朝食のおいしいホテル12選!泊まる価値がある至福の朝時間を!

朝食のおいしいホテル12選!泊まる価値がある至福の朝時間を!

仕事の前に朝ごはんを食べる時間があるなら、眠っていたい。そんなビジネスパーソンも多いと思いますが、ときには洗練された非日常空間で“ごちそう朝ごはん”を味わってみませんか。
国内のホテルには、「絶品モーニング」なだけではなく、眺望も楽しめるホテルや健康を気遣ったヘルシーな料理を取り揃えるホテルなど、さまざまな朝食サービスがあります。
今回は、わざわざ食べに行きたくなる、泊まる価値のあるホテル朝食ビュッフェをピックアップ。ぜひ参考にしてみてください。

目次

1.眺望とともに至福のモーニングビュッフェが楽しめるホテル4選

ダイナミックな都会の景観や大自然を感じながらの朝食は、いつもと違う贅沢な時間が楽しめます。シティ派も、リゾート派も、美しい景色を愛でながらスカッと爽快に。日ごろの疲れを吹き飛ばす、非日常空間をぜひ体感してみてください。

1-1.東京の大パノラマを眺めながらズワイガニを堪能 マンダリン オリエンタル 東京(東京)

画像出典:https://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/nihonbashi/fine-dining

『マンダリン オリエンタル 東京』最上階38階の“天空ダイニング”『ケシキ』。東京の大パノラマを望み、天気の良い日には富士山まで見渡すことができるドラマチックな空間です。ここで味わえるのが、定番人気『ズワイガニのエッグベネディクト』。カリッと焼き上がったイングリッシュマフィンの上にほぐしたズワイガニの甘み、さらにその上にのったハーブ鶏卵ポーチドエッグとオランデーズソースの絶妙なハーモニー。リッチな味わいが口の中に広がります。
モーニングのみの利用も可能なので、「先週は頑張りが報われなかった気がする……」と、モヤモヤが残るビジネスパーソンにも、ぜひ訪れてほしいスポットです。絶景とともに味わうおいしい朝食に、心もお腹も満たされるはず!

「マンダリン オリエンタル 東京」
住所:東京都中央区日本橋室町2-1-1
アクセス:JR総武本線新日本橋、都営地下鉄銀座線・半蔵門線三越前A7・
A8出口直結
TEL:03-3270-8800
公式サイト:https://www.mandarinoriental.co.jp/

1-2.推しはサクサククロワッサンのエッグベネディクト アンダーズ 東京(東京)

画像出典:https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/thetavern-grill-lounge/

『ハイアットホテルアンドリゾート』が手がける日本初のラグジュアリーライフスタイルホテル『アンダーズ 東京』。
虎ノ門ヒルズの最上階を含む47~52階に位置し、東京タワーや皇居、東京スカイツリーなど、あらゆる東京のランドマークを一望できる絶好のロケーションです。

同ホテルでぜひ堪能してほしいのが、51階『ザ タヴァン グリル&ラウンジ』で提供されている朝食です。オープンキッチンに何種類ものペストリーや自家製ヨーグルトなど、彩り豊かな料理が並び、目の前で調理してくれるライブ感にテンションが上がります。
おすすめはポーチドエッグを、サクサクのクロワッサンで挟んだエッグベネディクト。オリジナリティーあふれる上質な味わいが楽しめます。東京の景色を眺めながらの美食体験は、海外から迎える大切なお客様のご宿泊手配にも間違いありません。

「アンダーズ 東京」
住所:東京都港区虎ノ門1-23-4
アクセス:東京メトロ日比谷線虎ノ門ヒルズ駅
中目黒方面 地下鉄歩行者通路経由で徒歩約3分
北千住方面 A2出口から徒歩約4分
TEL:03-6830-1234
公式サイト:https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/andaz-tokyo-toranomon-hills/tyoaz

1-3.和歌山の味覚を一堂に 和歌山マリーナシティホテル(和歌山)

