海外出張時のクレジットカード・基礎知識

海外出張時のクレジットカード・基礎知識

航空券の予約やホテル手配、ショッピングなど生活には欠かせないクレジットカード。上手にクレジットカードを利用すれば、海外出張時に空港のラウンジが利用できたり、マイルが溜まったりとお得なこともたくさんあります。そこで、海外出張時にクレジットカードを利用するメリットやオススメのクレジットカードについて詳しく解説します。

1.海外出張中はクレジットカードを使うのが便利!


クレジットカードは、海外でこそ、その真価を発揮してくれる存在といっても過言ではありません。日本ではまだまだ現金を使うシーンが多いですが、一歩海外へ出てみると、日本とは比べ物にならないくらいクレジットカードが日常のあらゆるシーンで使われています。海外出張時にクレジットカードを使うメリットには、次のようなものがあります。

1-1.現金を持ち歩くよりもリスクが少ない

日本と比べてスリなどの多い地域に海外出張する際には、高額の現金を持ち歩くよりもクレジットカードを使った方がリスクが少なくなります。万が一スリなどの盗難に遭っても、クレジットカードなら紛失・盗難補償が受けられますし、すぐにカードを止めれば被害は最小限に抑えられます。

また、クレジットカードの海外キャッシングサービスを利用すれば現金が必要な時には現地のATMからお金を引き出すこともできて便利です。
両替時のレートを比較しても、クレジットカードを使い海外でキャッシングした方が換算レートが良く、現地で日本円から現地通貨に両替するよりもお得なことが多々あります。

1-2.宿泊先によってはクレジットカードの提示が必要なことも


海外出張中にホテルなどを予約する際、現金で支払う場合でも支払い能力確認のためにクレジットカードの提示が求められることがあります。最悪の場合、クレジットカードがないと「支払い能力がない」と判断されて宿泊拒否されてしまうことも。スムーズな宿泊予約のためにも、クレジットカードは用意しておくといいでしょう。

1-3.カード付帯の海外旅行保険も便利

クレジットカードには、海外旅行保険や航空ラウンジ利用などが付帯しているものも少なくありません。
特に、カード付帯の海外旅行保険は3ヶ月などある程度の期間補償が受けられるので、利用しない手はありません。カード会社によって、付帯する海外旅行保険の補償内容の充実度には差があります。例えば、現地で病院にかかったとき、キャッシュレスサービスが付帯しているものを選べば、現地で医療費を払わなくても済み、簡単かつ安心。
万が一に備えて、クレジットカードの海外旅行保険などのサービス内容も事前に確認しておくのがオススメです。

2.海外出張、どんなカードが便利なの?


海外出張で渡航する国・エリアによってオススメのクレジットカード会社は異なります。クレジットカードは、会社によって付帯しているサービスや使える場所の多さなどが異なります。ここでは、海外出張に便利なクレジットカードの特徴を整理してみましょう。

2-1.世界中で使えるVISAやMasterCard

VISAやMasterCardは、世界中で利用できるので便利です。日本のクレジットカードブランドJCBは、日本人が多く足を運ぶハワイ、韓国、台湾であればほぼ問題なく使えますが、日本人の渡航者が少ない地域だと使えない場合もあるので注意しましょう。

アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブは、高級ホテルやレストランなど高額な支払いをする場所やお店であればほとんどの場合は利用できますが、一般的なお店だと使えないことも。上手にカードブランドを使い分けましょう。
また、中国出張の場合は、銀聯カード以外のカードが使えない場合が多いので、注意が必要です。

2-2.あると便利なカードサービス


クレジットカードの中には、海外出張時に便利なサービスが付帯しているカードがあります。上手にカードを選べば、海外出張時の快適度が格段に上がりますから、ぜひ活用してみましょう。

