韓国出張するならグルメもチェック!オススメ店情報やマナーを紹介

韓国出張するならグルメもチェック!オススメ店情報やマナーを紹介

ビビンバやサムギョプサル、ダッカルビなど日本でも馴染みの深い韓国料理。
韓国出張に行くなら、本場の美味しいご飯を食してみたいものですよね。今回は、日系企業も多く進出する韓国で食べたいご当地グルメや、出張中に使えるオススメのお店をご紹介します。気軽に立ち寄れる街の屋台から、話題のミシュラン常連店、テイクアウトしてホテルで食べられるものまで、ここで紹介したお店を巡れば、韓国グルメもマスターできるかも。
接待や商談などで食事をする際に、知っておきたい韓国の食事マナーも合わせてチェックして、韓国出張でビジネス成功を目指しましょう!

1.ソウル出張で立ち寄りたいオススメのお店10選

ソウル市内でもビジネス街として栄える江南(カンナム)や大使館などが集中している国際タウンとして知られる梨泰院(イテウォン)~漢南洞(ハンナムドン)エリア、行政の中心でもありオフィスビルが立ち並ぶ市庁(シチョン)駅周辺には美味しいお店がたくさんあります。
今回は、韓国出張で足を運ぶことの多いこれらのエリアを中心に、オススメ10店をご紹介します!

1-1.韓国の定番グルメが楽しめるお店2つ

(1)土俗村(トソッチョン)
韓国の定番料理のひとつである参鶏湯(サムゲタン)が美味しいお店で、いつも行列ができている人気店。伝統的な韓国スタイルの建物で食事ができるお店です。あつあつでスパイスの効いた参鶏湯は、あっさりとした味わいなのも嬉しいところ。回転が速いとはいえ、行列に並ぶことも想定して、時間には余裕を持っていきましょう。

土俗村は、観光地としても有名な景福宮からも程近い場所にあります。出張の空き時間に韓国を満喫したいなら、景福宮観光がてらここで韓国グルメを満喫するのも良いでしょう。出張の合間にブレジャーを楽しみたい方にオススメのお店です。

土俗村
・住所:ソウル特別市 鍾路区 体府洞 85-1
・営業時間:10:00〜22:00(L.O.20:30)
・公式サイトURL: http://tosokchon.com/index.php?lug=jp

(2) 熟達テジ(スッタルテジ)
韓国出張中に英気を養いたいなら、やっぱり韓国の焼肉を食べたいという方も多いのではないでしょうか?本場の韓国焼肉、サムギョプサルを食べるなら、「熟達テジ」がオススメです!ソウル市内には、文来(ムンレ)駅近くにある本店以外にもいくつかあり、出張者が便利なのは鐘閣(チョンガク)駅からアクセスしやすい鐘閣店や江南(カンナム)CGV店です。
ソウル駅から地下鉄で2駅の鍾閣駅は、周りにオフィスも多いエリア。また、江南CGV店も大手企業が集まる江南駅近くにありますので、出張先に合わせて店舗を選んでみましょう。

「出張中の成果も上々!出張の最後に自分へのご褒美として焼肉を食べたい!」という方にもぴったりです。ただし、注文は2人前〜のものが多いので、食べ切れるかどうかお腹と相談をしながらオーダーしましょう。

熟達テジ 江南CGV店
・住所:ソウル特別市 江南区 駅三洞 619-2, 2F
・営業時間:16:30〜23:00(L.O.22:00) 
※土・日曜日は12:30〜15:30、17:00〜23:00

熟達テジ 鐘閣店
・住所:ソウル特別市 鍾路区 貫鉄洞 43-15
・営業時間:15:30〜25:30 
※日曜日は11:30〜23:30
・公式サイトURL:https://www.sukdal.com/
 

1-2.いろいろなおかずが楽しめる韓定食のお店2つ

日本の定食の小鉢の数とは段違いの皿数で、いろいろなおかずがズラッと並ぶ韓定食(ハンジョンシッ)。
フラッと立ち寄れるリーズナブルな韓定食のお店もあれば、韓国の宮廷料理スタイルで提供しているちょっと高級感のあるお店もあります。限られた出張スケジュールの中でも、色々な韓国料理を食べてみたいなら、ぜひ韓定食にチャレンジしてみましょう。小皿に並んだ韓国風のおかずは、目の前に並ぶだけでもテンションが上がりそうです。