画像出典:https://www.marinacity.com/hotel/stay/breakfast/

遠く淡路島と四国を望む、海辺のリゾートホテル『和歌山マリーナシティホテル』。
朝食は、和洋ビュッフェスタイルの「まるごと和歌山の朝ごはん」。地元の食材を使ったメニューが目白押しです。
一番人気は、和歌山県のブランド梅『紀州南高梅』など、シェフが厳選した10種類の梅干しが揃う「梅干しコーナー」。シソ漬け、甘いハチミツ漬け、塩分控えめなど、好みでセレクトできるのもうれしいポイントです。和歌山市雑賀崎の言わずと知れた逸品、『灰干しさんま』もぜひご賞味を。ジューシーでホクホクとした柔らかい身は、干物とは思えない味わいです。果汁100%のストレート『有田みかんジュース』や、和歌山特産の梅シロップで作った『梅ジュース』も忘れずにチェックしてください。
ホテルの近くにはアクティビティや温泉もあり、リフレッシュ休暇を楽しむには最高です。クリエイティブで斬新なアイディアが生まれそう。

「和歌山マリーナシティホテル」
住所:和歌山県和歌山市毛見1517番地
アクセス:JR新大阪駅より約1時間10分 、その後 海南バス停からバス約10分
TEL:073-448-1111
公式サイト:https://www.marinacity.com/hotel/

1-4.絶景&沖縄メシで南国リゾート満喫!HIYORIオーシャンリゾート沖縄(沖縄)

画像出典:https://www.facebook.com/okinawa.hiyorioceanresort/photos/369985778138044

那覇空港から、沖縄の澄んだ青い海と爽やかな風を感じながら車を走らせること約50分。自然がダイレクトに感じられる『HIYORI オーシャンリゾート沖縄』は、沖縄恩納村に2021年3月にオープンした、全室スイートのコンドミニアムタイプのホテルです。
テラスから空と海を望むリゾートダイニングでは、地元の食材を取り入れた料理の数々が楽しめます。
プライベートな時間を満喫したい方には、1日20食限定のインルームダイニングもおすすめです。お部屋で食べられるのは、沖縄仕立てに仕上げたアメリカンブレックファースト、または、沖縄の食文化「ぬちぐすい(命の源になる食材)」の考えをもとに作られた長寿和朝食。大切なパートナーや家族、仲間と、人の目を気にすることなく、ゆっくり食事を味わうのも良いですね。

「HIYORIオーシャンリゾート沖縄」
住所:沖縄県国頭郡恩納村仲泊1055-1
アクセス:那覇空港から車で49分。那覇I.C.から沖縄自動車道に乗り、
石川I.C.で一般道に下り、約7分
TEL:098-965-1600
公式サイト:https://okinawa-hiyoriocean.jp/

こちらの記事もチェック!
【編集部】伊豆リゾートワーケーションを体験してみました

2.体に優しいヘルシーな朝食が人気のホテル4選

仕事で活躍するビジネスパーソンにとっても体は資本。けれど、忙しさを理由に、自分の心身と向き合う時間はおろそかにしてしまいがちですよね。だからこそ、ときには体にやさしく目にも楽しい料理で、自分自身を労ってあげましょう。一日の始まりに体が目覚め、活力がみなぎる朝食を紹介します。

2-1.進化する「新・最強の朝食」 ホテルニューオータニ(東京)

画像出典:https://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/satsuki/saikyou/

ヘルシー志向の方やトレンドに敏感な方におすすめしたいのが、宿泊していなくても利用可能な『ホテルニューオータニ』の『SATSUKI』で味わう「新・最強の朝食」です。

健康と発酵をテーマにした朝食ビュッフェは、玄米卵を使用した見た目も華やかなオムレツや、高タンパク低カロリーの卵白だけで作った『ホワイトオムレツ』。さらに、『ギリシャヨーグルト』など3種類のヨーグルトと、チアシードなどスーパーフードを含む常時約17種類のトッピングでカスタマイズできる『ヨーグルトバー』、無農薬で育てた『ピタヤ』(ドラゴンフルーツ)のシャーベットといった、体がよろこびそうなメニューが多数ラインナップ。

