出張中の服装はどう選ぶ?レディースコーデと便利アイテムを紹介

出張中の服装はどう選ぶ?レディースコーデと便利アイテムを紹介

海外出張に持っていく洋服を選ぶとき、なかなか決まらないという方もいるのでは?
気候や文化が異なる国における服装は、いざというときに困らないよう、色々と持っていきたいところです。けれど、持っていく荷物にはどうしても限りがあるのが悩ましいところ。
そこで今回は、海外出張時のレディースコーディネートをスタイル別に紹介します。参考になる服装や、持っていくと便利なアイテムもご紹介しますので、海外出張の服装にお悩みの方は参考にしてみてください。

1.出張時の服装は3スタイルを基準に考えてみよう

出張中の服装を考えるとき。会議が多いのか、移動やリサーチが多いのか、公式な会議が多いのかなど、過ごし方によっても適切な服装は異なります。また、訪問する会社の雰囲気などによっても、選ぶ服装も変わってきますよね。

どんな服装がいいか迷ってしまうときは、カジュアル、ビジネスカジュアル、ビジネスフォーマルの3スタイルのどれがいいかで、考えてみてはいかがでしょうか。

1-1.基本として押さえておきたいビジネスフォーマル

スーツスタイルとも呼ばれるスタイルで、ジャケットにスカートもしくはパンツ、そして足元はハイヒールやパンプスなどを合わせます。スーツは黒や濃紺、グレー、ベージュなどが一般的ですが、海外では明るめの色のスーツを着る人も結構いるようです。

金融業界やコンサルティング業界の方や、商談や社外との打ち合わせ、カンファレンスなどの予定が入っている人はビジネスフォーマルが良いでしょう。

1-2.移動が多い人にもおすすめなビジネスカジュアル

上下揃いのスーツなどにする必要はないけれど、来客や親しい取引先への訪問時にも失礼にならない程度にカジュアルダウンしたスタイルがビジネスカジュアルです。

例えば、ボトムスにはスカートなら膝丈くらいのペンシルスカート、パンツならクロップドパンツを。トップスにはシャツやカットソーなどにカーディガンを羽織って、足元は歩きやすさ重視のパンプスなどを合わせるようなスタイルです。
移動や外回りが多い出張なら、先述したビジネスフォーマルスタイルも用意しつつ、こうしたビジネスカジュアルスタイルをメインにしても良いでしょう。

1-3.社風によってはOKなカジュアル

カジュアルスタイルとは、一般的に格式張らないリラックス感のある服装です。
ジーンズやスニーカーもOKというような、ラフな服装といえばイメージがつきやすいかもしれません。
とはいえ、海外出張で日本から初めて赴く会社の場合は、訪問先がカジュアルな社風だとしてもビジネスカジュアルの服装を持って行った方が無難でしょう。

2.海外出張時におすすめのレディースコーデ集

海外出張に持っていく服のコーディネートを考えるのは難しいという人向けに、実際に出張に適したコーディネート例をご紹介します。

ビジネスカジュアルとビジネスフォーマル、2つのスタイルを中心に、ぴったりなコーディネートをピックアップしました。ビジネスシーンにも馴染むおしゃれさんたちのコーディネート、ぜひ参考にしてみてください。

2-1.おしゃれできちんと感のある定番ビジネスフォーマルコーデ

フォーマルな場にも馴染むきちんと感のある、ビジネスフォーマルなコーディネートは、出張にも1セット持っていきたいところです。
定番だけどおしゃれ要素も取り入れているコーディネートをお手本にしてみましょう。

白テーラードジャケット×Vネックカットソー×黒クロップドパンツ

定番のアイテムを組み合わせたシンプルなコーディネートは、フォーマルな場で使えるだけでなく、他のアイテムと組み合わせて着回しできるメリットもあります。


画像出典:wear

こちらは全体をモノトーンでまとめたスッキリとしたコーディネート。
ハイヒールと鎖骨が見えるVネックで顔まわりはすっきり。女性らしさも演出され、ビジネスフォーマルのお手本のような仕上がりです。

ボウタイブラウス×膝丈スカート

シンプルなスカートスタイルも、合わせるブラウスで華やかさを演出すれば、フォーマルなシーンでも印象的な装いに。

画像出典:wear

フォーマルにもカジュアルにも馴染むシンプルなブラックスカートに、柄付きのボウタイブラウスを合わせたコーディネートは華やかで明るい印象も与えられます。シンプルなスカートにもパールがあしらわれていて、おしゃれですね。

2-2.外回りやリサーチが多い日のビジネスカジュアルコーデ

慣れない土地で移動や外を動き回る時間が長い日は、楽チンで動きやすい、ビジネスカジュアルなコーディネートが良いでしょう。
バッグはパソコンや資料などが入る大きめのものだと便利ですね。

セットアップスーツ×ノースリーブシャツ×パック

移動しやすさを考えて、スーツスタイルにリュックを合わせることも多い出張時。
リュックを選ぶ際には、シンプルな黒いアイテムをチョイスするとコーディネートしやすくておすすめです。

画像出典:wear

例えばストライプ生地のセットアップスーツにノースリーブのカラーシャツ、そして容量大きめのバックパックとローヒールを合わせたコーディネートは動きやすさ抜群。
外回りをしたり、徒歩で移動したりすることが多い場合は、バックパックや歩きやすい靴などを使ってみましょう。

スラックス×バレエシューズ×トートバッグ

歩き回ることが多い日は、足元にヒールのないバレエシューズを合わせるのも良いでしょう。

画像出典:wear

動きやすいスラックスと、フラットなバレエシューズ、大きめのトートバッグを合わせたこちらのコーディネートは、1日中外を歩き回る日に最適。
バレエシューズも華やかなシルバーを選べばビジネスカジュアルにも馴染みやすくなります。