ここでは、気軽に立ち寄れる韓定食のお店を3つご紹介しましょう。

(1)シゴルパッサン
韓国の家庭的な味を韓定食で楽しみたいなら、梨泰院(イテウォン)駅から程近いこちらのお店がオススメです。
24時間営業なので、深夜のフライトで韓国に到着した際の腹ごしらえにもぴったりです。
田舎の民家のような雰囲気の薪が積まれた入り口が目印です。

シゴルパッサン
・住所:ソウル特別市 龍山区 漢南洞 738-17
・営業時間:24時間営業
・公式サイトURL:なし

(2)サンドゥレ 盤浦(バンポ)店
全てのおかずがおかわりし放題という嬉しいスタイルで、ビジネスマンからも人気の韓定食のお店「サンドゥレ」。盤浦店は高速ターミナル近くにあり、出張中のショッピング後に一息つくのも良いでしょう。ランチ・夜どちらでも利用できます。
韓国の江南エリアに住む韓国人も通うこちらのお店の人気メニューは、韓定食。一人前17,000ウォン(約1,600円)で、2人前から注文できます。

サンドゥレ 盤浦店
・住所:ソウル特別市 瑞草区 盤浦洞 18-3, 来美安FIRSTIGE中心商店街 B1F
・営業時間:11:30〜15:00、16:30〜22:00(L.O.20:00)
・公式サイトURL:なし

1-3.ビールにもぴったりな韓国チキン店2つ

日本でも人気の韓国ドラマ内に登場するのが韓国チキン。
ビールのおつまみにチキンを食べるのが、韓国の日常風景です。甘辛く、食感はサクサク。ついつい食べ過ぎてしまいそうな韓国チキンは韓国の国民食と言われることも。
お店は、ソウル市内を歩けばコンビニエンスストアと同じくらいの頻度で目にします。そのなかでも韓国チキンといえばここ!という人気のお店を2つご紹介します。

(1)KyoChon Chicken(キョチョンチキン)
KyoChon Chicken(キョチョンチキン)は韓国でも人気のチキンチェーン店。
たくさん店舗がありますが、女性やビジネスマンでも入りやすいのは、ソウル市庁や観光地明洞からも近い市庁(シチョン)店です。
さまざまな味付けのチキンの中で、人気なのはハチミツを使った甘味のある味わいが美味しい『ハニーオリジナル』。メニューはテイクアウトもできますので、仕事後、ホテルに戻って夕ご飯を食べる予定の方もどうぞ。

KyoChon Chicken 市庁店(キョチョンチキン シチョン)
・住所:ソウル特別市 中区 太平路2街 55, 1~2F
・営業時間:11:30〜25:30(L.O.23:30)
・公式サイトURL:https://m.kyochon.com/

(2)BBO BBO CHICKEN(ポッポチキン)
朝までオープンしているため、出張中の仕事終わりや帰国前などにも使えるのが「ポッポチキン」です。場所は会賢(フェヒョン)駅1番出口を出てすぐ。南大門市場(ナムデムンシジャン)からも近く、ソウルっ子もよく利用するお店なのだとか。チキン以外にもトッポギなどのメニューがあり、テイクアウトも可能です。韓国の若い女性客も多く、女性でも気軽に入れるお店なのも嬉しいポイントです。

BBO BBO CHICKEN(ポッポチキン)
・住所:ソウル特別市 中区 退渓路 68-1
・営業時間:11:00〜朝5:00
・公式サイトURL:なし

1-4.接待にも使える話題のレストラン2つ

クライアントや大切なビジネスパートナーを連れて韓国出張するという方は、チェックしておきたいのが接待にも使えるソウルで話題のレストラン。
2016年より韓国版ミシュランがスタートし、美味しいお店を見つけやすくなっています。今回は、韓国版ミシュランにも名を連ねたことのあるお店をご紹介しましょう。

