アイスブレイクで打ち合わせや仕事を円滑に!使える話題とNGネタ

アイスブレイクで打ち合わせや仕事を円滑に!使える話題とNGネタ


初めての相手であれ、何度も会っている相手であれ、会議や打ち合わせを始める前にアイスブレイクの時間を意識的に取り入れている方、多いのではないでしょうか?
アイスブレイクはその後の会話をスムーズにするための準備運動とも言える、大切なコミュニケーションの時間です。また、アイスブレイクをきっかけに交渉や商談が進みやすくなれば、仕事のヒントが見つかったり、交渉の成功に一歩近づけたりこともあります。とはいえ、アイスブレイクに何を話せばいいのかと毎回ネタを考えるのは大変です。
そこで今回は、アイスブレイクの話題に悩んでいる方に、明日から使える話題をご紹介。ビジネスシーンで使いやすい話題を取り上げましたので、いざという時のネタ帖として活用してみてくださいね!

目次

1.アイスブレイクの話題に「木戸に立てかけし衣食住」

アイスブレイクの話題に使えるトピックスとして、覚えておくと便利なのが「木戸に立てかけし衣食住」の切り口です。
まずはアイスブレイクとは一体どんなネタがふさわしいのか、そして「木戸に立てかけし衣食住」とはどんなものなのかをご紹介しましょう。

1-1.アイスブレイクで円滑に商談を始めてみよう

アイスブレイクの話題を考えるにあたって、なぜアイスブレイクが必要なのか、改めて考えてみましょう。そもそもアイスブレイクとは、相手との距離を縮め、その後の話し合いや会話を円滑に進めるコミュニケーション手段です。

ここで忘れてはいけないのが、アイスブレイクはあくまでも会議の本題が始まる前の雑談としての位置付けである、ということ。話が進みやすい環境を作れれば、会議の場でも参加者の発言も増え、建設的な議論につながりやすくなります。また、相手との心理的距離をアイスブレイクで縮められれば、その後の交渉もしやすく、ビジネスの成功にも一歩近づけるかもしれません。

ビジネスシーンではアイスブレイクが必要になることが多いからこそ、相手に合わせて臨機応変に話題を変えられるよう、準備をしておきたいところ。相手にあったアイスブレイクのネタを引き出すためにも、あらかじめいくつか話しやすいネタを、自分の会話の引き出しに入れておくと便利です。

※こちらの記事も参考に
海外出張時のコミュニケーションで重要視されるICE BREAKのコツ

1-2.話題の引き出し『木戸に立てかけし衣食住』を活用してみよう

『木戸に立てかけし衣食住(キドニタテカケシ衣食住)』とは、アイスブレイクの話題となるトピックスの頭文字を並べた言葉です。それぞれの項目で、いくつかネタを用意しておくと相手や状況に合わせてアイスブレイクの話題に困ることがありません。
また、「何を話そう」と迷ったら、このトピックスをもとに話題を探してみると良いですよ。

『木戸に立てかけし衣食住』のトピックス

木(き):季節(季節ならではの話題、行事に関するネタなど)
戸(ど): 道楽(相手の趣味や関心事など)
に:ニュース(時事ニュース、スポーツニュース、芸能ニュースなど)
立(た):旅(旅行や出張の移動に関する話題など)
て:天気(台風、雨や雪、出張先の天気、日本の天気との違いなど)
か:家庭・家族(相手の家族のことを気遣う話題や、自分の家族の話など)
け:健康(運動や健康のための習慣、ダイエットなど)
し:仕事(最近の景気や共通の取引先のトピックスなど)
衣:衣服 (相手の服装、流行、髪型)
食:食べ物(地域の名産品や話題のグルメ、旬の食材など)
住:住まい(自分の住んでいる地域や出身地、相手の出身地などの話題)

1-3.『木戸に立てかけし衣食住』の話題を海外出張用に作っておこう

国内だけでなく海外出張や外資系企業との仕事がある方は、『木戸に立てかけし衣食住』の話題を海外の人との商談用に作っておくと困ることがありません。
特に初めて会う相手なら、このトピックスをヒントに相手の国や文化、ニュースなどにアンテナを張って調べておくと「こちらのことを考えていてくれている」と好印象。
相手のことを知りたい、という気持ちを持っていろいろな話題を用意しておくと良いでしょう。

アイスブレイクで避けた方がいい話題ってあるの?