2-3.接待・会食がある日のビジネスフォーマルコーデ

接待や会食などがある日は、いつものコーディネートに少し華やかさを加えると好印象。出張中の接待や会食時には、手持ちの服に華やかさを加えられる小物などをプラスして工夫するのも良さそうです。

1枚で決まるベルト付サックワンピース

フォーマルな装いにぴったりのアイテムといえば、ワンピース。1枚で様(さま)になるのでコーディネートもしやすく、小物で印象を変えられます。
ビジネス使いするなら、ジャケットを羽織れるタイプが便利です。

画像出典:wear

きれいめシルエットのブラックワンピースは、1枚で着ても、上にジャケットやカーディガンを羽織っても美しく着られる便利な1枚。
オフィスでの打ち合わせや会議、会食など、シーンに合わせて、靴や髪型などを変えてコーディネートすると、幅広いシーンで使えます。

セットアップ×クラッチバッグ

セットアップもフォーマルなシーンに合わせてあると便利なアイテムです。
セットで使うだけでなく、上下それぞれのアイテムを単体で他のコーディネートにも着回せるので、荷物を減らしたい出張時にも大活躍してくれることでしょう。

画像出典:wear

深みのあるグリーンのセットアップがおしゃれなこちらのコーディネートは、パンツスタイルながら女性らしい美しさが際立ちます。クラッチバッグやアクセサリー、パンプスなどで華やかな印象に仕上がっていますね。

3.海外出張に持っていくとコーデの幅が広がるアイテム

会議や外回り、ブレジャーなど色々なシーンに備えて準備したつもりでも、「あれを持って来ればよかった〜!」と思った経験はありませんか?
最後に、海外出張時のパッキングリストに入れておきたいファッションアイテムをご紹介します。

3-1.1枚あればフォーマルになるジャケット

急な商談などが入っても、ジャケットさえ羽織ればカジュアルコーデも一気にビジネスライクな装いに。
出張用には、移動中に疲れないようストレッチが効いたものや、シワになりにくいものを選ぶと便利です。

3-2.華やかさを演出できるワンピース

出張中にはドレスコードが必要なレストランに行く機会や、レセプションパーティーに招待されることもあるでしょう。そんなときに使えるのが、ワンピース。
ワンピースは単体で着るだけでなく、ジャケットやカーディガンを羽織ることで、コーディネートの印象も変えられるアイテムです。
フォーマルさの中にも華やかさを加えたいシーンに遭遇することもある人は、ワンピースを1着スーツケースにしのばせましょう。

3-3.温度調節ができる羽織りもの

冷房が効きすぎていることの多い暑い国や、日中と朝夜の寒暖差が激しい国などはこまめな温度調整ができる服があると便利です。

カーディガンやパーカーなどの羽織りものは温度調整をするのにぴったりです。ジャケットでも良いのですが、飛行機の中などでも着ることを考えると、肩が凝りにくく動きやすいカーディガンなどの方が良いでしょう。シワが気にならない素材を選ぶと尚良し。

暑い国に出張する機会が多い、株式会社テーブルクロス、代表取締役の城宝薫さんは、バンダナを持っていき、冷やして首に巻いて暑さ対策をしているそうです。羽織りもの以外にも、自分が使いやすい温度調整ができる衣類を見つけておくと重宝しそうですね。

※参考記事
途上国を支援する女性起業家に迫る|出張成功の鍵は日本での蓄積にあり 【海外出張リーダー】Vol.8

3-4.フォーマルなハイヒールと歩きやすい靴

荷物は少ない方が良いという人も多いと思いますが、女性は特に靴は2足持っていきたいところです。フォーマルな装いが適したシーンを想定して、ハイヒールを1足と、歩きやすい靴を1足用意しておくのがおすすめです。

歩きやすい靴はスニーカーなどでも良いのですが、厚みの少ないペタンコ靴なら仕事用のバッグに入れておけます。移動時や外回りの際などに履き替えて、建物に入る際にヒールに戻すという使い方もできて便利です。
靴によって体の疲労度合いも変わってくるので、荷物が増えたとしても、両方持っていくことをおすすめします。

※参考記事
海外出張も足元からおしゃれを! オンオフ使えるレディースシューズ10選

3-5.使い慣れた下着や水着類

生理用ショーツなどの下着類は、使い慣れたものを持っていくと安心です。
また、水着も使いようによってはとても便利。ミセスワールドの山口真紀さんは、下着は帰りの分しか持って行かず、海外出張中は水着を着用しているそうです。部屋に干していている時にクリーンスタッフが見ても不快感を与えず、ホテルにプールがあればそのまま泳げるのだとか。水着は、実は使い勝手の良いアイテムですね。

※参考記事
出張は相手と関係を築くチャンス!ミセスワールドが実践する英会話術【海外出張リーダーVol.13】

まとめ:出張時のコーディネートもおしゃれに楽しもう!

何かと考えることの多い出張時の服装ですが、出張の内容や訪問先の雰囲気などがわかると服装も選びやすくなります。おしゃれさんのコーディネートを参考にして、出張コーデを考えてみるのも良さそうです。
ぜひ次回の出張に役立ててみてくださいね!

文:佐々木 希
編集:松本 有為子(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
海外でのビジネスシーン:女性編 できる女性の服装とは?
意外と知らない?! 海外出張で気をつけたい服装のススメ(入門編)
海外出張も足元からおしゃれを! オンオフ使えるレディースシューズ10選

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】
 
今回は過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、
「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。
コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

便利ツールカテゴリの最新記事