羽田空港の空弁でエネルギーチャージ!個性的弁当で出張を乗り切ろう

羽田空港の空弁でエネルギーチャージ!個性的弁当で出張を乗り切ろう

空港内で販売されているお弁当「空弁」。空港に到着してからあまり時間がないという方は、空弁を購入して機内で食べるという方も多いでしょう。

空弁は、空港でしか買えないお弁当や、老舗旅館の料理を手軽に楽しめる内容のものなど多種多様です。せっかく食事をするなら、個性豊かなこれらの空弁を食べるのがおすすめ。
忙しい時間の合間にとる食事も、空弁なら楽しくエネルギーチャージができ、出張を乗り切れそうです。

今回は、主要な空港の一つである羽田空港の空弁をピックアップ。購入できるターミナルごとに紹介しますので、既にフライトをご予約済みの方は、搭乗ターミナルを確認のうえ、チェックしてみてください!

1.第1ターミナルで買える空弁3選

JALやスターフライヤー、スカイマークなどが発着する第1ターミナルでは、歴史ある料理店の空弁が購入できます。また、大手サンドイッチチェーンの羽田空港限定メニューも。
次から紹介する空弁は、ターミナル2では購入できませんので、ご注意を!

1-1.羽田の人気中華レストラン「彩鳳 中華弁当」

画像出典:https://www.keikyu.co.jp/company/news/2021/20220201HP_21147IT.html

1964年に開催された東京オリンピックの前年、羽田空港に高級レストランが相次いで開業。
その中で最も人気だったのが中華料理店「彩鳳」です。彩鳳の看板メニューであるシュウマイを楽しめる空弁が「中華弁当」。羽田空港第1ターミナルにある空弁工房で購入できます。

シュウマイにはプリッとしたエビが乗っており、やさしい味に仕上がっています。出張前で緊張していたり、出張後で疲れていたりしても、シュウマイの優しい味にいやされそうです。

【情報】
・価格:1,070円
・取扱店舗:第1ターミナル空弁工房
・店舗場所:第1ターミナル 2F 出発ロビー 8
・営業時間:07:00~18:00
・空弁工房(羽田空港サイト):https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00401.html

1-2.老舗店の懐石弁当「大増 あすか」

画像出典:https://nihonbashidaimasu.co.jp/4966/

創業は明治33年という老舗料理店の「日本ばし大増」。大増は素材が持つ味を引き立たせつつ、甘みと辛味の両方を強く感じる「江戸の煮売屋」を味わえる料理を提供しています。

大増の空弁には、煮物や天ぷら、お浸しなど9種類のおかずと赤飯、茶飯、そして白飯が詰まっています。おいしいものを少しだけ食べたいという方や、栄養バランスを考慮してさまざまな食材をとりたいという方にぴったりです。

【情報】
・価格:1,404円
・取扱店舗:第一ターミナル 空弁工房
・店舗場所:第1ターミナル 2F 出発ロビー 8
・営業時間:07:00~18:00
・空弁工房(羽田空港サイト):https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00401.html

1-3.羽田空港でしか買えない「サブウェイ 4種のチーズ×ダブルミートの極上BL」


画像出典:https://ontrip.jal.co.jp/tokyo/17541538

お腹が空いているけれど、空弁を食べる時間がないときには、世界中に展開するチェーン店「サブウェイ」を利用してみてはいかがでしょうか。サンドイッチなら置き場所に困らないのでPCを操作しなたら食事がしやすいですし、コンパクトなのでバッグに忍ばせておけます。

さらに、羽田空港には限定メニューが!サブウェイが取り扱う全てのチーズとベーコンを通常の2倍挟んだ「4種のチーズ×ダブルミートの極上BL」は羽田空港のサブウェイでしかオーダーできません。

とてもボリュームのあるサンドイッチなので、お腹をすかせたビジネスパーソンにぴったりのメニューです。

【情報】
・価格:860円
・取扱店舗:サブウェイ 羽田空港 第1ターミナル店
・店舗場所:羽田空港第1ターミナル 南ウイングB1F
・サブウェイ羽田空港第1ターミナル店サイト
https://www.subway.co.jp/shops/kanto/tokyo/tokyo23/ota-ku/shop1447/index.html

