海外出張のビジネスパーソン必見!現地の安全・治安情報を入手可能な信頼できる情報源とは

海外出張のビジネスパーソン必見!現地の安全・治安情報を入手可能な信頼できる情報源とは

初めて海外出張をすることになったビジネスパーソンのみなさんにとって、渡航先の治安は気になるポイントではないでしょうか。
この記事では、海外の治安情報を見ることのできる情報源を複数紹介します。
自分の身を守るためにも、信頼できる情報を入手して事前準備をしっかり整えましょう。

海外出張前には「海外安全ホームページ」を必ずチェック!

海外の治安情報を知りたいときに最初にチェックすべきサイトは、外務省の「海外安全ホームページ」です。
世界地図が表示され、危険レベル1〜4までの色分けがされています。
危険レベルは、その国や地域に渡航する予定もしくは滞在している日本人に対し、現状起こっているテロや感染などの出来事から推測されるリスクの度合いによって決められています。
黄色で塗られたレベル1の国・地域には「充分注意してください。」という表記があり、渡航及び滞在する際は特別な注意が必要であるというものです。
薄いオレンジ色で塗られたレベル2の国・地域には「不要不急の渡航は止めてください。」という表記があり、特別な理由がない限り渡航及び滞在はせず、する場合は特別な注意と安全対策が必要であるということを呼びかけています。
濃いオレンジ色で塗られたレベル3の国・地域には「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」という表記があり、渡航は中止し、滞在している人は場合によっては避難をするようにというものです。
赤色で塗られたレベル4の国・地域には「退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」という表記があり、言葉のとおり、いかなる場合であっても渡航は中止して、滞在している場合はすぐに安全な国へ避難するよう呼びかけています。

レベルの表示だけでなく、それぞれの地域の危険情報も事細かく掲載されているので、出張先の地域や周辺地域、経由する地域などの情報は一文字も逃さず読むようにしましょう。
また、緊急時に備えて大使館や領事館の連絡先を控えておくことが大切です。

偶発的なリスクに対応する「スポット情報」も必見

外務省の海外安全ホームページには、危険情報だけでなく「スポット情報」というものも掲載されています。
スポット情報は、その国や地域で日本人への危害が及ぶ可能性のあるデモや事件などが起きたときに発信される速報です。
危険情報が恒常的な情報だったのに対し、スポット情報は突発的なものが主になります。
スポット情報に掲載された出来事が危険情報へ更新されるような場合もありますので、こまめにチェックしておいたほうが懸命でしょう。
なお、危険地域だと単身の渡航者が事件に巻き込まれることも少なくないため、初めての渡航で単身出張の場合はより注意が必要です。
危険情報やスポット情報を見るのはもちろんのこと、出張先に自社拠点はあるのか、拠点のスタッフや取引先のサポートは受けられるのかなどを事前にきちんと確認しておきましょう。

中長期的な出張者は「たびレジ」に登録しておこう

外務省には「たびレジ」というサービスがあります。
たびレジとは、海外へ渡航する日本人の安全保護のために作られたアラート配信機能です。
渡航先と渡航期間、連絡先などを登録しておくことで、現地の事件や事故の情報、注意するべきイベントの情報などが自動で配信されるようになります。
海外安全ホームページに掲載された危険情報やスポット情報も更新されるたびに配信されるため、重大な情報を見落とすこともなくなるでしょう。
それだけでなく、万が一現地で事件に巻き込まれた場合にも支援してもらえるという大きなメリットがあります。
いくら気をつけていても自分の力ではどうにもならないこともあるため、このサービスはぜひ活用しましょう。

なお、たびレジは主に中長期的な渡航者を対象としていますが、渡航の予定がない人や、いずれ海外出張をする可能性がある人も登録することが可能です。
日本にいながら世界の最新の情報を知ることができる、有益な手段と言えるでしょう。

外務省のHP以外で海外の安全情報を入手する方法

外務省のホームページやたびレジ以外にも、海外の安全情報を確認する方法はあります。
まず、外務省から配信されている「海外安全アプリ」というアプリです。
アプリであればパソコンよりも手軽に素早く情報を確認できるため、移動中などは特に役に立つのではないでしょうか。
ダウンロードはiPhoneもしくはAndroidからすることが可能です。
最新情報を見逃さないためにも、プッシュ通信はONにしておいたほうがよいでしょう。
もうひとつの方法は、「NHKワールドラジオ日本」の国際放送を聞くことです。
最新の安全情報を地域別に聞くことができますので、文字情報より音声で聞いたほうが頭に入りやすいという人はぜひ活用してみてください。
また、現地の言語に精通している人は、現地の外務省にアクセスすると日本の外務省よりもリアルな情報がいち早く入手できます。

信頼性をもとにさまざまな情報源にあたろう

海外出張を安全に行うためには、情報収集は欠かせません。
海外の治安情報はさまざまなところから入手できますが、最も信頼性が高いのは外務省の海外安全ホームページです。
外務省のホームページが発信している情報を基本として、アプリやラジオなどをあわせて活用し、より多くの情報を入手するようにしましょう。

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビマエカテゴリの最新記事