アイスブレイクで話す話題は、ゴシップネタや政治・宗教に関する話題などは避けた方がベター。
また、日本でよく相手を褒める言葉に使われる「若いですね!」という言葉は、海外ではプラスに受け取ってもらえないケースもあります。日本ではよく交わされる会話も、環境や文化が変われば非常識かもしれないので気をつけましょう。

※こちらの記事も参考に
海外ビジネス成功のカギは「雑談力」!絆を活かし躍進を続ける秘訣【海外出張リーダーVol.14】
英会話でアイスブレイク!Web会議でも使える英語表現を紹介

2.『木戸に立てかけし衣食住』別!アイスブレイクや雑談に役立つ話題

さてここからは、具体的にアイスブレイクとして使える雑談ネタを紹介していきましょう。
打ち合わせシーンだけでなく、エレベーター待ちの時間にかわす会話や、メールにさりげなく添える一言としても役立ちます。

2-1.【木(き)】季節に関するアイスブレイクの話題

季節に関する話題は、同じ地域に暮らす人なら同じ気持ちを共有できるアイスブレイクの話題となります。
国が違ったり、遠く離れた場所に暮らしたりしている人との会話なら、相手を気遣い、近況を伺うアイスブレイクとして使えます。

<季節に関するアイスブレイクの話題例>

・暑さ/寒さ、過ごしやすさなどに関する話題
・季節の移り変わりに関する話題
・相手の暮らす地域の気候や過ごしやすさなどに関する話題

(会話例)
「最近暑くなりましたね。御社の売り出している新商品のジュース、先日暑くてついついたくさん飲んでしまいました。暑い季節にピッタリですね。」

「日本は梅雨に入りましたが、そちらの天気はどうですか?雨が多いので、湿度の低いそちらの国が羨ましいです。」

2-2.【戸(ど)】道楽に関するアイスブレイクの話題

商談相手や会議の参加者の道楽、つまり趣味や今気になっていることなどに関するネタは、楽しい話題なので場が和みやすいもの。なかなか話が弾まない人や、奥手な人でも、好きなことに関する話は得意、ということもしばしば。
「あなたのことをもっと知りたいです/興味があります」というこちら側の姿勢も伝えることができますから。アイスブレイクのネタに困ったら、まずは趣味や休日の過ごし方などを聞いてみてはいかがでしょうか。

<道楽に関するアイスブレイクの話題例>

・休日に何をしているか、などの話題
・趣味に関する話題
・最近ブームになっているレジャーやスポットに関する話題

(例)
「Nさんは温泉がお好きと伺いました。おすすめの温泉はどこですか?」
「サーフィンをされていると以前お話ししていましたが、最近は行かれていますか?」

※こちらの記事も参考に
世界で人気のK-POP!海外進出を成功に導くビジネスに学ぶ

2-3.【に】ニュースに関するアイスブレイクの話題

時事ネタや今話題のニュース、関係する国や地域・業界に関する報道などはアイスブレイクのネタとして便利なトピックスです。
「毎月会議があるけれど、アイスブレイクのネタがマンネリ化しているかも」と思ったときは、ニュースなどのフレッシュな話題を取り入れると良いですよ。

<ニュースに関するアイスブレイクの話題例>

・株価や取引先企業の業界に関するニュース
・会議参加者が好きなスポーツに関するニュース
・取引先企業がスポンサーになっているチームのニュース
・世の中で話題になっているニュース

