中部国際空港の『Fly&Drive!レンタカー満タン返し不要キャンペーン』とは?企画背景と今後の展望をインタビュー!

中部国際空港の『Fly&Drive!レンタカー満タン返し不要キャンペーン』とは?企画背景と今後の展望をインタビュー!

コロナ禍の日常から、少しずつかつてのように旅行や出張に出かけられるようになってきている今。中部国際空港では中部国際空港発着の仙台・秋田・新潟路線利用客に対して『Fly&Drive!レンタカー満タン返し不要キャンペーン』を実施しています。
空港から目的地までの移動や旅をサポートするユニークなレンタカーキャンペーンの狙いやその背景にある想いを、中部国際空港営業推進本部の今枝さんと高さんにインタビューしました。

<インタビューにお答えいただいたお2人>
中部国際空港株式会社
営業推進本部 航空営業部 旅客マーケティンググループ 今枝良人 氏
営業推進本部 航空営業部 旅客マーケティンググループ 高ウンビ 氏   

1.中部国際空港が取り組む『Fly&Drive!レンタカー満タン返し不要キャンペーン』とは

1-1.『Fly&Drive!レンタカー満タン返し不要キャンペーン』について


画像出典:レンタカー満タン返し不要キャンペーンサイト

ー『Fly&Drive!レンタカー満タン返し不要キャンペーン』とは?詳しく教えてください。

今枝さん 
『Fly&Drive!レンタカー満タン返し不要キャンペーン』は、中部国際空港発の路線をご利用いただく方向けのキャンペーンです。第一弾では仙台・秋田・新潟路線で。第二弾として7月22日からは北海道路線(旭川・女満別・帯広・釧路)での実施が決定しました。

具体的には、対象路線の各空港にあるトヨタレンタカー店舗のレンタカーをご利用いただいた際に、レンタカー返却時のガソリン満タン返しが不要になる大変お得な内容となっています。

ー通常はガソリンを満タンにして返さなければならないレンタカーが満タン返し不要になれば、時間も節約できそうですね。

今枝さん 
はい、まさにその便利さをお客様に感じていただきたいというのも、今回の企画の狙いです。
レンタカーは通常返却前にガソリンを満タンにしなければいけませんが、そのためにガソリンスタンドを探したり、わざわざガソリンスタンドを経由しなければならないのは時間的にももったいないですから。少しでも、ストレスなくレンタカーを使ったご旅行を楽しんでいただきたいと思っています。

ービジネス出張時にも役立ちそうという印象を受けました!

今枝さん 
ぜひビジネス出張をされる方にもご利用いただきたいと考えています。出張中は忙しいことも多いでしょうから、ガソリンスタンドに寄って給油する必要がなくなれば時間も有効活用いただけるのではないでしょうか?

画像出典:レンタカー満タン返し不要キャンペーンサイト

1-2.キャンペーン企画の背景と込められた想い

ー今回レンタカー事業をフックにしたキャンペーンを企画したのはなぜですか?

今枝さん 
今回レンタカー事業をフックにした企画を考えたのは、コロナが落ち着いてきたタイミングで、空港利用者の方々に空の旅をもっと楽しんでいただきたいと思ったからです。

今年に入り、少しずつ出張や旅行をする方が増えています。とはいえ、バスや電車などの公共交通機関を使うのにはまだまだ不安があるという方もいらっしゃいます。
レンタカーであれば、1台の車の中にいるのはご自身と同行者のみ、という完全個室空間での移動が可能になります。感染症対策が気になる方も、ご安心いただけるのではないでしょうか?

高さん 
レンタカーであれば、行き先やどの道を使うかなどは自由に決められます。中部国際空港としては、航空路線を利用されたお客様に、公共交通機関ではアクセスしにくい場所へのご旅行や出張も応援したいという想いもあります。

中部国際空港の利用客は半数が車で、半数が公共交通機関で空港まで来ています。車で空港まで足を運んでくださった方なら、レンタカーをご利用いただければ飛行機移動以外は全て車移動で済ませられます。

ドアtoドアに近い形で目的地に辿り着ければ、重たい荷物を持って電車やバスの乗り継ぐなどの煩わしさもなくなります。また、バスや電車の運行スケジュールに縛られずに移動できますから身軽かつ自由に旅行や出張ができます。その点でも魅力を感じていただきたいです。

ーキャンペーン企画の構想はいつ頃から?

今枝さん 
以前から「こういう企画ができたらいいね」という構想案自体は、社内でよくあがっていました。それがようやく現実的に動き出したのが昨年秋頃のこと。コロナの流行状況なども注視しながら、2月くらいに「5月頃にできれば」と具体的な調整を始めました。

ーコロナ禍での企画にご苦労もあったのでは?

今枝さん 
おっしゃる通り、コロナ禍の状況を見ながらの企画でしたので、ようやくという感があります。「やっと明るいキャンペーンや話題を皆様にお届けできるな」と。

ただ、間接的に「旅行に行きたいけれど(コロナが心配で)行けない」というお客様の声も聞いていました。ずっとみなさん旅行ができる日が来るのをお待ちになっていたのだなと思います。ようやく安心して旅行ができるようになってきている今、少しでも今回のキャンペーンでご移動を楽しんでいただければ嬉しいですね。

ー今回は仙台・秋田・新潟の東北路線でのキャンペーンから始まり、北海道路線(旭川・女満別・釧路・帯広路線)でもキャンペーンをスタートされますが、なぜ東北エリアからスタートを?

