ゼンハイザーから新たなビジネス向けヘッドフォンがデビュー!

早朝・深夜便で海外出張するなら必見! 羽田空港を使いこなすワザ

早朝・深夜便で海外出張するなら必見! 羽田空港を使いこなすワザ

海外出張のフライトが早朝や深夜出発の場合、アクセスはどうしたら良いか、どうやって時間を潰したらよいのか、途方に暮れてしまうかもしれません。アクセス方法は? 時間を過ごす場所は? 空港で快適に過ごす方法をまとめました。

1.羽田空港の魅力


2010年にオープンしたばかりの羽田空港国際線ターミナル。その魅力は、きれいで施設が充実していること。イギリスの航空サービス調査会社が行っている世界の空港格付け「The World’s best airports of 2019」では、羽田空港が「The top 10 airports of 2019」の2位にランクイン。「世界一清潔な空港」だと評価されています。
羽田空港は展望台デッキから飛行機の離発着が眺められるため、飛行機マニアの間でも人気。
このように、利用しやすさでも定評のある羽田空港は、早朝・深夜のフライト利用者にもうれしい配慮がなされています。

参考:The World’s best airports of 2019:
https://www.aerotime.aero/rytis.beresnevicius/22886-top-airports-2019

2.早朝に羽田空港を利用する場合


早朝出発のフライトで、始発電車に乗ってもフライトに間に合わないとき、ありますよね。このようなケースでは、前日に羽田空港近くのホテルに宿泊する手もありますが、出張前日は忙しくてギリギリまで仕事をしたい場合やお金をかけたくない人もいるでしょう。そんな人向けに、早朝便に合わせて移動できる交通手段があります。

2-1.早朝出発に便利な交通機関

始発電車が動き出す前の時間帯は、バス移動を検討しましょう。さまざまなエリアからバスが運行しています。すべて午前3時台に都内や都内近郊エリアを出発し、朝4時台に羽田空港に到着します。

2-1-1.「Airport Limousine(エアポートリムジン)」
都内の主要エリアと羽田空港国際線ターミナルビルを結ぶバスです。
出発エリアは、「浅草・秋葉原・東京・銀座」「池袋・新宿」「一之江・葛西・東陽町・豊洲・お台場・有明」の3つ。

≪料金≫
浅草・秋葉原・東京・銀座発:1,860円
池袋・新宿発:2,000円
一之江・葛西発:2,060円/東陽町:1,860円/豊洲・お台場・有明発:1,040円
※すべて片道料金

≪問合せ先≫リムジンバス予約・案内センター 03-3665-7220
≪営業時間≫月~金/9:00~19:00 土・休日/9:00~18:00
≪Airport Limousine公式サイト≫
https://www.limousinebus.co.jp/guide/accessbus.html

2-1-2.「京浜急行バス」
都内だけでなく、横浜や川崎方面からも運行している京浜急行バス。幅広いエリアをカバーしています。出発エリアによって問い合わせ電話番号が異なるので、ご注意を。

・二子玉川出発
≪料金≫
二子玉川駅、二子玉川ライズ・楽天クリムゾンハウス:2,260円
渋谷・六本木エリア:2,060円
※すべて片道料金
≪問い合わせ先≫
京浜急行バス 新子安営業所 045-453-3060/東急トランセ 下馬営業所 03-3410-0181
・横浜方面出発
≪料金≫
横浜主要ホテル、桜木町駅、横浜駅発:1,030円/片道
≪問い合わせ先≫
京浜急行バス 羽田営業所 03-3743-9018
・新橋駅・品川駅・大井町駅出発
≪料金≫
品川・大井町駅:1,030円
新橋駅:1,400円
※すべて片道料金
≪問い合わせ先≫
京浜急行バス 羽田営業所 03-3743-9018
・大森駅出発
≪料金≫
560円/片道料金
≪問い合わせ先≫京浜急行バス 羽田営業所 03-3743-9018

≪京浜急行バス公式サイト≫
http://www.keikyu-bus.co.jp/airport/hi-mm/

2-1-3.定額タクシー「Tokyo MK」
荷物が多い場合やゆったりと空港へ向かいたい場合におすすめなのが定額タクシーです。
「Tokyu MK」の空港送迎サービスを利用すれば、都内主要エリアから羽田空港まで定額で乗車できます。利用料金は移動距離と車種(車種は人数と荷物の量によって異なる)によって決まります。メーター制と異なり、事前に料金がわかるのが良いですね。また、エリアによっては、メーター制タクシー利用よりも30%ほど乗車料金が安くなることも!