2.第2ターミナルで買える空弁2選


第2ターミナルには、ANA、エア・ドゥ、ソラシドエアなどが発着。身体にやさしい食事が可能です。

出張中も健康的に過ごしたい方向けに、ヴィーガンメニューがテイクアウトできるお店とオーガニックにこだわったお店を一つずつ紹介します。

2-1.ヴィーガンメニューが食べたい方は「HealthyTOKYO Cafe&Shop」でテイクアウト


画像出典:https://healthytokyo.com/ja/locations/healthytokyo-cafe-shop-haneda-airport/

動物性たんぱく質を摂らないヴィーガンの方は、食べられる空弁を購入するのに一苦労するかもしれません。そこで覚えておきたいのが、全てのメニューがヴィーガン対応の「Healty TOKYO CBD」です。テイクアウトして空弁代わりにいかがでしょうか。

メニューはサンドイッチやパニーニ、キッシュなどありますが、一番人気はラザニア。通常、ラザニアは乳製品やお肉を使いますが、ここのラザニアは植物由来の素材でできています。

麻の実から抽出される「CBDオイル」を使ったドリンクやスイーツもおすすめです。CBDオイルはストレス軽減やリラックス効果、抗不安作用が期待できるので、出張で疲れている方や緊張気味の方の心を和らげてくれるでしょう。

【情報】
・価格:ラザニアセット2,138円(2種サラダ・ドリンク付き)/単品 950円
・取扱店舗:HealthyTOKYO CBD
・店舗場所:羽田空港第2ターミナルビル3階
・Healthy TOKYO Cafe&Shopサイト:https://healthytokyo.com/ja/locations/healthytokyo-cafe-shop-haneda-airport/

2-2.オーガニックな食事をしたいなら「自由が丘バーガー」のハンバーガー


画像出典:https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00005.html

食材はすべて国産で有機栽培されたものを使用している「自由が丘バーガー」。添加物を極力摂らないようにしている方や、野菜の残留農薬などが気になるという方でも、安心して食べられます。

忙しくて食事をする時間も惜しいという方は、このハンバーガーを機内に持ち込んで食べたり、搭乗の待ち時間に食べたりすると良いでしょう。ハンバーガーときくとジャンクフードのイメージがありますが、こちらのハンバーガーなら、健康的です。

ベジタリアンメニューもあるので、お肉を避けている方はこのお店を覚えておくと良いでしょう。

【情報】
・価格:1,000円~
・取扱店舗:自由が丘バーガー
・店舗場所:第2ターミナル 3F テラスレストラン 21
・自由が丘バーガー(羽田空港サイト):https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00005.html
・「自由が丘バーガー」公式サイト:https://www.jiyugaokaburgers.com/

3.第1と第2両方でターミナルで買える空弁6選


次からは、第1ターミナルでも第2ターミナルでも購入できる空弁が揃います。中には人気のお弁当もありますので、売り切れる前に早めに購入したほうが良さそうです。

3-1.能登半島の伝統的な発酵食品を使用した 「のどぐろちらし寿司」


画像出典:https://www.airdeli.co.jp/pdf/nodoguro_chirashizushi.pdf

石川県にある創業110年以上の歴史を持つ老舗旅館「加賀屋」監修の空弁がこちら。高級魚であるのどぐろや海老、アナゴ、数の子などを能登半島の伝統的な発酵食品「いしる(いしり)」に漬け込んだ、ちらし寿司のお弁当です。

老舗旅館のお料理でも、空弁ならリーズナブルに食べられますね。加賀屋は、日本だけでなく海外からも高く評価されている旅館で、2010年には台湾に進出しています。そのため、加賀屋の味を知っておくと、取引先などの会話で話題にできるかもしれません。

【情報】
・料金: 1,390円(税込)
・主な取扱店舗
≪第1ターミナル≫
販売店舗:BLUE SKY FLIGHT SHOP
店舗場所: 第1ターミナルビル1階中央エスカレーター付近
営業時間:9:00~20:30(航空機運航状況によって変更の可能性あり)
BLUE SKY公式サイト:https://bluesky.jalux.com/hnd/shop/detail/0012.html
≪第2ターミナル≫
販売店舗:第1シーサイドカフェ
店舗場所:第2ターミナル 2F 国内線出発ゲートラウンジ(北) 105
営業時間:6:00~20:00(時短営業の場合あり。最新の営業時間は店舗に確認を)
第1シーサイドカフェ(羽田空港サイト):https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00416.html
・「加賀屋」公式サイト:https://www.kagaya.co.jp/