まずオススメなのが、空港のビジネスラウンジを無料で使える「プライオリティパス」を無料発行可能なカードです。クレジットカードの年会費がかかってしまうものが多いですが、海外出張の機会が多いなら、空港での待ち時間を有効活用できるので、使わない手はありません。

また、空港から自宅まで、自宅から空港までの手荷物配送が無料でできるサービスが付帯しているカードは長期出張など荷物が多い方にオススメです。中には、空港に送った荷物をそのまま飛行機に乗せてくれるサービス(手ぶらチェックインサービス)などもあります。

3.海外で活躍する! 使えるカード10選


実際に、海外出張時に使えるオススメカードを、コスパ・マイルの貯まりやすさ・サービスの充実度(ハイステータス)などの観点からランク付けをしました。
海外出張に向けてクレジットカードを作ろうと検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

【1位】三井住友VISAクラシックカードA

初めての海外出張用にクレジットカードを作るなら、「三井住友VISAクラシックカードA」が便利です。VISAブランドなので、世界中で使えます。また、年会費も本会員なら税抜き1,500円と安く、最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯しています。
また、最大100万円のショッピング補償も付いており、海外での紛失・盗難などのトラブルサポート体制もしっかりしています。
これ1枚あれば、とりあえず安心のクレジットカードを言えるでしょう。

【2位】JALカードTOKYUPOINTCLUBQ
「JALカードTOKYUPOINTCLUBQ」は、マイルを貯めたい方にオススメのクレジットカードです。カードブランドはVISA、MasterCardから選べるため、海外出張にぴったり。マイルと同時にTOKYUポイントも貯まり、PASMO機能も付いています。
空港ラウンジサービスや、充実した海外旅行傷害保険などが欲しい際には、「CLUB-Aゴールドカード」という選択肢もあります。年間300万円までのショッピング補償や、最高5,000万円までの海外旅行傷害保険も付帯しています。

【3位】ANAソラチカカード

海外出張だけでなく、国内出張でも飛行機を使うことが多い方なら「ANAソラチカカード」がオススメです。国内線ならチェックイン不要の「SKiPサービス」が使えるほか、PASMO機能も搭載しているので、定期券としても活用可能。マイルが貯まりやすいカードと言えるでしょう。ただし、カードブランドがJCBとなりますので、海外出張時には渡航先でどれくらい使えるかをチェックしておきましょう。

【4位】セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
ハイステータスなクレジットカードなら、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」がオススメです。国内外の主要空港ラウンジが無料で使えるほか「手荷物無料宅配サービス」や、冬に暖かい国へ行く際に使える「コートお預かりサービス優待」なども付いていて、スムーズな海外出張を強力にバックアップ。海外キャッシングももちろん可能です。
セゾンカード会員専用の問い合わせデスクや、海外でのトラブルサポートやチケット手配が日本語でお願いできるアシスタントデスクも利用できます。

【5位】楽天カード

「海外での支払いにも問題なく使えて、海外旅行傷害保険もあるものがいいけれど、やっぱり年会費は無料がいい」というコスパ重視派の方にオススメなのが年会費永年無料の「楽天カード」です。
普段から、楽天サイトで買い物をしている方なら、ポイント還元も活用できるのでメリット大。カードブランドもVISA、MasterCard、アメリカンエキスプレス、JCBから選べます。海外出張時に使うなら、VISAかMasterCardを選ぶといいでしょう。

【6位】アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」は、年会費10,000円で使えるアメックスカードです。他のアメックスカードと大きく違うのが、ポイントの貯まりやすさです。対象航空会社のチケットをカードで購入すると、ポイントが3倍になります。ANAなどのマイルにもポイント交換が可能です。
もちろん、出張中のサポートサービスも充実。海外旅行傷害保険はもちろんのこと、「24時間電話サポート」は日本語で対応。飛行機の遅延時には「宿泊代補償(航空便遅延費用補償)」も受けられます。