≪主なエリアからの料金≫
千代田区:6,400円
渋谷区:7,200円
新宿区:7,800円
※深夜早朝割増適用 定額運賃
※以下エリアは定額対象外地域
中央区、港区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区
≪問い合わせ先≫
03-5547-5552
≪Tokyo MK公式サイト≫
https://www.tokyomk.com/airport

2-2.「東京 お台場 大江戸温泉物語」のプランを使う


スーパー銭湯「お台場 大江戸温泉物語」と株式会社ハナツアージャパンとの共同企画「羽田空港早朝出発便プラン」は、出発前に温泉を楽しめるプランです。温泉利用と羽田空港までの送迎がセットになっています。仮眠をとることもできるので、海外出張前のパワーチャージにぴったりです。

≪料金≫
3,480円(大江戸温泉物語入館料、羽田空港行き送迎バス)
※予約制
≪プラン≫
1.11:00~翌朝3:50まで温泉利用、その後空港まで送迎、4:20国際線ターミナル着
2.11:00~翌朝5:00まで温泉利用、その後空港まで送迎、5:40国際線ターミナル着
(途中、国内線第1,2ターミナル立ち寄り)
≪問い合わせ先≫
東京 お台場 大江戸温泉物語 03-5500-1126
受付時間:9:00~22:00
≪東京 お台場 大江戸温泉物語公式サイト≫
https://daiba.ooedoonsen.jp/other/flight01.html

3.深夜に羽田空港を利用する場合

利用するフライトが深夜出発の場合は、最終電車で羽田空港まで向い、空港内でフライト時間まで過ごすことになります。海外出張に万全な状態で備えるのにぴったりなスポットを見てみましょう。ゆっくりリラックスするもよし、出張に備えてパソコン作業をするもよし。お好みの過ごし方に合わせて選んでみましょう。

3-1.出発時間までパソコン作業ができるスペース


国際線ターミナルビル4階を除く1~5階各エリアにPC作業ができるスペースがあります。1~3階は椅子あり、5階のみ椅子のないスタンディング形式。無料で利用でき、充電も可能です。出張で使う資料を見直したり、メールチェックしたり、出張準備が出発直前までできてしまいます。
羽田空港公式サイト:http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/service/internet.html#desk

こちらの記事もおすすめ!
忘れものや資料修正!羽田空港で対処できる場所は?海外出張や国内出張の前後で作業可能な場所のまとめ
羽田空港近辺で集中して仕事をするには?海外出張や国内出張の前後で役に立つ情報のまとめ

3-2.24時間営業のカフェやレストラン


羽田空港には24時間営業の飲食店がたくさんあるので、時間を潰すのに困らないでしょう。カフェでリラックスしても良いですし、ここでパソコン作業をしても良いですね。スマホの充電ができる電源利用可能なお店もあります。

24時間営業の飲食店リスト

≪江戸小路 国際線ターミナルビル4階≫

国際線ターミナルビル4階には「江戸小路」には、カフェ、レストラン、居酒屋…と飲食店がそろっています。江戸小路は「江戸」をテーマにしており、江戸の街並みを再現しています。

・ありそ鮨(回転すし)
本格的な江戸前寿司を楽しめます。海外出張前にお寿司で気分を上げられそうです。
※午前2:00~3:00は飲み物のみの提供
http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/1500400014800000/index.html
・せたが屋(ラーメン)
メディアにも多数出演しているラ―メン職人・前島司氏が作りだすラーメンは外国人にも人気です。
http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/3400800014750000/index.html
・カフェ カーディナル
軽食が食べられるほか、アルコールメニューも豊富。ドラフトマイスターが提供するビールで出張前の景気づけに乾杯してもよし。
※テイクアウト可
羽田空港サイト:http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/2100500014850000/index.html
公式サイト:https://www.cardinal-japan.com/restaurant/cafe_cardinal/#menu-title-area
・モスカフェ羽田空港国際ターミナルビル店(電源利用可能)
人気ファストフード「モス」のカフェ。モスで提供しているメニュー以外にカフェオリジナルメニュー(タコライス、ハンバーグご飯など)もおすすめです。
※テイクアウト可
羽田空港サイト:http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/7500200015250000/index.html
公式サイト:https://www.mos.jp/shop/group/moscafe/
・吉野家
時間がない時にサクッと、でもしっかり食べたい時には吉野家へどうぞ。
羽田空港サイト:http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/2500800015200000/index.html
公式サイト:https://www.yoshinoya.com/
・和カフェテリア Dining24 羽田食堂(電源利用可能)
おしゃれな雰囲気で焼き魚や空揚げの定食やうどんなど家庭的な和食が食べられます。
羽田空港サイト:http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/5200100051000000/index.html
公式サイト:なし
・和豚 かつ仙(とんかつ)
老舗とんかつ店「和光」が手掛けるとんかつ屋。出発前にガッツリ食べてエネルギーチャージを。
羽田空港サイト:http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/9600400014350000/index.html
公式サイト:http://www.wako-group.co.jp/shop/detail/3165
・日本の味 Suginoko すぎのこ
複数人での出張なら、居酒屋でワイワイ楽しむのもよさそう。地酒も豊富なので、酒好きにもうれしいですね。
羽田空港サイト:http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/6300500015000000/index.html
公式サイト:なし
・茶寮 伊藤園
抹茶をつかった和風スイーツでほっこりできるカフェ。出発前にリラックスできます。
羽田空港サイト:http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/2200400014450000/index.html
公式サイト:http://www.itoen.co.jp/