3-2.華やかな空弁で気分もアガる!佐藤水産「北の海幸づくし」/「石狩鮨」


画像出典:https://www.sato-suisan.co.jp/shop/contents/obentou
写真は「北の海幸づくし」


画像出典:https://www.sato-suisan.co.jp/shop/contents/obentou
写真は「石狩鮨」

海鮮が食べたいときや出張のモチベーションを上げたいときは、ちらし鮨の空弁はいかがでしょうか。北海道の石狩と千歳に自社工場を持つ佐藤水産の空弁は、おいしいだけでなく、見た目が華やかなので心が軽くなりそうです。

おすすめなのがズワイガニと鮭の醤油漬け、イクラ、そしてウニがたっぷり乗った「北の海幸づくし」と、特製の酢でさっぱりと味つけしたズワイガニと北海道産のサーモンが色鮮やかな「石狩鮨」です。
産地や漁獲時期、鮮度などにこだわり、厳選した魚介類を使用しているので、空の上でも新鮮な絶品ちらし鮨が楽しめます。

【情報】
・価格:北の海幸づくし1,250円/石狩鮨:1,000円
・主な取扱店舗
≪第1ターミナル≫
取扱店舗:空弁工房
店舗場所:第1ターミナル 2F 出発ロビー 8
営業時間:07:00~18:00
空弁工房サイト:https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00401.html
≪第2ターミナル≫
取扱店舗:空弁工房
店舗場所:第2ターミナル 2F ターミナルロビー(北)
営業時間:5:45~20:30(時短営業の可能性あり。最新の営業時間は店舗に確認を)
空弁工房(羽田空港)サイト:https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00412.html
・「佐藤水産」公式サイト:https://www.sato-suisan.co.jp/

3-3.時間がないときのエネルギー補給にもおすすめ「羽田空港ひとくちおこわ 松坂牛」


画像出典:https://www.jutokuan.com/item_haneda/

小腹を満たしたいときや、時間がないときに重宝するのがこちらの空弁です。3つ入りのおこわからのぞく肉団子は、柔らかな肉質と上品な甘みを特徴とする、松坂牛を材料にしています。もっちりしたもち米からじゅわっと染み出る肉汁がたまりません。

一口サイズのおこわが個別包装になっているので、手を汚さず食べられる点もうれしいですね。

【情報】
・価格:520円/3個
・主な取扱店舗
≪第1ターミナル≫
販売店舗:ランチボックス
店舗場所:第1ターミナル 2F 出発ロビー 21
営業時間:6:00~20:00(時短営業の可能性あり。最新の営業時間は店舗に確認を)
ランチボックス(羽田空港サイト):https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00040.html
≪第2ターミナル≫
取扱店舗:空弁工房
店舗場所:第2ターミナル 2F ターミナルロビー(北)
営業時間:5:45~20:30(時短営業の可能性あり。最新の営業時間は店舗に確認を)
空弁工房(羽田空港)サイト:https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00412.html

3-4.希少な石垣牛を堪能できる「石垣牛焼肉弁当」


画像出典:https://obentodeli.jp/1145/menu/2208/#hash1

「石垣牛焼肉弁当」はごはんの上に醤油で甘辛く味つけた石垣牛がたっぷり乗った空弁です。沖縄・石垣島の暖かい気候のもと、ストレスが少ない環境で飼育された石垣牛は、脂身が少な目でさっぱりとした味わいが特徴。脂質が少ないため、石垣牛は胃もたれしにくいと言われています。

そのため、ボリューミーだけれど、ぺろりと食べられそう。出張前後のパワーチャージにどうぞ!

【情報】
価格:1,300円
・主な取扱店舗
≪第1ターミナル≫
取扱店舗:空弁工房
店舗場所:第1ターミナル 2F 出発ロビー 8
営業時間:07:00~18:00
空弁工房サイト:https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00401.html
≪第2ターミナル≫
取扱店舗:空弁工房
店舗場所:第2ターミナル 2F ターミナルロビー(北)
営業時間:5:45~20:30(時短営業の可能性あり。最新の営業時間は店舗に確認を)
空弁工房(羽田空港)サイト:https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00412.html

3-5.焼き鯖をお寿司にした新発想の「焼き鯖すし」


画像出典:https://wakahiro.jp/?pid=73897525

「焼き鯖すし」は「焼いた鯖は冷めてもおいしいから、焼いた鯖ですしをつくってもいいのでは?」という発想から生まれたお弁当です。福井県三国町で生まれ、現在は羽田空港のヒット商品となっています。

