知っておきたい韓国のトイレ事情を出張やブレジャー前にチェック!

知っておきたい韓国のトイレ事情を出張やブレジャー前にチェック!

日本から距離も近く、数時間でアクセスできる韓国は、出張やブレジャー、旅行などで頻繁に足を運ぶという方も多い国です。
私たちにとって身近な国ではありますが、韓国に行くとき、気がかりなのがトイレ事情。日本と似た部分の多い韓国でも、トイレの使用方法や習慣、出張・旅行中に利用できる場所などには違いがあります。
そこで今回は、韓国に出張やブレジャーに行くなら知っておきたいトイレ事情をご紹介していたしましょう。

1.韓国ならではのトイレ事情

韓国と日本では、トイレの設備自体はそこまで違いはありません。
ただし、街にある公共のトイレなどに目を向けると、日本とは異なる韓国独自のトイレにまつわる習慣や使い方が垣間見えることもあります。
出張で韓国に訪れた際に、いつもと違うトイレ事情に戸惑わないためにも、韓国のトイレ事情を予習しておきましょう!

1-1.トイレットペーパーを流せない?

韓国と日本のトイレ事情として、大きな違いの1つが「トイレットペーパーを流せないトイレがある」ということ。
韓国では、まだ下水の整備が整っていないトイレがあるため、トイレットペーパーを流すと詰まってしまうのだとか。
もちろん現在は、韓国でも下水道の整備が進み、トイレットペーパーを流せるトイレも増えています。しかし、トイレットペーパーを流さずゴミ箱に捨てるトイレがあることを知っておきましょう!

1-2.外からかけるカギがある?

ショッピングモールや飲食店のトイレの場合、外から施錠されていることがあります。
これは、お店と関係のない人がトイレを利用したり酔った人がトイレを汚したりするのを防止するためだとか。
外から鍵のかかったトイレを使用する際は、お店の人に声をかけてカギを借りましょう。また、パスワードを入力して開錠する場合は、レシートにパスワードが載っている場合もあります。チェックしてみてくださいね。

腹痛などで急いでトイレに行きたいときに焦ってしまわないよう、韓国ではトイレが外から施錠されている可能性もあるということも頭に入れておきましょう!

1-3.ウォシュレットは備え付けられている?

肌がデリケートな人や、体質の問題でトイレの回数が多いという人に欠かせないのがウォシ
ュレット。ウォシュレットが一般的な日本暮らす私たち。なかに「ウォシュレットがないとなんだか気持ちが悪い!」と感じる方もいるかもしれません。

韓国では日本に比べてウォシュレットの普及率はまだまだ低いのが現状。基本的にはトイレにウォシュレットは無いと考えておいた方がいいでしょう。

どうしても出張中の滞在先でウォシュレットが使いたいなら、携帯用ウォシュレットを持っていったり、ウォシュレットが備えつけられているホテルを宿泊先に選んだりすることも検討しましょう。

【参考】
旅行予約サイト「エクスペディア」で「ビデ」表記があるホテル(2019年10月時点)

韓国の中でもブレジャーや出張先として選ばれやすいソウルにあるホテルの中で、旅行予約サイト「エクスペディア」にて、ビデ表記があるホテルを3つピックアップしてみました。こうした情報も参考にしてみてくださいね。(※注)

・デヨン ホテル ソウル
https://www.expedia.co.jp/Seoul-Hotels-Daeyoung-Hotel-Seoul.h18327665.Hotel-Information

・ロッテホテルソウル
https://www.expedia.co.jp/Seoul-Hotels-Lotte-Hotel-Seoul.h445260.Hotel-Information?eapid=0-28&affcid=JP.NETWORK.VALUECOMMERCE.3195310&vc_lpp=r088327923702438503191105044642%7Cvcptn=AAABbjni6WZxmYPfytqoGN-F

・ソラリア 西鉄 ホテル ソウル 明洞
https://www.expedia.co.jp/Seoul-Hotels-Solaria-Nishitetsu-Hotel-Seoul-Myeongdong.h9761216.Hotel-Information?eapid=0-28&affcid=JP.NETWORK.VALUECOMMERCE.3195310&vc_lpp=r088327923702438503191105044855%7Cvcptn%3DAAABbjnk7-txmYPf0oEJgt_s

※注:上記でご紹介しているホテルは「ビデ」表記があることを確認したのみです。実際にウォシュレットがあるかを現地で確認はしていません。
そのため、ホテルの設備変更や部屋のグレード等でウォシュレットがない可能性もございます。あらかじめご了承ください。

エクスペディア以外でも、旅行予約サイトによっては設備情報の欄に「ビデ(ウォシュレット)」が備え付けられているかが表記されている場合があります。
トイレに不安がある人は、ホテル選びの際にビデ情報をチェックしてみるのもいいかもしれません。

2.韓国出張中に出先でトイレを使うならどこ?

ブレジャーや出張となると、出先でトイレを使いたくなることも数多くあるでしょう。
日本ならコンビニやお店で気軽にトイレを借りられますが、慣れない韓国だとどこで借りられるのか分からないということも。
そこで、韓国の街中でトイレを借りられる場所を5つピックアップしました。

2-1.ホテル

きれい好きの方や海外のトイレに不安を覚えるという人も使いやすいのが、ホテル内のトイレです。
ホスピタリティが行き届き、各国から様々な人たちが集まるのでトイレも清潔に保たれています。ウォシュレット付きである確率が高いのも嬉しいポイント。
ただ、やはり出張やブレジャーで宿泊している立場でないと使いにくいというデメリットもあります。