(例)
「広島カープが優勝しそうですね!私もKさんがファンだと伺って、毎回試合結果をチェックしてしまっています。優勝したら〜〜されるんですか?」
「御社のCMがニュースでも話題になっていましたね」
「先日この近くに〜〜がオープンしたというニュースをみました。もう足を運ばれましたか?」

【時事ネタ探しに役立つニュースサイト】
・世界の金融ニュースなら『Forbes JAPAN』
・エッジの効いた、ビジネス以外の話題も取り扱う『WIRED(日本版)』

2-4.【立(た)】旅に関するアイスブレイクの話題

連休やホリデーシーズンの前後なら、旅行の計画や行った場所の話なども、場が和む雑談の話題に。
アイスブレイクとしても、楽しい話題は盛り上がり、相手との距離を縮めたいときにも使いやすい会話のきっかけに。親しい方なら、お土産などを合わせて渡すのも良いですね。

<旅に関するアイスブレイクの話題例>

・休日やホリデーシーズンの旅の予定
・自分が行った旅先の話(ビジネスや会議参加者の趣味と絡められると良い)
・おすすめの旅先に関する話

(例)
「次のクリスマス休暇はどこかに旅行に行く予定がありますか?」
「先日Mさんが旅行されたとおっしゃっていた〇〇、私もお話を伺って行きたくなり、家族旅行先に選んでしまいました。美味しいご飯屋さんはありますか?」

※こちらの記事も参考に
成功の秘訣は現地の徹底調査!柔軟な感性で挑む映像技術者の香港生活【海外出張リーダー】Vol.15

【旅の話題に役立つニュースサイト】
最新のトラベル事情をチェックできる『トラベルボイス 観光産業ニュース』

2-5.【テ】天気に関するアイスブレイクの話題

とっさにアイスブレイクのネタが出てこない、というときも。天気に関する話題なら事前の知識なく打ち合わせ前の雑談に使えるので便利です。
今日の天気や、身近な地域の気候の話題は誰もが話しやすいトピックスです。

<天気に関するアイスブレイクの話題例>

・最近の天気の話
・(web会議なら)相手の国の気候や天気はどうかという質問
・(海外出張先なら)その国の天気に対して自分が感じたこと

(例)
「始めてシンガポールに来ましたが、雨が降った後は意外と涼しいんですね」
「(web会議で)今日のそちらの天気はどうですか?暑いとニュースでも報道されていましたが」

【天気の話題に役立つニュースサイト】
アイスブレイクだけでなく出張にも役立つ『ウェザーニュース 世界天気Ch.』

2-6.【か】家庭・家族に関するアイスブレイクの話題

ビジネスパートナーと家族ぐるみの付き合いをしていなくても、家族に関する話題は意外と話に花が咲きやすいトピックスです。
相手のことを聞くばかりではなく、自分のプライベート(家族のこと)を先に話しておくと、オープンな姿勢で会議に臨んでいることを伝えられます。「胸襟を開く」という言葉にもある通り、率直な気持ちで向かい合ってくれる人には本音を話しやすいというもの。
気心の知れた関係性を築きたい場合には、ぜひ活用してみましょう。

<家族・家庭に関するアイスブレイクの話題例>

・自分の家族に関する話題
・相手の家族を気遣う言葉
・その国の家庭行事などに関する質問

(例)
「実は最近娘が生まれまして。Oさんもお子様は娘さんだと伺いましたが、今おいくつでしたか?ぜひ親としての心構え、教えてください」
「こちらでは子どもの誕生会はどんなふうにやるのでしょうか?せっかくなのでうちの子もこちらの国スタイルでお祝いをしたいと思っていまして」
「最近ご結婚されたと伺いました!おめでとうございます!」