今枝さん

東北エリアからのスタートにしたのは、新緑が美しく、気候的にも過ごしやすい初夏の東北が時期的に最もドライブに適しているので、ぜひお客様に久しぶりの空旅としてお勧めしたいと思ったからです。

7月22日から始まる北海道路線でのキャンペーンも、同様です。夏の北海道は本州と比べて気候も爽やかでアウトドアやドライブにぴったりの季節です。夏休みの思い出に、足を運ばれる方を応援できたら嬉しいですね。

ー空港会社が主体となって利用促進に取り組むのは珍しいのでは?

今枝さん
確かにそうかもしれません。中部国際空港は地域の皆さんの強い期待を受けて誕生しました。そこで、地域にお住まいの皆様にとって利便性の高い空港に発展すべく、路線ネットワークの拡充とより多くの方にご利用いただくための施策に取り組んできました。空港としてできることは最大限やっていきたいんです。

今回のガソリン満タン返しを不要にするキャンペーンもそうした取り組みの一つです。過去には、就航先の自治体の方と一緒になって観光プロモーションなどに取り組んだ実績もあるんですよ。

2.ビジネス出張者にとってもメリット大な『Fly&Drive!レンタカー満タン返し不要キャンペーン』

画像出典:レンタカー満タン返し不要キャンペーンサイト

ービジネス出張者にとってもメリットは大きそうですね!

今枝さん
先ほどもお話しした通り、中部国際空港をご利用いただくお客様は、半数ほどが自家用車で空港にアクセスしています。空港までは自家用車でお越しいただいたお客様が飛行機で目的地に向かい、また空港からはレンタカーで移動ができれば、出張中の重い荷物を持って移動するなどの煩わしさがありません。

加えて、ガソリン満タン返し不要は忙しい出張時にも時間の節約になります。ご返却時にも「ガソリンを入れなければ」という時間的ロスや面倒臭さがなく、忙しい出張スケジュールをこなす方にも良いのではないでしょうか。

BTHacks読者のようなビジネスパーソンの方に喜んでいただけるキャンペーンだと思います。

ーキャンペーンをきっかけにビジネスでの飛行機移動の便利さも気づいてもらえるのではないでしょうか?

今枝さん
そうなったら嬉しいですね。今まで電車や車などで移動していた出張も、飛行機路線を活用することで、より時間を効率的に使えることがあると気づいてもらうことは、まさに今回のキャンペーンの成果にもなると思います。

3.キャンペーンの手応えと今後の展望

ー実際にどんな方が本キャンペーンを利用しているのでしょうか?

今枝さん 
レジャー目的だけでなくビジネス利用の方も多いですね。満タン返しを不要にしているので、忙しいビジネス出張中も、給油の時間を節約できる点などを便利に感じていただけているのではないでしょうか。

ー魅力的な「満タン返し不要」キャンペーンですが、今後もエリアを拡大する予定はありますか?

今枝さん 
そうですね、ガソリン満タン返し不要というのは初めての取り組みなので、お客様の反応を見ながらですが、好評であればエリアを色々広げてみたいと思っています。
既に、東北から始まったキャンペーンも7月22日から北海道路線での展開が決定しました。

また、国内線だけでなく国際線に関しても、8月からホノルル路線が定期運行を再開します。ソウルに関しても定期便数が戻りつつありますから、いずれは海外旅行を応援するキャンペーンにも取り組んでいきたいと考えています。

※参考
〔対象エリア:旭川・女満別・帯広・釧路〕Fly&Drive!レンタカー満タン返し不要キャンペーン

ーアフターコロナの航空業界・旅行業界を盛り上げるきっかけにもなるのでは?

高さん
そうですね、当社だけでなく業界全体としても、移動を促進する機運を高めていけたら嬉しいです。


今枝さん


高さん
※本取材は、2022年6月6日にオンラインにて実施しました。

・中部国際空港公式サイト
https://www.centrair.jp/special/campaign/carrental/

【今枝良人さんプロフィール】
営業推進本部 航空営業部 旅客マーケティンググループ
愛知県出身。 2008 年 4月に中部国際空港株式会社に入社。
空港オペレーション業務、商業企画販促業務等を経て、2021年より航空機利用促進プロモーションの企画実施に従事。

【高ウンビさんプロフィール】
営業推進本部 航空営業部 旅客マーケティンググループ
韓国出身。 2008 年に日本へ。2021 年 4 月に中部国際空港株式会社に入社。
航空機利用促進や中部地方と就航地の魅力発信のためのマーケティング、プロモーションに従事。

セントレアHP:https://www.centrair.jp/
日帰りヒコーキ:https://www.centrair.jp/special/campaign/daytrip/
セントレアから行く 久しぶりの空旅 思い出づくり応援キャンペーン:https://www.centrair.jp/special/campaign/soratabi-omoide/
中部国際空港セントレアインスタグラム:https://www.instagram.com/centrairairport/

構成・編集:石島聡子(リベルタ)
取材・文:松本有為子
※インタビュー以外の画像は取材協力者提供とHPより

こちらの記事もチェック!
中部国際空港の魅力がまるわかり!海外出張の前に時短で探索してみよう
海外出張前に時間があるなら回ってみよう!中部国際空港の新たな楽しみ方
中部国際空港セントレアで海外出張前の準備をしよう!便利さ施設やサービスをご紹介します

【ANA×BTHacks共同企画!】

CTA-IMAGE

【ANA×BTHacks共同企画!】
FLYING HONU運航再開後のハワイの今!ANA現地スタッフにインタビュー



コロナ禍による運休から、2年4ヶ月ぶりに定期便運航が再開した、
エアバスA380型機「FLYING HONU」で行く成田=ホノルル便。
その再開により、ホノルル現地ではどのような変化が訪れているのでしょうか?
ANAホノルル支店と、ホノルル市内にあるマハロラウンジを取り仕切る
ANAセールスアメリカズ ホノルル支店の皆さんに、現地のリアルな様子を伺いました。

取材記事カテゴリの最新記事