【最新】飛行機/キャリア別機内持ち込み手荷物サイズを徹底比較!

【最新】飛行機/キャリア別機内持ち込み手荷物サイズを徹底比較!

海外出張時の荷物は、受託手荷物(カウンターで預ける荷物)と機内持ち込み荷物、2つに大きく分けられます。受託手荷物は機内で使わない着替えやクライアントへのお土産などを入れてチェックインカウンターで預けるだけなのでそれほど気を使う必要はありませんが、機内持ち込み手荷物となると話は別。機内でPC作業をするための仕事道具や長時間のフライトを快適にするためのアイテムなど、機内に持ち込みたいものはいろいろ。出張の荷物を機内持ち込み手荷物のみに集約できれば、到着地からの移動をスムーズにかつ機動的にできるというメリットもあります。
ここで気になるのが「フライト時、機内に持ち込める手荷物サイズはどのくらいか?」という問題です。LCCの台頭により、機内持ち込みできる手荷物サイズも航空会社・飛行機のサイズによって微妙に異なる場合があるため、出張前には利用予定の航空会社の機内持ち込み手荷物サイズをチェックしておきましょう。

1.まずはスタンダードなサイズをチェック!


航空会社や飛行機によっても異なる機内持ち込み手荷物サイズ。まずはスタンダードなよくあるサイズを把握しておきましょう。
概ね各航空会社で似たような基準にしているものの、一部航空会社では異なる場合もあります。また持ち込み可能なサイズが変更になっている場合もありますので、必ず出張準備前に搭乗予定の航空会社の規定を確認しましょう。

1-1.一般的な機内持ち込み手荷物サイズ

一般的に機内持ち込み可能な手荷物は重量10kg以内、高さ・横幅・奥行き3辺の合計が115cm以内にする航空会社が多くなっています。
ただし、バニラエアやエアアジア、春秋航空などでは手荷物1個と身の回り品の合計を7kg以下にしているところも(2019年10月時点)。また、ANAでも飛行機のサイズが100席未満の場合には高さ・横幅・奥行き3辺の合計が100cm以内となっているため、注意が必要です。

とくにLCC系航空会社は機内持ち込み可能な手荷物のサイズ・重量規制が厳しく設定されているケースが多くなっています。チェックイン時に超過料金を取られないよう、必ず事前に確認しましょう。

1-2.持ち込み可能な個数も確認を

ほとんどの航空会社では、機内持ち込み手荷物の数を制限しています。基本的にはキャリーバックやスーツケースのような大きなものと、バックパックやハンドバッグ、PCバッグのような手荷物の計2つ。機内持ち込みできる荷物の重量は、複数荷物があればそれらの合計重量となっている場合が大半です。
例えば、総重量10kg制限の場合。キャリーケースが8kgとサブバッグが3kgあれば、総重量は11kgとなり規定重量オーバーとなってしまいます。

特にヨーロッパ系の航空会社は、個数・サイズともにチェックが厳しめ。

折り畳みできない傘は機内持ち込みできず、カウンターで預け入れが必要なケースもあります。その場合も手荷物1つとしてカウントされますので、傘を持つ際にはカバンに入るサイズが良いでしょう。

また、アエロフロートなど航空会社によっては機内持ち込み可能な手荷物の個数を1個に制限しているところもあります。搭乗時には1つにまとめ、機内で必要なPC類などはさっと取り出せるようにしておくとスマートです。

2.キャリア別手荷物サイズ


ここからは具体的にキャリア別の機内持ち込み手荷物サイズ規定を比較していきましょう。出張先で短距離フライトを利用する場合には、渡航国の国内線規定も見ておくのがオススメです。

2-1.飛行機キャリア別手荷物サイズ(2019年10月時点)

(1)日系・アジア系航空会社

日系、アジア系航空会社の国際線の機内持ち込み手荷物サイズをご紹介します。航空会社によって、そして座席クラスによっても規定が少しずつ違います。

航空会社 合計重量 サイズ(3辺の和) 個数
日本航空(国際線) 10kg 55cm×40cm×25cm(115cm以内) 1個(*)
全日空(国際線) 10kg 55cm×40cm×25cm(115cm以内) 1個(*)
大韓航空 ファースト/プレステージ 18kg 55cm×40cm×20cm(115cm以内) 2個
エコノミー 12kg 1個(*)
シンガポール航空 スイート/ファースト/ビジネス 1個あたり7kg 115cm以内
*別途持ち込み可能な身の回り品手荷物は40cm×30cm×10cm以内
2個(*)
プレミアムエコノミー/エコノミー 1個(*)
アシアナ航空 ビジネス 1個あたり10kg 55cm×40cm×20cm(115cm以内) 2個(*)
エコノミー 10kg 1個(*)
チャイナエアライン 7kg 56cm×36cm×23cm(115cm以内) 1個(*)
タイ国際航空 大きめの手荷物 7kg 56cm×45cm×25cm(115cm以内) 1個
小さめの手荷物 1.5kg 37.5cm×25cm×12.5cm(75cm以内)
マレーシア航空 ビジネス 14kg 56cm×36cm×23cm(115cm以内) 2個(*)
エコノミー 7kg 1個(*)
ガルーダインドネシア航空 7kg 56cm×36cm×23cm(115cm以内)
*CRJ型機、ATR型機では各辺41cm×34cm×17cm以内
1個(*)
エアインディア 8kg 55cm×35cm×25cm(115cm以内) 1個(*)