3-3.空港内で身体を休める場所

羽田空港内のベンチで時間を潰す方法もあります。深夜はお店が閉まり、人通りも減るため、昼間は賑やかでも深夜はひっそりと静まり返っているので、フライトの時間まで仮眠をとりたい時に使えます。

≪おすすめのベンチがある場所≫

・「エントランスプラザ」
国際線ターミナル1階にあります。近くに24時間営業のローソンがあるので便利。「人通りが少ないことが防犯面で心配だけど、営業しているお店が近くにあると安心感がある」という声も上がっています。ただし、混みやすく空いているベンチがない場合もあります。

・「はねだ日本橋」

場所は、国際線ターミナル4階。江戸時代に実際に架かっていた日本橋を復元したヒノキでつくられた橋です。深夜になるとこの橋の下で仮眠を取る人が多数います。橋が照明を遮ってくれるので、明るすぎることがありません。ただし、椅子が固くて寝ると身体が痛くなるという声も。

・「TOKYO POP TOWN」
5階にあるショッピングモールで、昼間はたくさんの利用者でにぎわっていますが、深夜はお店が閉まり、静かになります。ここで仮眠を取るなら、黒い椅子がおすすめ。シートが柔らかいので横になっても身体が痛くなりません。

・「EDO HALL」
国際線ターミナルビル5階の展望デッキ向いにあります。照明が暗めなのでリラックスできます。ここでも、仮眠を取るなら黒い椅子を狙いましょう。

3-4.シャワーを浴びられる場所


国際線ターミナル2階到着ロビーに24時間営業のシャワーがあります。
30分1,030円で利用可能。タオル、シャンプー、リンス、ボディーソープ、ドライヤーが無料で使えるのもうれしいですね。
シャワーを浴びてさっぱりしてから海外出張に備えましょう!
※歯ブラシ、カミソリ、メイク落とし、化粧水、乳液は有料
http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/service/relaxation.html

3-5.空港内にあるホテル


お金をかけてもいいからしっかり休みたいという方は、短時間利用が可能なホテルがおすすめ。無駄な移動時間をかけないで済むため、空港内のホテルが便利です。深夜便利用客にうれしい便利なプラン、ぜひ活用してみましょう。

≪THE ROYAL PAEK≫
国際線出発ターミナルビル内にあるのが「ロイヤルパーク」。宿泊不要な方向けのシャワーブース、ソファ、ベッドのみの「リフレッシュルーム」もあるので、ちょっとした休憩にも使えます。
規制区域エリアにある「ロイヤルパークトランジット」は乗り継ぎの合間に休憩が可能です。

≪リフレッシュルーム料金(ロイヤルパーク/ロイヤルパークトランジット)≫
1時間まで:2,000円/延長料金:1時間ごとに1,000円(2019年9月30日まで)
1時間まで:3,000円/延長料金:1時間ごとに2,000円(2019年10月1日以降)
※宿泊料金は時期によって異なるため、ホテルへお問い合わせを。
≪問い合わせ先(ロイヤルパーク/ロイヤルパークトランジット)≫
03-6830-1111
≪公式サイト(ロイヤルパーク/ロイヤルパークトランジット)≫
https://www.the-royalpark.jp/the/tokyohaneda/