【7位】エポスカード

楽天カードと同様に、年会費無料で作れるのが「エポスカード」です。安心のVISAブランドで、最短即日発行も可能ですから、急に出張の予定が入ったときにも便利でしょう。
海外旅行傷害保険も付帯しています。


【8位】楽天プレミアム

年会費10,800円(税込)で海外トラベルデスクや、各種保険サービス、空港ラウンジイン利用などができる「楽天プレミアムカード」は、楽天サービスを日頃から使っている方にオススメのハイステータスカードです。貯まったポイントはANAマイルに交換もできますし、海外旅行傷害保険は最大5,000万円まで付帯しています。
年会費とサービス内容のバランスがとても良いクレジットカードです。

【9位】セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
25歳以下は年会費無料の「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」は、永久不滅ポイントのあるクレジットカードです。海外出張時には手荷物無料宅配サービスなどが使えます。また、最低限の海外旅行傷害保険も付いています。Wi-Fiレンタルサービスや現地キャッシングサービス、ワールドお土産サービスなど、海外出張中に使えるサービスも充実しています。

【10位】JACCS横浜インビテーションカード
「JACCS横浜インビテーションカード」は、海外旅行傷害保険など付帯する保険が充実していることから、海外旅行をする人に人気のカードです。年会費は永年無料と高コスパです。

4.海外出張用にクレジットカードを選ぶ際の注意点


海外出張用にクレジットカードを選ぶ際に旅行傷害保険を重視するという方は少なくありません。もしも保険の内容を重視してクレジットカードを選ぶなら、次のようなポイントに注意しましょう。

4-1. 「利用付帯」か「自動付帯」か

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険には、「利用付帯」と「自動付帯」の2つのタイプがあります。
「自動付帯」とはその名の通り、カード発行時に自動的に傷害保険が付帯しているタイプです。クレジットカードの有効期限切れでない限り、保険適用を受けられます。

一方で、「利用付帯」タイプのクレジットカードの場合、保険適用には一定の条件が必要です。具体的には、海外渡航時に空港までの公共交通機関をカードで利用することもしくは、旅行会社が企画しているツアー代金などをカードで支払うことが利用条件です。

4-2. クレジットカードの複数枚持ちもおすすめ

クレジットカードの付帯保険は、補償額などの条件がクレジットカードごとに異なります。
先ほど解説した自動付帯と利用付帯という付帯条件の違いに加えて、「傷害死亡・後遺障害」「疾病治療」「傷害治療」「賠償責任」などそれぞれの項目で補償額が設定されています。
クレジットカードを複数枚持っている場合には、「傷害死亡・後遺障害」はそれぞれのカードの補償金額の最高額が適用されます。また、その他の補償に関しては、補償金額を合算できますので、複数持っておくとより安心です。

4-3.エマージェンシーコールデスクの番号は常に持ち歩こう


いざ海外出張時にクレジットカードのサービスや補償を使いたいとき、どこに電話すればいいのかわからなくなってしまわないように、出張時には各カード会社のコールデスクの番号を常に持ち歩きましょう。
せっかくカードを持っていても、いざという時に使えなければ意味がありません。

注意するべきポイントを押さえながら、安心で有意義な海外出張のお供に、ぜひあなたにぴったりなクレジットカードを見つけてくださいね。

5.海外出張をクレジットカードでさらに快適・安心に!


海外出張中のショッピングやホテル・レンタカー利用だけでなく、海外旅行傷害保険などでも使えるクレジットカード。渡航先での身分証明としても役立つ存在ですから、ぜひ出張前に用意しておきましょう。自分のライフスタイルに合ったカードを選んで、快適な海外出張をお過ごしください!

クレジットカードの関連記事はこちら
海外出張先での支払い!クレジットカードを賢く使うには?
クレジットカードが使えない!? 偽札が出回っている!? 中国で便利な支払い方法は?
海外出張の保険はクレジットカードで十分!?クレカ保険の実力を検証

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビマエカテゴリの最新記事