(1)羅宴(ラヨン)
「ミシュラン ガイド ソウル 2021」でも3つ星店を獲得したお店で、韓国の宮廷料理が堪能できます。
VIPも多く利用するソウル新羅ホテル内にあり、ホテルでは日本語も通じるのでビジネス利用もしやすいお店。最大10名まで入れる個室もあるので、商談しながらの食事もできます。韓国出張にきたのだから、やっぱりメニューは韓国料理がいいというときには是非訪れてみてはいかがでしょうか。

羅宴(ラヨン)
・住所:ソウル市中区 奨忠洞2街202 ソウル新羅ホテル23F
・営業時間:12:00〜14:30、18:00〜22:00
・公式サイトURL:https://www.shilla.net/seoul/dining/viewDining.do?contId=KRN#ad-image-0
※ディナーコース/198,000ウォン(約18,600円)〜

(2)mingles(ミングルス)
江南エリアにある韓国産の食材を使った若手シェフによる「モダン・コリアン」が堪能できるレストランです。2021年韓国ミシュランでも2つ星を獲得。韓国のガストロノミー界を牽引する存在としても注目されているのだとか。
使われている野菜は、ほとんどが自家菜園で採れたものというこだわりも光ります。自然派の料理なので、健康や食にこだわりのあるビジネスパートナーとの会食や接待にも良いでしょう。

mingles(ミングルス)
・住所:ソウル市江南区 論峴洞94-6 ザ・チェプレット・チョンダム1F
・営業時間:12:00~13:30、18:00~20:30 ※土曜日は~20:00、日曜定休
・公式サイトURL:http://www.restaurant-mingles.com/v3/
※ディナーコース/参考 220,000ウォン(約20,700円)

1-5.食後に飲みたいコーヒー店2つ

(1)Fritz Coffee Company(プリッツコーヒーカンパニー)
韓国はスターバックスの出店数が世界トップクラスというコーヒー大国。
そんなコーヒー好きの韓国の人たちからも絶大な支持を集めているのがこちらのお店です。コーヒーはもちろんのこと、本格的な味わいのパンが楽しめるので朝ご飯にもぴったり。

Fritz Coffee Companyの経営には、著名なバリスタチャンピオンやコーヒー豆のバイヤー、そしてパン職人など韓国のコーヒー業界を牽引するキーパーソン達が関わっているのだとか。
飲食関連のビジネスを考えている方や、日本でも人気の韓国カルチャーをチェックしてビジネスに活かしたいという方は、成功のヒントを探しに足を運んでみても良いですね。ソウル市内に3店舗あります。

Fritz Coffee Company1号店
・住所:ソウル特別市麻浦区セチャン路2キル17
・営業時間:8:00〜23:00 ※土・日曜は10:00〜
・公式サイトURL:http://fritz.co.kr/index.html

(2)A TWOSOME PLACE 忠武路駅店(トゥサムプレイス チュンムロ駅前店)
深夜便でソウル入りした日や、夜遅くまで仕事をした日には、美味しいコーヒーが飲みたくなりますよね。地下鉄の乗換駅としての利用客も多い忠武路駅近くにあるこちらは、24時間営業が嬉しいコーヒー店。
ケーキも美味しいと評判で、ショーケースにずらりと並ぶ色とりどりのケーキは、甘党さんには夢のような光景かもしれません。仕事の後の疲れた頭に糖分を補給したいときにもぴったりです。会食後にコーヒーが飲みたくなったときにもどうぞ。
チェーン店で、忠武路駅店以外にもソウル市内にたくさん出店しているので、見つけたらぜひ立ち寄ってみましょう!