≪FIRST CABIN(ファーストキャビン)」
国内線第1ターミナルにあるカプセルホテルです。国内の移動で羽田空港に到着し、その後羽田空港から海外へ向かう場合に便利なホテルですね。スタイリッシュな雰囲気が魅力です。男女フロアが別々でセキュリティ面も安心、アメニティが充実しているなど、快適に過ごせる配慮がなされています。
国際線ターミナルまでの移動は無料早朝バスの利用が可能です。(朝3:00台と4:00台にあり)

≪料金≫
宿泊:6,500円~
早朝ショートステイ:3時間3,000円(5:00~10:00の間のみ)※
※19:00~10:00は宿泊のみ
※早朝ショートステイは予約不可

≪問い合わせ先≫
03-5757-8755
≪公式サイト≫
https://first-cabin.jp/

4.深夜・早朝便利用時の注意点


深夜・早朝に空港を利用するとき、注意すべき点もあります。一つは、国内線と国際線ターミナル間の移動。もう一つは、仮眠を取る時の注意点です。直前で慌てないよう、念頭に置いておきましょう。

4-1.国内線と国際線ターミナルの移動は早めに

国内線ターミナルビルに到着し、その後国際線ターミナルビルへ移動する場合は注意が必要です。国内線と国際線ターミナルビルは4kmほど離れているため、国内線・国際線ターミナルビルを結ぶ巡回バスが運行しています。このバスは24時間運行ではないので、もし、バスのない時間に移動する場合は、タクシーを利用することとなります。最終バスが出る前に移動しておきましょう。

≪国内線~国際線ターミナルビル巡回バス 最終・始発時間≫
・第1ターミナル発
最終:24:55
始発:5:00

・第2ターミナル発
最終:24:50
始発:4:56
※料金:無料
≪公式サイト≫
https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/access/moves_between_terminals/shuttle_bus_between_terminals.html

4-2.スリ、置き引きに注意

世界的に見て日本は治安の良い国ですが、羽田空港内でスリなどの盗難被害に遭ってしまったという人もいます。「仮眠中に海外出張でこれから使用する大切な資料やデータが入ったカバンやパソコンが盗まれてしまった……」などということのないように、しっかり防犯対策をしておきましょう。
仮眠を取るなら、手荷物預かりやコインロッカーの利用をおすすめします。

≪コインロッカー利用料金≫
2階に1か所、3階に2か所あります。
大(横36cm×高さ84cm×奥行き64cm)500円/日
小(横36cm×高さ40cm×奥行き64cm)300円/日
≪公式サイト≫
http://www.haneda-airport.jp/inter/mo/premises/service/delivery_locker.html
≪日本空港テクノ(手荷物一時預かり)料金≫
スーツケースなど大きい荷物は手荷物一時預かりを利用しましょう。2階と3階にある「日本空港テクノ」で手荷物を預かってくれます。

S(120cm未満)300円/日
M(120cm~200cm未満)500円/日
L(200cm~300cm)800円/日
コート(1着)200円/日
※サイズは手荷物3辺の合計(縦/横/高さ)

≪公式サイト≫
http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/service/delivery.html

まとめ:海外出張は空港から始まる。しっかり準備を!

羽田空港国際線ターミナルビルはどんな利用者にも快適に過ごせるよう、配慮がなされています。フライト時間やニーズに合わせて、これらのサービスをぜひ利用してみてください。海外出張は気力・体力を使うもの。空港内で資料やメールのチェックも良いですが、何より心や身体の準備をしておきましょう!

文:カワムラ ルイ
編集:オナイウイコ(リベルタ)

こちらの記事もおすすめ!
女性に嬉しい!羽田空港のおすすめスポットをご紹介。これで海外出張も国内出張も問題なし。
時間がなくても羽田空港を上手に利用しよう!海外出張や国内出張の前に役立つおすすめスポットを紹介
時間があるから見ておきたい!いつもと違う羽田空港。海外出張や国内出張の待ち時間を有効活用しよう
海外出張、国内出張の前にチェックしておきたい。羽田空港の便利なショップはビジネス旅行で使える!

SENNHEISERからビジネス向けヘッドフォン新発売!

CTA-IMAGE 音楽制作現場や映画製作現場などのプロフェッショナル用途にも多く用いられているドイツの音響機器メーカー“ゼンハイザーから新しく、ビジネス向けのヘッドフォンが新発売! 使ってビックリの出張おすすめグッズ。レビュー付きでご紹介します。 プレゼントキャンペーン企画中!

タビマエカテゴリの最新記事