SNSもオンラインストレージサービスも使えない! 中国のインターネット規制に立ち向かうオススメのサービス

SNSもオンラインストレージサービスも使えない! 中国のインターネット規制に立ち向かうオススメのサービス

中国出張者の頭を悩ます問題の一つ「インターネット規制」。
中国政府は国民に閲覧させたくないサイトをアクセスできないようにブロックしています。
これは、不便なだけでなく、ビジネスシーンでも影響を受けることも。
このインターネット規制、通称「グレートファイアーウォール」を乗り越える方法はあるのでしょうか?

なぜ規制されるの?

規制理由については、中国政府は公式なコメントを発表していません。

そのため推測となりますが、インターネットを通じて反政府活動や共産党批判をさせないことが大きな理由と言われています。
インターネットを使用すれば、情報収集や発信がしやすくなり、反政府活動がしやすくなるためです。

例えば、2010年から2012年にかけて発生した反政府活動の「アラブの春」。
この活動では、SNSを使用して反政府活動を呼びかけ、活動が活発化しました。

また、中国政府が公にしたくない問題(例えば、チベット侵略やウイグル族への迫害など)を海外のサイトやSNSを経由して真実が明るみに出ることを恐れているといわれています。

もう一つの規制理由は、中国国内インターネットサービスの強化。
中国国外のサイトを遮断し、中国国内のサイトを使用させるのが目的です。
実際、中国インターネット業界最大手の阿里巴巴(アリババ)、百度(バイドゥ)、騰訊(テンセント)の3社は急激に成長、世界で注目を集める存在となりました。

規制されるサイトは? ビジネスに影響が出る?

中国で規制対象となっているのは、主に中国共産党批判を促進するサイトや世界中から情報発信・収集が可能なサイト。
ビジネスシーンでも使用されることの多くなったSNS(Facebook、LINE、Twitter、Instagram)もブロックされてしまいます。

また、DropboxやEvernoteといったオンラインストレージサービスにもアクセスできません。
そのため「アップロードしておいたファイルが出張中に必要なのに見られない」と大変困る事態に陥ることもあり得ます。

さらに、今まで規制対象外だったサイトが突然ブロックされてしまうこと。
例えば、2017年9月頃、Yahoo! JAPANの検索機能のみが閲覧不可となりました。

※主な規制対象サイト(2019年2月時点):Google、You Tube、Facebook、LINE、Twitter、Instagram、Dropbox、Evernote、Yahoo! JAPAN(検索のみ不可)、FC2、ウィキペディア、Flickr、ニコニコ動画

インターネット規制はビジネスに大打撃! 規制を回避するには?

インターネット規制はあるけれど、回避する方法もちゃんと存在します。
そもそも、ブロックされているサイトを閲覧することは「違法」ではありません。
そこで、中国でも快適にインターネットを閲覧できる方法をご紹介!

1.ローミング

日本のキャリア(携帯電話会社)が海外で提供している現地キャリアから電話回線を借りてサービスを提供する方法です。
通話もインターネットも日本にいる時と同じように利用できますが、請求金額が高額になりがちなのが難点。

2.VPN

インターネット上に仮想の専用線をつくり、外部からの盗み見を防ぎます。
セキュリティ目的で使われることが多いのですが、中国政府の規制から逃れることも可能。
中国長期滞在や中国人はもちろん、中国出張者の間では最も一般的です。

ところが、2017年よりVPNサービス*を排除する動きがみられています。
そのため、今後使えなくなるのでは?という懸念も。
実際に、中国政府は2017年10月の「中国共産党全国代表大会」の前後に、一時的に国際ネットワークを遮断しました。

また、ネットワーク品質は良好とは言えないため、VPNが繋がりにくい、繋がってもすぐ切れるという不安定さが見られます。

*VPN(Virtual Private Network)は、 通信事業者のネットワークやインターネットなどの公衆ネットワーク上で作られる、 仮想的な専用ネットワークの総称。
出典:一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
https://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No67/0800.html

おすすめなのがローミングでもVPNでもない中国プレミアム回線!

そこで、インターネット規制の回避にはイモトのWi-Fiが提供する「中国プレミアム回線」がおすすめ!VPNのような不安定さがなく、使い方は簡単。
中国出張の持ち物リストに加えたいツールです。

安定して使える!

「中国プレミアム回線」のおすすめポイントは、安定性。
不安定な状況に追い込まれたVPNを使用していないので、突然「VPNが使えない」という事態に陥りません。

新技術を導入、規制対象ではない中国国外のIPアドレスを使用しています。
そのため「この回線もいつかは中国に規制されるのでは?」という心配も無用です。

もちろん、日本と同じようにSNSもオンラインストレージサイトも閲覧可能。
既に、多くの海外大手企業の導入実績があるのも安心です。

使い方が簡単、便利!

スマートフォンやPCのVPNの設定は、ITに詳しくない人には難しいと感じる上に面倒。
ところが、中国プレミアム回線の使い方は、とても簡単です。

Wi-Fiルータの電源を入れるだけで、他の設定は必要ないので、誰でも気軽に使えます。
また、一度に5台まで同時利用できるので、グループで使いたい時も便利です。
レンタル方法も、サイトで申し込みをし、空港で受取(または、郵送)・返却、と手軽なのもうれしいポイントです。

イモトのwi-fiについての記事はこちら
出張には必須!イモトのWiFiで海外ネット環境を整えよう

まとめ

海外にいる時に、LINEなどで連絡が取れない、サイトが閲覧できないのは、想像以上につらいもの。
代わりに中国で使用されているサイトを使用してみても、それらは中国以外ではほとんど使われていません。

また、検索サイト「百度(バイドゥ)」を使ってもヒットするサイトは中国語サイトばかり…。

「中国プレミアム回線」があれば、日本同様に規制なく自由にサイトの閲覧が可能「グレートファイアーウォール」も怖くありません。
中国出張の心強いパートナーになってくれるはず!

中国出張の強い味方!中国プレミアム回線と言えば「イモトのWiFi」

インターネット規制の回避にはイモトのWi-Fiが提供する「中国プレミアム回線」がおすすめ!
VPNのような不安定さがなく、使い方は簡単。4G対応で通信料は1日あたり500MBと大容量。
成田・羽田・関空・中部国際・新千歳・福岡で受け取りできるので利便性抜群!
日本語サポート、補償最安など老舗ならではの安心感。
初心者にもおすすめです。


テレワークでも使えるWEB会議ツール Teamsの使い方ご紹介!

新型コロナウイルスの影響で、出張に行けなくなった方、多いのではないでしょうか。 その間コミュニケーションはWEB会議で取っていたという方が多く見受けられます。 また、在宅勤務やテレワークが実施され、Web会議・テレビ会議のニーズが高まっています。 今回は、Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)でのWEB会議開催の方法基本的な操作について解説します。

タビナカカテゴリの最新記事