A TWOSOME PLACE 忠武路駅店
・住所:ソウル特別市 中区 筆洞2街 15-7, 1~2F
・営業時間:7:00〜23:00
・公式サイトURL:http://www.twosome.co.kr/
・Instagram:https://www.instagram.com/atwosomeplace_official/

2.出張中に体験してみたい韓国の食文化

韓国の食文化を楽しむなら、屋台やカフェにも足を運んでみましょう。B級グルメとして親しまれている屋台や、若者に人気のカフェカルチャーに注目!オススメのスポットもご紹介します。

2-1.老若男女からも人気の屋台

韓国では観光エリアだけでなくビジネス街や学生街の街角などで気軽にサクッと食べられる屋台をたくさん見かけます。広蔵市場(クァンジャンシジャン)などの屋台街もありますが、オフィス街近くなど人が多く集まる場所なら、朝・夕の時間帯、比較的簡単に屋台を見つけられます。

庶民の食文化としてもポピュラーな屋台は、メニューも豊富で忙しい商談や出張の合間に食べるのにもぴったり。

朝ご飯には鉄板で焼いたパンに卵やチーズなどを挟んだホットサンドイッチや、韓国風海苔巻のキンパなどが定番メニューです。朝から夜までいろいろな屋台にぜひチャレンジしてみてくださいね。

<オススメの屋台街>
広蔵市場(クァンジャンシジャン)

ソウル市内でも有数の規模と歴史を誇る広蔵市場には、古くからたくさんの屋台が立ち並んでいます。市場内の「うまいもん通り」なら、朝9時からオープン。朝ご飯がてら韓国の空気を感じたい人にもオススメ。

・アクセス:鍾路5街駅8番出口出てすぐ

2-2.注目したい韓国のカフェ文化

韓国はチェーン店のカフェから個性的なカフェまで、カフェがたくさんある国です。ビジネス街はもちろんのこと、若者の街・弘大(ホンデ)のすぐ隣にある延南洞(ヨンナムドン)には完成な住宅街の中におしゃれなカフェが集まっています。

ダルゴナコーヒーなどにも代表されるとおり、韓国の若者文化は日本でも注目の的。フォトジェニックなカフェのメニューなども参考になります。

日本でもこれからヒットするビジネスの種を探しに散策してみてはいかがでしょうか?

3.韓国出張前に知っておきたい会食マナーの注意点

韓国は儒教の国。年長者を敬う文化が根付いており、食事シーンでもこうした考え方のもとでマナーがあります。最後に、取引先やビジネスパートナーとの会食、接待に備えて知っておきたいマナーをご紹介します。

3-1.箸をつけるのは目上の人から

日本以上に年長者や目上の人をとても大切にする韓国。その考え方は食事マナーにも反映されています。

例えば、食事を食べ始めるのは目上の人や年長者から。スプーンや箸などを手に取るのも、目上の人が持ってからにしましょう。

3-2.目上の人の前でお酒を飲むときは口を隠して

会食ではお酒を一緒に酌み交わすこともあるでしょう。
目上の人の前ではお酒を飲んではいけないとされる韓国。勧められた場合だけ飲みますが、その際も飲んでいる姿を見せないように横を向いて口を隠して飲みましょう。

ちなみに、日本のビジネスマナーとして言われることもある「目上の人よりグラスは低い位置に持ち、グラスを合わせる」というものは韓国でも同様です。

3-3.お酒を注ぐタイミングと注ぎ方にも注意を

まだグラスにお酒が残っているのにお酒を注ぐのは基本的にNGです。お酌をする際には、グラスが空になってからにしましょう。
注ぐ際には、日本同様に瓶を片手で持つのはマナーとしてあまり良くありません。必ず瓶を持っている手と反対側の手も軽く添えましょう。ちなみに、お酒を注いでもらう側もグラスは両手で持つようにするのが基本です。

まとめ.韓国出張に行くならグルメからも韓国文化を知ろう!

日本でも若者からダルゴナコーヒーやチーズダッカルビが人気となったように、韓国グルメは日本人の口に合うものがたくさんあります。韓国出張に行くなら、これから日本で流行りそうな、韓国グルメを探してみるのも面白いかもしれません。
次の韓国出張では、ぜひ美味しくて奥深い韓国の食文化を体感し、ビジネスに生かしてみてくださいね!

文: 松本 有為子
編集:カワムラ ルイ(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
知っておきたい韓国のトイレ事情を出張やブレジャー前にチェック!
韓国出張にあると便利!出張に持っていくべき持ち物を徹底解説
ソウルでブレジャー! プランの立て方のコツとおすすめスポット

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】
 
今回は過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、
「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。
コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビナカカテゴリの最新記事