『ピエール・エルメ・パリ』との朝食限定コラボメニューや、ホテルメイドの焼き立てパンもおすすめです。

「ホテルニューオータニ」
住所:東京都千代田区紀尾井町4-1
アクセス:東京メトロ銀座線・丸の内線D紀尾井町口から徒歩3分
TEL:03-3265-1111
公式サイト:https://www.newotani.co.jp/tokyo/

2-2.旬の東京野菜を多彩な味わいで ホテル龍名館東京(東京)

画像出典:https://www.ryumeikan-tokyo.jp/breakfast/

仕事で疲れた身体を癒す、ヘルシーな朝食はいかがですか。
紹介するのは、“心にもカラダに贅沢な朝ごはん”をコンセプトにした『ホテル龍名館東京』の『東京ブッフェ』。その名のとおり、東京産食材をさまざまな調理法で味わえます。
東京野菜が主役のサラダに、月替わりメニュー、八王子市の卵『八玉子』を使用した『卵かけご飯or特製卵焼き』など、東京の“美味い!”を凝縮したメニューが勢揃い。お肉を使わず野菜の甘味や出汁の香り、味噌のコクで仕上げたヘルシーな和風野菜カレーも絶品です。

「ホテル龍名館東京」
住所:東京都中央区八重洲1-3-22
アクセス:JR東京駅八重洲北口から徒歩3分、
東京メトロ銀座線・東西線 日本橋駅A3出口から徒歩1分
TEL:03-3271-0971
公式サイト:https://www.ryumeikan-tokyo.jp/

2-3.唯一無二!世界一の朝食を 神戸北野ホテル(兵庫)

画像出典:https://www.kobe-kitanohotel.co.jp/

『神戸北野ホテル』の『イグレック』、庭の素敵なパティオで楽しめるのは、日本では『神戸北野ホテル』でしか食べることができない、ホテル曰く「世界一の朝食」。総支配人・総料理長 山口浩氏の師匠で、フレンチの巨匠ベルナール・ロワゾー氏により、公式に再現を許されたプレミアムメニューです。
バターの芳醇な香りあふれるフィナンシェに、兵庫県産栗のハチミツやハム、果物そのものの食感や風味の残る手作りコンフィチュール(ジャム)などが華やかにテーブルを彩ります。
さらに注目したいのが、「世界一の朝食」にロカボの考えを取り入れた低糖質の朝食です。使用食材や調理法を工夫し、1食分の糖質量を40g以下(コンビニのおにぎり約1個分!)に抑えているのだそう。美食と健康の両立を可能にする朝食ですね。
7,920円(税サ込)で朝食のみでの利用も可能です。神戸出張の時にはぜひ立ち寄ってみてください。

「神戸北野ホテル」
住所:兵庫県神戸市中央区山本通3-3-20-
アクセス:各線三宮駅または新神戸駅から徒歩15分 トアロード沿い
TEL:078-271-3711
公式サイト: https://www.kobe-kitanohotel.co.jp/

2-4.北海道美味を豪快に センチュリーマリーナ函館(北海道)

画像出典:https://www.centurymarina.com/breakfast/

北海道函館は知る人ぞ知る、ホテルの朝食ビュッフェが美味しいことで人気の激戦区。出張で函館近郊に足を運ぶなら、要チェックなエリアです。
このエリアに位置する『センチュリーマリーナ函館』では、北海道の素材を生かした体にやさしい朝食をコンセプトに、北国ならではの食材をふんだんに使った料理など150種のメニューが楽しめます。朝食を食べるためだけにでも泊まりたい!と本気で思ってしまうほど豊富な品数と味わいです。
海鮮丼は自分好みに作ることができるので、北海道の新鮮な海の幸をたっぷり載せて堪能してみて。名物のスープカレーは、トマトやブロッコリーなど好きな具材を入れて。ピリッと効いたスパイスと甘みのある野菜のハーモニーが絶品です。