▲メニューに戻る

(*)は別途、身の回り品(ハンドバッグやノートPC、ブリーフケースなど)を上記の他1点まで持ち込み可としている会社。

(2)オセアニア系航空会社

オセアニア系の航空会社では、エコノミークラスの場合は7kg、その他のクラスでは14kgとしているキャリアが多い傾向にあります。

航空会社 合計重量 サイズ(3辺の和) 個数
カンタス航空 ファースト/ビジネス/プレミアムエコノミー 14kg(1個あたり10kgまで) 56cm×36cm×23cm(115cm以内)
※3辺の和が105cm(48cm×34cm×23cm)の荷物なら2個まで
1~2個(*)
エコノミー 7kg 56cm×36cm×23cm(115cm以内) 1個(*)
ニュージーランド航空 プレミアム・エコノミー、ビジネス 14kg(1個あたり10kgまで) 3辺の和が118cm以内 2個(*)
エコノミー 7kg 3辺の和が118cm以内 1個(*)

▲メニューに戻る
(*)は別途、身の回り品(ハンドバッグやノートPC、ブリーフケースなど)を上記の他1点まで持ち込み可としている会社。

(3)ヨーロッパ系航空会社

機内持ち込み手荷物のチェックが厳しめのヨーロッパ系航空会社。サイズに関しても厳格に見られるため、機内持ち込み手荷物を準備する際には注意しましょう。

航空会社 合計重量 サイズ(3辺の和) 個数
エールフランス プレミアムエコノミー/ビジネス/ラ・プルミエール 18kg 55cm×35cm×25cm(115cm以内) 2個(*)
※米国発着の国際線では手荷物1つ+身の回り品1つまで
エコノミー 12kg 1個(*)
KLMオランダ航空 長距離国際線のビジネス 18kg 55cm×35cm×25cm(115cm以内) 2個(*)
エコノミー、欧州内路線 12kg 1個(*)
フィンエアー ビジネス 10kg 56cm×45cm×25cm(126cm以内) 2個(*)
ビジネス以外 8kg 1個(*)
ブリティッシュエアウェイズ 23kg 56cm×45cm×25cm(126cm以内) 1個(*)
アリタリア航空 8kg 55cm×35cm×25cm(115cm以内) 1個(*)
ルフトハンザドイツ航空 ファースト、ビジネス 各8kg 55cm×40cm×23cm(118cm以内) 2個(*)
エコノミー 8kg 1個(*)

▲メニューに戻る
(*)は別途、身の回り品(ハンドバッグやノートPC、ブリーフケースなど)を上記の他1点まで持ち込み可としている会社。

(4)南北アメリカ系航空会社

手荷物の重量制限を設けていない会社も多い南北アメリカの航空会社。ただし、路線によっては重量制限がある場合もあります。また、制限を超えて超過料金が発生した場合、クレジットカードでの支払いしか受け付けていない会社も。こちらも「基準はゆるいだろう」と油断しないでご準備を。

航空会社 合計重量 サイズ(3辺の和) 個数
アメリカン航空 記載なし 56cm×36cm×23cm(115cm以内) 1個(*)
ユナイテッド航空 ベースックエコノミー以外 記載なし 56cm×35cm×22cm
(身の回り品は22cm×25cm×43cm以内)
1個(*)
ベーシックエコノミー 22cm×25cm×43cm 身の回り品1個のみ
デルタ航空 なし(ただし、一部路線では制限あり) 56cm×35cm×23cm(114cm以内) 1個(*)
エアカナダ 記載なし 55cm×40cm×23cm(118cm以内) 1個(*)
アエロメヒコ 10kg 55cm×40cm×25cm(120cm以内) 2個(*)
LATAM航空 プレミアムエコノミー、プレミアムビジネス 16kg
※ブラジル発着便は10kgまで
55cm×35cm×25cm(115cm以内)
(身の回り品は2cm×35cm×45cm以内)
1個(*)
エコノミー 8kg
※ブラジル発着便は10kgまで
1個(*0