脂がのった肉厚の鯖とごはんの間には、大葉が挟まれており、さわやかな風味も楽しめます。
鯖には、ストレスを軽減すると言われているパントテン酸や、疲労回復に効果的なビタミンB群が豊富に含まれています。そのため、ビジネスで疲れた身体を癒してくれそうです。

【情報】
価格:1,188円
主な取扱店舗:
≪第1ターミナル≫
販売店舗:トラベルアイル
店舗場所:第1ターミナル 1F 到着ロビー 31
営業時間:8:30~22:30
トラベルアイル(羽田空港サイト):https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00286.html
≪第2ターミナル≫
販売店舗:アーツデリ
店舗場所:第2ターミナル 2F 国内線出発ロビー 11
営業時間:5:30~20:00
(時短営業の可能性あり。最新の営業時間は店舗に確認を)
アーツデリ(羽田空港公式サイト):https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00033.html
「若廣」公式サイト:https://www.wakahiro.co.jp/

3-6.旬の味が楽しめる「賛否両論 二段重弁当」


画像出典:https://www.facebook.com/haneda.airport/photos/a.243465149095921/932429450199484/

恵比寿にある賛否両論は「万人に好かれなくていい。自分の料理とやり方を好きだと言ってくれる人が来てくれれば…」という思いから名付けられた日本料理店。ていねいに作られた和食が人気を博し、予約がとりにくいと言われています。

そんな賛否両論の空弁が羽田空港で購入可能です。美しい色とりどりのおかずとごはんが詰まっていて、視覚的にもたのしめそう。旬の食材を使うため、中身は時期によって異なります。例えば、2021年冬の二段重弁当は、ブリの幽庵焼や海老芋おかき揚げ、柚子の香りがさわやかなタルタルソースがかかったチキン南蛮などが入っていました。

予約がとりにくいため簡単に足を運ぶことは難しいお店ですが、空弁なら空港のお店ですぐに買えるため、飛行機の中で気軽に楽しめるでしょう。

【情報】
価格:1,680円
主な取扱店舗:
≪第1ターミナル≫
取扱店舗:空弁工房
店舗場所:第1ターミナル 2F 出発ロビー 8
営業時間:07:00~18:00
空弁工房サイト:https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00401.html
≪第2ターミナル≫
取扱店舗:空弁工房
店舗場所:第2ターミナル 2F ターミナルロビー(北)
営業時間:5:45~20:30(時短営業の可能性あり。最新の営業時間は店舗に確認を)
空弁工房(羽田空港)サイト:https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00412.html

羽田空港の空弁で移動中の食事をもっと楽しく

羽田空港で販売している空弁は、ハイクオリティな上、個性豊か。しかも、東京にいながら石垣牛や能登半島のいしるなど、さまざまな地域の名産品を味わえます。

空弁を買って食べることを楽しみにすれば、大きなプロジェクトの商談やクレームに対するお詫びなど、プレッシャーを感じる出張でもやる気が出てうまく乗り切れそうです

空港に着いてからあまり時間がなくても、おいしい空弁と販売している場所を頭に入れておけば、搭乗時間間近でもササッと購入できます。機内の中でゆっくり空弁を楽しんでくださいね。

文:カワムラ ルイ
編集:山﨑 梨惠(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
羽田空港のWi-Fiとコンセントはどこにある!出張準備を万全に
羽田空港国内線ラウンジを使いこなそう!出張で使える便利情報も紹介
早朝・深夜便で海外出張するなら必見! 羽田空港を使いこなすワザ

【ANA×BTHacks共同企画!】

CTA-IMAGE

【ANA×BTHacks共同企画!】
FLYING HONU運航再開後のハワイの今!ANA現地スタッフにインタビュー



コロナ禍による運休から、2年4ヶ月ぶりに定期便運航が再開した、
エアバスA380型機「FLYING HONU」で行く成田=ホノルル便。
その再開により、ホノルル現地ではどのような変化が訪れているのでしょうか?
ANAホノルル支店と、ホノルル市内にあるマハロラウンジを取り仕切る
ANAセールスアメリカズ ホノルル支店の皆さんに、現地のリアルな様子を伺いました。

駅・空港カテゴリの最新記事