洗濯代行サービスを活用して時間を節約!出張で多忙なときもラクラク

洗濯代行サービスを活用して時間を節約!出張で多忙なときもラクラク


忙しい毎日の中で、洗濯をする気力や時間がないということはありませんか?
そんなときは、洗濯代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。洗濯のわずらわしさから解放されれば、気がラクになるもの。空いた時間で疲れを癒したり、仕事をしたりと時間も有効活用できます。

本記事では、忙しいビジネスパーソン向けに、洗濯代行サービスの選び方やおすすめ業者をまとめました。出張後や、とにかく忙しいときなど、ご自分の状況に合ったサービスを探してみてくださいね。

1.洗濯代行の特徴と選び方

洗濯と乾燥をし、きれいにたたんでくれる洗濯代行サービス。
欧米では普及しているサービスですが、日本でもここ数年で需要が拡大し、利用者も増えつつあります。
そのため、洗濯代行が気になっている方もいるかもしれません。
まずは洗濯代行サービスで何ができるか、またどのように選べばよいのか見てみましょう。

1-1.洗濯代行サービスいろいろ

多くの場合、 洗濯代行サービスのコースには以下の4つが含まれています。

≪洗濯代行サービスでできること≫

(1)洗濯物ピックアップ
(2)洗濯
(3)たたみ作業・アイロンがけ
(4)配送

サービスを依頼して、配送業者などに洗濯物を預けると、業者が洗濯・アイロンがけ・たたみを済ませ、自宅への配送までしてくれるというのが基本的な流れ。
中には、オプションで布団やスニーカーを洗ってくれたり、パンツの裾上げをしてくれたりするお店もあります。

1-2.洗濯代行サービスの選び方4つ

洗濯代行サービスは業者によって特徴がさまざま。
以下4つのポイントを踏まえて選べば、自分にピッタリの業者が見つかります。

(1)スピード
洗濯を依頼し出来上がるまでの日数は「最短●日」と書かれている場合が多いので、注意が必要です。
「●日後にこの服が着たい」というときなどは、余裕を持って利用するか、何日で完了するかをお店に確認しておきましょう。

(2)依頼方法
洗濯物を自宅やホテルでピックアップしてくれて、完了したら指定の場所へ届けてくれるという流れがほとんどです。
中には洗濯物をお店へ持ち込み、洗濯が終わったたら取りに行くと料金が安くなるプランもあるので、安く済ませたい方は確認してみましょう。

(3)容量と料金
洗濯物の容量によって料金が異なります。
どのくらいの量の洗濯物をお願いしたいか、事前にチェックしておきましょう。
洗濯物は約40Lまたは6~8kg程度から受け付けてくれるところが多く、これは1人分の洗濯物、約1週間です。

洗濯物を出すときに利用するランドリーバッグは、専用のものが無料または購入必須と業者によって異なります。
また、配送する場合は料金に配送料が含まれているかどうかも確認を。

(4)デリケート素材対応の可否
型崩れを防ぎたい、ウールのニットを洗濯する場合は、通常の洗濯だと生地が傷んだり、縮んだりしてしまいます。
そんな素材の衣類でも対応可能な専用コースを設けている業者を選びましょう。

洗濯代行と宅配クリーニングの違い

洗濯代行と同じように、衣類を集荷しクリーニング後、自宅などに届けてくれる宅配クリーニング。Tシャツや下着類などを洗う洗濯代行と異なり、コートやジャケットなど自分では洗うのが難しい衣類を扱います。

洗濯代行では洗濯物の容量によって料金が決まります。一方、クリーニングでは「コート1点〇円」「ワンピース1点〇円」など、衣類の種類によって金額が決まります。

2.出張中・出張後におすすめの洗濯代行サービス3選

出張が終わり帰宅したときに、溜まった洗濯物を見て憂鬱な気分になること、ありませんか? そんなときも洗濯代行が便利。
次に紹介するのは、空港や出張先で洗濯物を出せる出張者向けサービスです。

2-1.空港で洗濯物を出せる「Smart Traveler」(出張後)

空港で洗濯物をカウンターに持ち込めば、洗濯完了後に自宅に届けてくれます。
主要な国際空港の国際線到着ロビーに店舗があるで、海外出張のときでも使えます。

仕上がりまでは最短3日。クリーニング師の国家資格を持つ職人が洗濯し、乾いたら1枚1枚ていねいに手たたみしてくれるので、大切な衣類を預けても安心です。

「Smart Traveler」
・公式サイト:https://www.smart-traveler.jp/
・料金:4,980円~(容量30L)
・利用可能空港:成田国際空港第1旅客ターミナル/成田国際空港第2旅客ターミナル/羽田国際空港国際線ターミナル/関西国際空港第1旅客ターミナル/中部国際空港セントレア/福岡国際空港国際線ターミナル

2-2.出張先から洗濯物を出せる「ランドリーアウト」(出張後)

国内出張時に便利なのがこちら。
自宅からはもちろん、出張先のホテルで洗濯物を集荷し自宅へ配送してくれる上、日本全国どこからでも利用可能です。

集荷から配送まで最短24時間、朝8:00から9:00までの間にピックアップしてくれる「早朝便」があるので、忙しいビジネスパーソンにうってつけです。

デリケートな衣類専用コースやオーガニックコットンなど天然素材の衣類コースもあり、まさに至れり尽くせりです。

「ランドリーアウト」
・公式サイト:https://laundry-out.jp/
・料金:3,300円~ 持ち込みの場合は1,980円~ (目安:約40L)