2-2.カフェやレストランなどのお店

次に街で使えるトイレとしてポピュラーなのは、カフェやレストランなどのトイレです。前述した通り、お店のトイレは暗証番号や鍵が設定されている可能性が高いので、その場合は店員さんに尋ねましょう。
また、日本とは違いコンビニでトイレを貸し出していることは珍しいので、トイレに行きたいと思ったときには、コンビニではなく飲食店やショッピングモールを探すことをおすすめします。

2-3.空港

韓国に到着した際や、逆に帰国する際などに利用する可能性が高いのが空港のトイレ。
空港のトイレはトイレットペーパーが流せるタイプがほとんどなので、日本のトイレ様式に慣れた人でも使いやすいでしょう。
中でも、多くの利用客が集まる「仁川空港」や「金浦空港」は、トイレの数も多いので安心です。

2-4.駅

ブレジャーや出張で移動する際、電車を使う機会は多いと思います。韓国の駅では、日本と同じく比較的清潔かつ使いやすいトイレが設置されています。
韓国の中でも都会にあたる「清涼里駅」や「平昌駅」のトイレは、内装に凝っていたり音楽が流れていたりと、かなりトイレ美化に力を入れている印象です。
ただし、駅の利用客が多いので時間帯によっては並ぶこともあるということを頭に入れておきましょう。

2-5.公衆トイレ

最後に触れておきたいのは街中に建てられている公衆トイレ。
こちらは日本でも似たようなケースが多いですが、あまり清掃が行き届いておらず、清潔感が無いトイレが目立ちます。

それだけでなく、盗撮などの犯罪が発生するという危険な側面も。「どうしても間に合わない! 」など緊急性の高い場合や、同行者がいる場合のみ使用することをおすすめします。

3.韓国でトイレを使う際に準備したいもの

ここまでご紹介してきたように、韓国と日本では少しトイレ事情が異なります。
トイレといえば、体質の問題でトイレが近い方や、肌がデリケートでウォシュレットが欠かせない方など、人それぞれ事情があるでしょう。
いざ出張やブレジャーで韓国に行くときにトラブルが起きないよう、準備していきたいアイテムやいざというときに使える韓国語をご紹介します。

3-1.あると便利なアイテム

慣れない韓国でトイレを使う際に、あると便利なアイテムをご紹介します。
全てを必ず持っていく必要はありませんが、余裕があれば用意しておいてみてはいかがでしょうか?

・流せるティッシュ
海外のトイレットペーパーは、普段使っているペーパーとは素材が違い、どうしても肌に合わないということもあるでしょう。
そんなときに備えて、肌触りも柔らかく、トイレには流せるタイプのポケットティッシュを持っていくと快適です。

・携帯用ウォシュレット
韓国ではウォシュレットが普及し始めたとはいえ、日本に比べるとまだ少ない方です。
体質や肌質の問題で、ウォシュレットが欠かせないという人には携帯用ウォシュレットを持っていくのもいいでしょう。
携帯用ウォシュレットは持ち運びしやすいサイズで電池式という手軽。通販サイトなどで2,000円台から購入できるものもあります。快適なトイレ生活を送りたいという人にはぜひ使ってみてほしいアイテムです。


出典:amazon サイト

携帯用おしり洗浄機 ハンディウォッシュトイレシャワー
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3…

・除菌シート
除菌シートは、公衆トイレなど、汚れが気になるトイレを使う場合や、普段洋式トイレを使わないという人は持っておくと便利です。ティッシュもですが、除菌シートはトイレ以外にも使えるシーンがあるので、持っていって損はないでしょう。

いかがでしたか?
これらのあると便利なアイテムの中には、現地で購入できるものもありますが、やはり使い慣れたアイテムの方が安心というもの。短期間の出張やブレジャーの場合は日本から持っていくと良いでしょう。

3-2.「トイレを貸してください」は韓国語でなんという?

さて、ホテルやお店でトイレを借りるときに、とっさに韓国語でのフレーズが出ないと焦ってしまいますよね。
そこで、トイレを借りたい時に知っておきたいフレーズを3つご紹介します。
ハングル表記も載せておくので、発音に自信がない場合は、紙に書いて見せるのもいいかもしれません。

【トイレを借りる際に使える韓国語フレーズ】

・「トイレはどこですか」=ファジャンシリ オディエヨ(화장실이 어디예요?)
・「トイレを使ってもいいですか」=ファジャンシル ソド デヨ(화장실 써도 돼요?)
・「カギをください」=ヨルセ ジュセヨ(열쇠는 있어요?)

「カギをください」のフレーズは、直接トイレに関係しているわけではありませんが、施錠されているタイプのトイレに遭遇した場合に使ってみましょう。

韓国出張中もトイレを快適に使いこなそう

トイレは生活をしている限り、必ず利用するもの。慣れない土地での滞在やブレジャー、緊張するシーンのある大事な出張となると、ついついトイレも近くなってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、そうでなくても、世界のどこにいくとしてもトイレは必ず使う場所。
韓国出張中にトイレに慣れずに失敗したり、場所が分からずに我慢したりしないか……。そのような不安を少しでも減らすためにも、最低限の情報を知っておきましょう!

文:つちだ四郎
編集:オナイウイコ(リベルタ)

海外出張時のトイレ事情ならこちらの記事もおすすめ!
日本とはどう違う?海外出張で慌てないために知っておきたいトイレ事情
気になる中国のトイレ事情。中国出張前に徹底調査!
海外で突然生理になっても大丈夫! アジアの生理用品と生理痛対策とは

韓国出張ならこちらの記事もおすすめ!
韓国出張にあると便利!出張に持っていくべき持ち物を徹底解説
出張に役立つ!仁川国際空港で快適に過ごす方法とおすすめスポット
海外出張では現地のコンビニが便利!国ごとの特徴や商品の違い

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

ブレジャーカテゴリの最新記事