▲メニューに戻る
(*)は別途、身の回り品(ハンドバッグやノートPC、ブリーフケースなど)を上記の他1点まで持ち込み可としている会社。

(5)中東・アフリカ系航空会社

およそ7~8kgの重量制限が一般的な中東・アフリカエリアの航空会社。機内持ち込み手荷物は、7kg以内・113cm以内で用意しておくと良いでしょう。

航空会社 合計重量 サイズ(3辺の和) 個数
エミレーツ航空 ファースト/ビジネス 1個あたり7kg
※ブラジル発便は10kgまで
55cm×38cm×20cm(113cm以内)
※ハンドバッグは55cm×38cm×20cm未満、ガーメントバッグは畳んだ状態で厚さ20cm未満
2個
*ボストンバッグと身の回り品(ハンドバッグもしくはガーメントバッグ)サイズの計2個まで
エコノミー 7kg
※ブラジル発便は10kgまで
55cm×38cm×20cm(113cm以内) 1個
エティハド航空 ビジネス/ファースト 12kg+5kg以内の身の回り品 50×40×25cm(115cm以内)
※身の回り品は30cm×40cm15cm以内
2個(*)
エコノミー 7kg+5kg以内の身の回り品 1個(*)
カタール航空 ファーストクラス/ビジネス 15kg 50cm×37cm×25cm(112cm以内) 2個
エコノミー 7kg
※ブラジル発着便は10kg
1個

▲メニューに戻る
(*)は別途、身の回り品(ハンドバッグやノートPC、ブリーフケースなど)を上記の他1点まで持ち込み可としている会社。

(6)LCC航空会社

航空会社の中でも機内持ち込み手荷物のサイズ・重量で注意したいのがLCC格安航空会社です。特に、重量制限が7kgと厳しめの会社も多いのが特徴。一般的に機内持ち込み可能なスーツケースは2~3kg程度が多いですから、荷物は少ししか持ち込めないと思っていた方がいいかもしれません。超過した場合は、高い超過料金を支払わなければなりません。
ここでは特に重量制限が厳しめの航空会社を中心にご紹介します。

航空会社 合計重量 サイズ(3辺の和) 個数
春秋航空(スプリングジャパン、成田発着国際線) 7kg
(2019年10月27日より前に搭乗する場合は5kg以内)
56cm×36cm×23cm(115cm以内) 1個
エアアジア 7kg 56cm×36cm×23cm(115cm以内)
※身の回り品手荷物は40cm×30cm×10cm以内
2個
イースター航空 7kg 3辺の合計が115cm以下 1個(*)

▲メニューに戻る
(*)は別途、身の回り品(ハンドバッグやノートPC、ブリーフケースなど)を上記の他1点まで持ち込み可としている会社。

3.手荷物サイズを考える際に注意したいこと


各キャリアの手荷物サイズを確認したのに、カウンターで「サイズ超過だ」と言われてしまうことも…。それは、あなたの機内持ち込み可能な手荷物のサイズの測り方が間違っているからかもしれません。機内持ち込み手荷物サイズをチェックする際に注意しておきたいポイントをご紹介します。

3-1.スーツケースの車輪はサイズに含まれる?

見落としてしまうことが多いのが、キャリーケースの車輪や取手部分のサイズです。規定のサイズは、車輪部分やとって部分も基本的に含まれます。意外と忘れがちなので、事前にチェックしておきましょう。
また、出張が多い方の場合「前回は大丈夫だったから、少しくらいオーバーしても平気だろう」と気が緩みがち。
最近の動向として、各キャリでチェック体制が厳しくなってきています。また、係員の裁量によって違っていた、ということもあるので慢心は厳禁です。スムーズな出張のためには、きちんとサイズ内に収めておきましょう。

3-2.もしもサイズの規定をオーバーしたら?

機内持ち込み手荷物のサイズは航空会社のチェックインカウンターなどでセルフチェックできるようになっています。もしも、カウンターで手荷物サイズがオーバーしていると分かった場合、どうしたら良いのでしょうか?

一般的には機内持ち込みではなく預け荷物にする、という対応が取られるケースがほとんど。搭乗口で預け荷物の上限を超過したとして超過料金が発生することもあります。

また、セルフチェックインカウンターを利用すると、荷物を預けずに手荷物検査場に進めることもあるでしょう。その場合、手荷物検査場で「チェックインカウンターに戻るように」と係員から指示されてしまうことも。搭乗口でサイズオーバーとなれば、超過料金を取られるのは同じですが、チェックインカウンターで払う場合よりも割高な金額を請求されることもあります。特にLCC系ではチェックが厳しめですので、ご注意を。