2-3.東京への長期出張中に便利な「オーサムウォッシュ」(出張中)

東京都内へ長期出張するなら「オーサムウォッシュ」を利用してみてはいかがでしょう?
ウィークリーマンションやホテルで洗濯物をピックアップし、完了後には配送もしてもらえます。
近くにコインランドリーがない、洗濯物を乾かす場所がないといった長期出張のお悩みも解決できます。

対象エリアは東京都内一部の地域ですが、中心地はカバーしています。長期出張の際はぜひ利用してみてください。

「オーサムウォッシュ」
・公式サイト:https://awesome-wash.com/longstay/
・料金:4,100円(2回、デリバリー代金込み)/追加購入は2,500円

3.ニーズ別おすすめの洗濯代行サービス3選

生地が傷まないよう洗ってほしい、洗濯ついでにとれてしまったボタンをつけてほしい、逆に必要最低限のサービスだけでよいという方もいるでしょう。
ここでは、利用者のニーズに合わせて使い分けができる業者を紹介します。

3-1.大切な衣類を預けるなら「WASH&FOLD」

他人の洗濯物と一緒に洗ってほしくない、気に入っている服だからていねいに扱ってほしい。そんな方におすすめのサービスがこちら。

1バッグずつ個別に洗濯してくれ、他の利用客の洗濯物が混ざる心配ゼロ。
洗剤は環境と肌にやさしいEM洗剤を使用して洗濯、ガス乾燥器でふわふわに仕上げてくれます。
軽く圧縮して梱包してくれるので型崩れしやすい衣類も安心です。

早いだけでなく、細やかな配慮がなされたサービスです。

「WASH&FOLD」
・公式サイト:https://wash-fold.com/
・料金:2,750円~ 持ち込みの場合は1,650円~(目安:Tシャツ30枚分)
※初回のみランドリーバッグ550円別途必要
※店舗へ持ち込みも可能

3-2.洗濯以外も頼みたいなら「洗濯代行.comウォッシュフリーダム」

洗濯以外に、ボタン付けや裾上げ、シミ抜きなどのオプションが充実しているので、何かと便利。

洗濯はニーズに合わせて「洗うのみ」「アイロンのみ」「洗う+アイロン」…の3つのコースから選べます。
「洗うのみ」は、3点まで無料でアイロンをかけてくれます。アイロンを当てられない素材は、シワを蒸気で伸ばしてくれるので、デリケート素材の衣類でも安心です。

「洗濯代行.comウォッシュフリーダム」
・公式サイト:http://www.washfreedom.jp/
・料金:7,990円(洗うのみ、送料込み、目安:Yシャツ約40枚)
※3点まで無料でアイロンがけ

3-3.定期的に利用する人におすすめ「しろふわ便」

日常的に洗濯代行サービスを利用したいなら「しろふわ便」が使えます。月5回、8回、12回ずつ利用できる月額制で、追加オーダー(2,420円/1回)も可能。

朝10:00までに申し込めば、当日集荷。自宅にいなくても「玄関前に置いておく」「扉にかけておく」など、配送方法は柔軟に対応してくれます。

なかなか自宅にいられない、忙しいビジネスパーソン向けのサービスです。

「しろふわ便」
・公式サイト:https://www.shirofuwabin.jp/
・料金:10,780円(月5回)~/お試し会員2,420円(1回のみ)

最大1年間の預かりサービスがある宅配クリーニング「リコーべ」

クリーニング店へ持っていく時間がないときに便利なクリーニングサービスです。
ここの大きな特徴は、最大1年間の預かりサービスがあること。シーズンオフの衣類をそのまま預けっぱなしということが可能なので、クローゼットが狭い…という方にとってはうれしいですね。

「リコーべ」
・公式サイト:https://www.recobe.jp/lp202002/index.html

洗濯代行サービスを活用して自分の時間を持とう

洗濯代行で何よりも嬉しいのが、利用することで時間ができること。
今まで馴染みがなかった方も、忙しいときは、時間を買うつもりで洗濯代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか? 
「洗濯しなくちゃ」「洗濯していないから着る服がない」というストレスからも解放されます。
今まで洗濯に充てていた時間を、仕事に集中する時間にしてもよし、存分に休む時間にしてもよし。うまく活用してくださいね。

文:カワムラルイ
編集:松本有為子(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
海外出張便利グッズ20選!普段遣いもできるアイテムを選ぼう
海外出張後のもう一仕事! 報告書の作成に使えるテクニック&おすすめアプリ
出張疲れは早めに対策! 疲労を素早く回復するコツとおすすめアイテム

『今だから出来る!ニューノーマル時代のマニュアル出張改革』ウェビナーリポート

CTA-IMAGE
新型コロナウイルスの感染拡大による移動の自粛、会議のオンライン化などの要因で出張へ行く機会が少なくなりました。
しかし、このような時代だからこそ、改めて出張の価値について見直す良い機会です。
出張のスペシャリストの4名が登壇し、各々の切り口から、未来の出張について語ったウェビナーの様子をレポートします。

便利ツールカテゴリの最新記事