンダード 99USD(10,645円) 32USD(3,440円) 32USD(3,440円)
スタンダード・プラス 299USD(32,151円) 無料利用10回までその後の利用32USD(3,440円) 32USD(3,440円)
プレステージ 429USD(46,130円) 無料 32USD(3440円)

※日本円は2020年7月時点のレートで換算
プライオリティ・パス公式サイト:https://www.prioritypass.com/ja

2-3.プライオティ・パス非会員でもラウンジ利用が可能になる方法

【プライオリティ・パスを入手する裏ワザ】
ゴールドカード以上の場合、特典としてプライオリティ・カードに加入できるものがあります。
プライオリティ・パスの年会費よりもクレジットカードの年会費が安いことがあるので、うまく選べばとてもお得です。

参考サイト:価格.com「プライオリティ・パス付カード」
https://kakaku.com/card/menu/prioritypass/

中でもお得なのは「楽天プレミアムカード」。プライオリティ・パスのプレステージ会員同等のサービスが受けられるプライオリティ・パスを無料で発行してもらえます。楽天プレミアムカードの年会費は11,000円、プライオリティ・パスのプレステージ会員の年会費の約4分の1の価格です。そのため、プライオリティ・パス目的で楽天プレミアムカードを契約する人も多いと言われています。

楽天カード公式サイト:https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/

【海外のラウンジが利用できるダイナーズクラブカード】
プライオリティ・パスがなくても「ダイナーズクラブカード」を持っていると、国内外1,000ヶ所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。さらに、ビジネスクラスの利用、または航空会社の上級会員でなくても、航空会社のラウンジが利用できる空港もあるので、フライトの待ち時間をゆったり過ごしたい人におすすめのカードです。

ダイナーズクラブカード公式サイト:
https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/dinersclubcard.html

≪利用可能ラウンジ検索アプリ「Lounge Buddy」≫
自分の保有しているクレジットカードやプライオリティ・パス、航空会社の会員資格を入力しておくと、空港でどのラウンジを利用できるか教えてくれるアプリです。海外出張前に調べておくと便利ですね。
App store:
https://apps.apple.com/us/app/apple-store/id674176920
※対応機種:iPhoneのみ
※androidの場合は以下サイトより検索・予約をLoungeBuddy 公式サイト
https://www.loungebuddy.com/

3.ユニークなサービスが魅力!一度は使ってみたい個性派ラウンジ

海外には、他にはないユニークなサービスで話題になった空港ラウンジもあります。中でも、海外出張で使えるラウンジを3つピックアップしました。

3-1. 無条件で誰でも利用できる!台湾の桃園国際空港の無料ラウンジ Airport Experience Zone(臺灣桃園國際機場第一航廈 機場體驗區)

台湾の桃園国際空港には、飛行機はエコノミー、ゴールドカードやプライオリティ・パスを持っていないという人でも使えるラウンジが存在します!
広々とした空間に座り心地の良いソファが並び、中には仮眠を取る人も。テーブルにはUSBポートや電源が充実しているので、ワーキングスペースとしても使えます。*1シャワーは一人15分までと利用時間が決められていますが、*2ボディソープ、シャンプー、ドライヤー完備で飛行機に乗る前に汗を流せます。

深夜・早朝便で回りのお店が営業していないときにも、このラウンジが使えます。有料ですが、23:00~翌朝6:00の間に食事を提供しています

*1利用はPLAZA PREMIUM LOUNGEにて受付(利用は有料)
*2タオルは置いていないため、用意が必要

場所:ターミナル1 管制区域4階

※位置は「淋浴室(シャワーの意味)」と記載の場所。
※各航空会社ラウンジのあるエリアに位置している。案内板には場所の名前は記載されず、「トイレ・授乳室・シャワー」のアイコンが表示されているだけなので、注意

営業時間:24時間
利用対象者:全ての旅客が利用可能
空港公式サイト
https://www.taoyuan-airport.com/main_ch/index.aspx

3-2.ヨガでパワーチャージ! 香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ピア


出典:キャセイパシフィック航空
https://www.cathaypacific.com/cx/en_BD/destinations/lounges/hong-kong-international-airport-lounges/the-pier/sanctuary.html

ヨガ好きや体を動かしたい人にはたまらないのが香港国際空港にあるラウンジ・ザ・ピア。ここには、「ザ・サンクチュアリ・バイ・ピュア・ヨガ」というヨガスペースと瞑想スペースが併設されているのです。海外出張で疲れた体と頭を癒やせますよ。

ヨガを楽しめる「ザ・ボディ・サンクチュアリ」では、ヨガマット完備、ヨガインストラクターのレッスン動画を見ながら体を動かせます。軽い運動だけしたい方は、着替え不要、座ったままでできるストレッチコーナーでリフレッシュしましょう。

フライト前に瞑想で心を落ち着けたい人は「ザ・マインド・サンクチュアリ」へどうぞ。瞑想用のクッションに座り、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォンから流れる音声ガイダンスで瞑想状態に入れます。壁に映し出されるグラフィックを見つめて瞑想状態に入る「トラタカ瞑想」も体験できますよ。