2-7.【け】健康に関するアイスブレイクの話題

相手のことを気遣う姿勢を伝える話題として、健康に関する会話は使いやすいでしょう。
ちょっとした変化なども細やかに察知して話題にすると、相手も「自分のことをよくみてくれている」と思ってくれるかも知れません。
とはいえ「太った」「痩せた」など外見に関する話題は、ナイーブな側面もありますのでご注意を。

<健康に関するアイスブレイクの話題例>

・健康のためにしていることや運動の話
・相手の健康を気遣う話題

(例)
「Iさんがランニングをされているという話に触発されて、私も健康のためにランニングを始めました!いつもどのくらい走っていらっしゃいますか?」
「いつもアクティブに飛び回っていらっしゃいますが、体力づくりのために何か運動をしていますか?」
「先日は奥様が風邪をひかれたとお話しされていましたが、その後お加減いかがですか?」

2-8.【シ】仕事に関するアイスブレイクの話題

スムーズに打合せや会議をスタートするアイスブレイクネタとして、仕事に関する会話は使いやすいもの。共通の話題でもありますし、アイスブレイクで触れたトピックスをその後の会議の議題につなげることもできるかもしれません。
ただし、仕事に関するアイスブレイクはあくまでも雑談。盛り上がりすぎて本題である打ち合わせの時間がなくなってしまった、などということのないように気をつけましょう。

<仕事に関するアイスブレイクの話題例>

・オフィスや仕事道具に関する話題
・相手の企業のニュースや景気の話
・人事制度や企業文化に関する話題

(例)
「先日御社の社長のインタビューが雑誌に掲載されていましたね!とても感銘を受けました」
「御社では打ち合わせにタブレットを使う人が増えましたか?当社でも最近かなり増えてきて〜〜〜」
「最近我が社ではフレックスタイム制がやっと導入されまして。御社もフレックスタイム制と伺いましたが、皆さんどのように時間管理を?」

2-9.【衣】衣服に関するアイスブレイクの話題

相手の服装を褒めたり、持ち物をきっかけに話題を広げるのもアイスブレイクとしやすい話題です。また、アイスブレイクのネタにしなくても、商談相手のことを観察して、好みや変化をキャッチすることは、次回以降の関係づくりにも役立つこともあるでしょう。
「あなたのことを知りたい」という素直な気持ちで、打合せの際には目の前にいる参加者の変化や表情を観察してみましょう。

また、衣服に関する話題で避けたいのは、セクハラやジェンダーの視点から相手を不快にさせないようにすること。「セクシーですね」「女っぽいですね」などという褒め言葉は、受け取り手を不快にさせる可能性があるばかりか、常識が分かっていない人と捉えられる可能性もあるので気をつけましょう。

<衣服に関するアイスブレイクの話題例>

・相手の持ち物に関する話題
・履いている靴や服装に関する話題

(例)
「そのシャツ、とても爽やかな色ですね。夏らしくて素敵です」
「とても素敵なペンをお持ちですね。ずっと使われているのですか?」
「髪型を変えられましたか?以前とはガラッとイメージが変わりましたね!とても似合っています」

2-10.【食】食べ物に関するアイスブレイクの話題

娯楽の一つでもある食事。食に関する話題は誰もが話しやすく、興味を持ちやすいトピックスです。
何度も会っている人との会話でも、おすすめのレストランやお店を聞くなどしておけば、次回以降のアイスブレイクの話題にもつながります。共通の話題が増えれば、相手との心理的距離も縮められますから、食を切り口に取引先との親交を深めてみてはいかがでしょうか。

<食事に関するアイスブレイクの話題例>

・おすすめの食事スポットに関する話題
・相手の食の好みに関する話題
・(海外客との会話であれば)相手の国と日本の食文化の違いなどに関する話題

(例)
「上海といえば点心、と思ってしまうのですが、現地の方も食べることが多いですか?」
「この辺りだと、いつも皆さんランチはどこで食べているのですか?」
「近くに、料理が早く出てくるおすすめのお店はありますか?」
「先日教えていただいた〇〇、行ってきました!とても美味しいですし、店員さんのサービスが最高ですね。教えていただいてありがとうございます」