ホテルは、JR函館駅や函館朝市、金森赤レンガ倉庫など、函館の観光名所からも近く、お世話になっている人へのお土産を買うのにも便利な好立地です。
次のお休みには、北海道グルメ旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

「センチュリーマリーナ函館」
住所:北海道函館市大手町22番13号
アクセス:JR函館駅から徒歩約5分、函館空港から車で約20分
TEL: 0138-23-2121
公式サイト:https://www.centurymarina.com/

3.抜群の利便性!出勤前や出張前にも立ち寄りたいホテル4選

駅チカやオフィス街のホテルは、出勤前や出張前後にも気軽に立ち寄れ、雨や風の影響を受けることなく行き来できるのも魅力のひとつ。少し早起きしてでも、しっかり食べたい!これを食べれば足取り軽く、一日の仕事を乗り切れる!そんな、力がみなぎりそうなホテル自慢の絶品朝食をセレクトしました。

3-1.100品目以上の とっておき朝ごはん 東京ステーションホテル(東京)


画像出典:https://www.tokyostationhotel.jp/stay/plans/details/simplestay_bf_at/

出張前後に泊まりたいのが、東京駅丸の内駅舎の中に位置し、100年以上の歴史を誇る『東京ステーションホテル』。もちろん自慢は、利便性の高さや伝統だけではありません。

宿泊客限定『アトリウム』の朝食ビュッフェは、日本各地の新鮮野菜を使った料理、いろいろな卵料理、手間暇かけた肉料理や魚料理、季節限定メニューなど、100種以上がズラリ。ビュッフェ台に並ぶすべての料理を一品ずつ小分けにしてあるのも、withコロナの時代にもマッチしていて安心ですね。

焼きたてのフレンチトーストやエッグベネディクトなどシェフが目の前で調理するライブステーションも充実。最大天井高約9mの天窓から降り注ぐ陽光を浴びながら、美食に出会うモーニングを!

「東京ステーションホテル」
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
アクセス: JR東京駅丸の内南口改札から南ドーム内直結
TEL:03-5220-1111
公式サイト:https://www.tokyostationhotel.jp/

こちらの記事もチェック!
ホテルでテレワーク!リモートワーカー向け東京都内の個性派ホテル8選

3-2. 東京駅上空 美しい眺望と『My 茶漬け』 ホテルメトロポリタン丸の内(東京)

画像出典:https://marunouchi.metropolitan.jp/restaurant/list/tenqoo/menu/breakfast.html

日本屈指のビジネス街、丸の内の中心部に位置する『ホテルメトロポリタン丸の内』。東京駅上空、地上120mからの清々しい朝の眺めとともに味わえるのが、『TENQOO(テンクウ)』の料理長一押しメニュー『My茶漬け』です。
北海道いくら、博多明太子、秋田いぶりがっこなど、日本各地から厳選した約15種類の具と、しょうが、鯛の魚醤など、香りを添える5種類のトッピングが用意されています。ほかほかご飯の上にのせて、ほうじ茶または和風出汁を注げば、自分好みの『My茶漬け』に!具やトッピングは季節によって変わるので、訪れるたびにさまざまな味わいが楽しめるのもうれしいですね。

忙しい日々を送るビジネスパーソンへ、ささっと食べられる…尚且つ心にしみる、奥深い日本の味をぜひどうぞ。

「ホテルメトロポリタン丸の内」
住所:東京都千代田区丸の内1-7-12
アクセス:JR東京駅日本橋直結・大手町駅から徒歩1分
TEL:03-3211-2233
公式サイト:https://marunouchi.metropolitan.jp/

3-3.ヨーロッパ各地の郷土料理に舌鼓 ホテル ピエナ 神戸(兵庫)