4.機内持ち込みできるおすすめキャリーケース


機内持ち込み手荷物としてキャリーケースを選ぶ方も多いもの。機内持ち込み可能なキャリーケースを選ぶ際には、サイズだけでなく重さもぜひ気にしてみましょう。
バッグ自体が軽ければ、重量制限内に荷物を収めやすくなりますよ。オススメのキャリーケースをタイプ別にご紹介します。

4-1.とにかく大容量が良い方向け


画像出典:「たびきゅーと」HP
https://www.gift-land.com/partner/tabicute/goods/products/detail.php?product_id=39318&category_id=1021/?event_code=14257000

荷物が多めの方、預け荷物なしで海外出張したい方は大容量タイプのキャリーケースを選ぶと便利です。35L以上の大容量でも、機内持ち込み可能なスーツケースを見つけられます。
出張先でサンプルなどを持って回ることが多い出張でも、大容量にしておくと何かと便利!

・「ヒデオデザイン マックスキャビンEX」
定価:19,800円(税込)
https://www.gift-land.com/partner/tabicute/goods/products/detail.php?product_id=39318&category_id=1021/?event_code=14257000

4-2.軽さ重視という方向け


画像出典:「たびきゅーと」HP
https://www.gift-land.com/partner/tabicute/goods/products/detail.php?product_id=40996&category_id=1022/?event_code=14257000

やはり機内持ち込み荷物は、軽い方が何かとストレスフリー。重量制限が厳しいキャリアでも、スーツケースそのものが軽ければ、荷物もたくさん持ち込めます。軽さを重視したいなら2kg前後を目安に探してみると良いでしょう。

4-3.LCC移動が多い方向け


画像出典:「たびきゅーと」HP
https://www.gift-land.com/partner/tabicute/goods/products/detail.php?product_id=36213&category_id=1309/?event_code=14257000

機内持ち込み可能なサイズが小さいことの多いLCC格安航空会社。3辺の合計が100cm未満や、奥行きサイズが36cmなど小さめの航空会社にも対応しているものを選ぶのがおすすめ。
東南アジア出張で、東南アジア間を移動することが多いなら、LCC対応サイズを探してみましょう。

・オルティモ | スーツケース | MYサイズキャリー 【40cm】
定価:15,180円
https://www.gift-land.com/partner/tabicute/goods/products/detail.php?product_id=36213&category_id=1309/?event_code=14257000

4-4.ビジネスユースに特化したものを見つけたい方向け


画像出典:「たびきゅーと」HP
https://www.gift-land.com/partner/tabicute/goods/products/detail.php?product_id=41860&category_id=1023/?event_code=14257000

海外出張だけでなく、国内でも出張の機会が多い方や、プライベートでは使わず、ビジネスユース目的だけでスーツケースを探している方におすすめなのが横型タイプです。新幹線移動でも活躍します。
ノートPCや書類も取り出しやすいフロントポケット付きのものを選ぶと、機動力もさらにアップします。

・イノベーター | ビジネスキャリー | 横型| 機内持ち込み 【36.5cm】 INV36
定価:17,380円
https://www.gift-land.com/partner/tabicute/goods/products/detail.php?product_id=41860&category_id=1023/?event_code=14257000

まとめ:カウンターで慌てないよう、万全の準備を!


飛行機キャリア別に異なる機内持ち込み手荷物のサイズや重量。出張先が多岐に渡る方は、航空会社によって基準が異なる点を忘れないようにしましょう。
スマートな海外出張のためにも、ぜひ出張前には手荷物サイズを見直してみてくださいね!

文:オナイウイコ
編集:山崎 梨恵(リベルタ)

こちらの記事もおすすめ!
到着地で手荷物を早く受け取るには?海外出張や国内出張が多いビジネスマンの裏ワザ
フライト中に失敗しないための座席選び・基礎知識
海外で荷物が届かない!対処法は??
海外出張前にチェック! マイルの基礎やおすすめの使い方をご紹介

スーツケース選びにオススメ

旅のプロがナビする『たびきゅーと』は、旅行かばん、旅行グッズ通販の大手サイトです。
軽量スーツケース特集、大型スーツケース特集、三辺合計158cm以内のスーツケース特集、機内持ち込みスーツケース特集、など目的別のスーツケース選びが楽になる情報がたっぷり。
スーツケース以外にも、便利な旅行グッズも取り扱っているのでスーツケースと一緒に探してみるのも良いでしょう。

『たびきゅーと』の公式サイトはこちら

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜

海外出張の“あり方”を考える 〜Afterコロナ、Withコロナ〜
【Nextビジネストラベル/海外出張リーダー討論会 Vol.1】

過去に取材した海外出張リーダー5人に集まってもらい、「Afterコロナ、Withコロナ~出張に関する考えの変化」のテーマで討論会を開催。コロナ禍の先にある海外出張のあり方の変化や海外ビジネスの未来ついて話してもらいました。

タビマエカテゴリの最新記事