場所:第1ターミナル6階 65番ゲート付近


営業時間:5:30~24:30(2020年7月現在閉鎖中)
利用対象者:
・キャセイパシフィック航空またはキャセイドラゴン空港のファーストクラス利用者(同伴者1名可)、同航空会社のビジネスクラス利用者(本人のみ)
・ザ・マルコポーロクラブのダイヤモンド会員(同伴者2名可)、ゴールド会員(同伴者1名)、シルバー会員(本人のみ)、グリーン会員でラウンジ・パス保有者
・カーゴ・クラン・エリートメンバーでキャセイパシフィック航空・キャセイドラゴン航空・ワンワールド航空いずれかで出発する場合(同伴者1名可)
・ワンワールドフリークエント・フライヤーのエメラルド会員(同伴者1名可)、サファイア会員でキャセイパシフィック航空・キャセイドラゴン航空・ワンワールド航空いずれかで出発する場合(同伴者1名可)

≪キャセイパシフィック航空公式サイト≫
https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/destinations/lounges/hong-kong-international-airport-lounges/the-pier.html#the-pier-sanctuary

≪香港国際空港公式サイト≫
https://www.hongkongairport.com/en/passenger-guide/airport-facilities-services/airline-lounges

3-3.サウナで汗を流そう!ヘルシンキ空港 フィンエアープラチナウイング

出典:フィンエアー公式サイト
https://www.finnair.com/jp/jp/information-services/at-the-airport/lounges

サウナ大国であるフィンランド。人口約550万人に対し、フィンランド国内のサウナの数は約300万個にも上るほどです。そんなフィンランドのヘルシンキ空港には、サウナを楽しめるラウンジがあります。

場所は、非シェンゲン協定エリアのゲート52付近にあるラウンジ「フィンエアープラチナウイング」。シャワーの利用も可能で、オーガニックのスキンケアグッズも揃います。サウナのロッカールームは男女別ですが、サウナは男女混浴。タオルを巻くか水着を着用して利用しましょう。フライト前に汗を流してデトックス、身も心もスッキリして帰国できそうです。

ラウンジの受付前にはマリメッコやムーミングッズが販売されています。おみやげを買い忘れたときにここで購入するのも良いでしょう。

参考:外務省ホームページ「フィンランド共和国 3.文化関係」参照
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/finland/data.html

参考:サウナ建設技師ペッカ・トミーラによる論文「フィンランドにおけるサウナ7世代」
https://www.sauna.or.jp/literature/pdf/ISC_paper05.pdf

参考:Exective Traveller「Finnair’s new Platinum Wing lounge at Helsinki has its own sauna」
https://www.executivetraveller.com/news/finnair-platinum-wing-lounge-helsinki

場所:非シェンゲン協定エリア ゲート50付近


営業時間:5:30~24:00
利用条件:
・出発便が同日中にシェンゲン協定非加盟国エリア発でワンワールド航空会社による運航の場合、フィンエアープラスのプラチナLumo会員(ゲスト4名同伴可)、フィンエアープラスのプラチナ会員(ゲスト1名同伴可)
・ワンワールドのエメラルド会員(ゲスト1名同伴可)

※新型コロナウィルスの影響によりシェンゲン協定非加盟国エリアのラウンジは臨時休業中
https://www.finnair.com/en/flight-information/fly-with-confidence

≪フィンエアー公式サイト≫
https://www.finnair.com/jp/jp/information-services/at-the-airport/lounges
≪ヘルシンキ空港公式サイト≫
https://www.finavia.fi/en/airports/helsinki-airport/airport/services-facilities/finnair-lounge-0

≪まとめ≫空港ラウンジの活用で、海外出張に向けエネルギーチャージ!

搭乗ゲートで過ごすよりも、より集中して作業をこなしたり疲れを癒やしたりしたいときは、空港ラウンジを利用したほうが有意義な時間となり得ます。海外出張に備えるためのエネルギーチャージの場と考え、利用してみてはいかがでしょうか? きっとベストコンディションで海外出張に挑めるでしょう。

文:カワムラ ルイ
編集:山﨑 梨恵(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
空港の検疫に関する基礎知識【新型コロナへの各国対応から学ぶ】
海外出張を楽に!飛行機の長時間フライトでも疲れにくい方法
フライト中に失敗しないための座席選び・基礎知識

【BTHacks × AIトラベル共催】第2回webセミナー開催!

CTA-IMAGE 出張解禁!それで、何をすればいいの?
〜アジアの現状、出張の感染対策や取るべき手続き、便利グッズについてご紹介します!〜


◆出張の価値を変える ビジネストラベル攻略サイト
 「BTHacks」×出張手配・管理自動化ツール「AI Travel」共同開催!
◆出張分野のリーディングカンパニー4社から、出張のスペシャリストが登壇。
〜アジアの現状、出張の感染対策や取るべき手続き、便利グッズについてご紹介します!〜
◆アジアの現状を交えて今行うべき、手続きや衛生対策、便利ツール・グッズをご紹介します!
◆カンボジア現地からの中継もあり!海外のリアルな現状をお伝えします。

タビマエカテゴリの最新記事