画像出典:https://www.piena.co.jp/breakfast/

2019年まで7年連続「朝食のおいしいホテルランキング」(トリップアドバイザー)1位にランクインした『ホテル ピエナ 神戸』でハッピーな一日のスタートを。
地元で作られた食材を使った色とりどりの前菜をはじめ、人気のポトフ、ローストビーフや旬の魚料理、フランスの伝統的な家庭料理シュークルートやキッシュなど、挙げればキリがないほどバラエティー豊かなラインナップ。
カヌレやマドレーヌ、季節の果物を使った見た目にも可愛らしいデザートは、スイーツ男子ならずとも心が弾むこと間違いありません。
朝食のみでの利用も可能なので、神戸近郊への出張の際にはぜひチェックをしてみてはいかがでしょうか。

「ホテル ピエナ 神戸」
住所:兵庫県神戸市中央区二宮町4-20-5
アクセス:JR三ノ宮駅徒歩7分、阪急・阪神神戸三宮駅徒歩7分
TEL:078-241-1010
公式サイト:https://www.piena.co.jp/

こちらの記事もチェック!
世界の朝ごはんを覗き見!各国の文化が見える食事12選【欧州・中東】

3-4.和も洋もよくばりたい! 帝国ホテル 大阪(大阪)

画像出典:https://www.imperialhotel.co.jp/j/osaka/restaurant/couvert/breakfast.html

道頓堀から徒歩3分、『帝国ホテル 大阪』にある『カフェ クベール』の朝食は、ふわふわのパンケーキやフレンチトースト、焼き立てパンや目の前で仕上げるオムレツなどの洋食が絶品。さらに、季節によって具材が変わる炊き込みご飯や湯豆腐、焼き魚など和食も勢揃い。
バラエティーに富んだ和洋食ビュッフェを目当てに、他のホテルの宿泊客も食べに来るというから、その人気の高さが伺えます。
朝食を食べながらのミーティングにも活用すれば、おいしい料理に気分よく、創造性に富んだひらめきが生まれそう!

「帝国ホテル 大阪」
住所:大阪府大阪市北区天満橋1-8-50
アクセス:JR環状線桜ノ宮西口から徒歩約5分、大阪駅から無料シャトルバスあり
TEL:06-6881-4111
公式サイト:https://www.imperialhotel.co.jp/j/osaka/

4. まとめ:彩りに満ちた日本国内のホテル朝食でハッピーなスタートを。

今回は、おいしい朝食を提供する日本国内のホテルを紹介しました。おすすめしたホテルは、いずれも、地産地消や世界各地の料理、ヘルシー志向など、こだわりを持ち、オリジナリティーにあふれるメニューを提供していることが分かります。そして、食べる人のことを考え、おいしさや栄養バランスを追求し、アップデートを重ねているようです。まだ味わったことのない、新しい食体験が待っているかもしれません。出張や長期休暇、リフレッシュしたい時にも。素敵な一日の始まりに、ぜひ訪れてみてください。

文:伊達 朋子
編集:松本有為子(リベルタ)

こちらの記事もチェック!
ユニークなホテル21選!日本国内の思わず目を引くプランをご紹介
アメニティがブランド品のホテルはどこ?都内のおすすめホテル11選
カフェのモーニングで一日をはじめよう!東京圏のおすすめ12店

【ANA×BTHacks共同企画!】

CTA-IMAGE

【ANA×BTHacks共同企画!】
FLYING HONU運航再開後のハワイの今!ANA現地スタッフにインタビュー



コロナ禍による運休から、2年4ヶ月ぶりに定期便運航が再開した、
エアバスA380型機「FLYING HONU」で行く成田=ホノルル便。
その再開により、ホノルル現地ではどのような変化が訪れているのでしょうか?
ANAホノルル支店と、ホノルル市内にあるマハロラウンジを取り仕切る
ANAセールスアメリカズ ホノルル支店の皆さんに、現地のリアルな様子を伺いました。

お土産・グルメカテゴリの最新記事