※こちらの記事も参考に
世界の朝ごはんを覗き見!各国の文化が見える食事12選【欧州・中東】

2-11.【住】住まいに関するアイスブレイクの話題

出身地や住んでいる地域の話、家の話などは、プライベートに踏み込みすぎない範囲で話すことが大切です。とはいえそれほど身構える必要はなく、気楽な話題として使いやすいアイスブレイクネタ。
出身地の名産の話、海外赴任されたばかりなら新しい家の話などを用意しておくと良いでしょう。もし偶然、出身地などに共通点が見つかると、相手との間柄もぐっと近づきますよ。

<住まいに関するアイスブレイクの話題例>

・出身地はどこか、という話題
・住んでいる家/物件の話題
・相手が滞在したことのある土地の話題

(例)
「言葉に〜のイントネーションがあるような気がするのですが、ご出身はどちらですか?」
「Sさんはずっとこちらにお住まいですか?私は初めてこちらに住み始めたので、まだまだ知らない場所も多くて。いろいろ教えてください!」

3.話題だけじゃない!アイスブレイクの際に注意すべきこと3つ

『木戸に立てかけし衣食住(キドニタテカケシ衣食住)』の話題を切り口に、アイスブレイクに使いやすい話題を紹介してきました。こうしてみてみると、会話のきっかけはたくさんあることがわかりますよね。
大切なのは、アイスブレイクは商談や会議をスムーズに進めるための一手段と心得て、その後の流れや相手の時間などを配慮すること。最後に、アイスブレイクをする際に注意しておきたいポイントをお話ししましょう。

3-1.アイスブレイクが必要かどうかを見極めよう

忙しい経営者層や次のスケジュールが詰まっている方など、相手によってはアイスブレイクを始めると「早く本題に入ってくれ」とネガティブに受け止められてしまうことも。
今はアイスブレイクをするべきか、それとも商談に早く入った方がいいのかをしっかりと見極めましょう。
わからない場合には「今日は暑いですね、暑い中お時間いただきありがとうございます」など、アイスブレイクの話題も一言二言で終われるような内容にしておくとベターです。

また、アイスブレイクの時間が長くなってしまい、本題の会議や打ち合わせの時間が短くなってしまうことのないように気をつけましょう。

3-2.web会議ではアイスブレイクの内容も気をつけよう

web会議などをする機会も増えている今。自宅からオンラインで会議に参加することも多いでしょう。こうしたweb会議の際のアイスブレイクは、相手のプライベートに踏み込みすぎないようにすることも大切です。

例えば、アイスブレイクのつもりで「後ろに見えるのはキッチンですか?あのお鍋は何が入っているのですか?」「意外とインテリアは女性っぽいんだね」など画面に映った会議参加者の家の中の様子を話題にするのはNG。「プライベートを侵害されている」と不快に受け止められかねませんので、気をつけましょう。

3-3.アイスブレイクをきっかけにビジネスチャンスを探してみよう

アイスブレイクは、あくまでも商談やビジネスの場の空気をほぐすのが目的と思われがちですが、流れによっては相手との距離をぐっと縮めたり、新たなビジネスのヒントが生まれることもあります。

例えば、アイスブレイクで出身地の話をしていたら、ビジネスパートナーと自分の出身大学が一緒だったということがわかり、商談が進みやすくなったというケースもあります。
また、相手の文化圏との違いをアイスブレイクで知ることで、新たなビジネス企画が生まれることもあるかも知れません。
全ては仕事に活かせる時間、と心得てアイスブレイクも有効活用してみましょう。

アイスブレイクの引き出しが豊富な雑談力のあるビジネスパーソンを目指そう

打ち合わせや会議前のアイスブレイク。話題の引き出しは多ければ多いほど、いろいろなシーンで役立てられます。取引先はもちろんのこと、社内での会議でもアイスブレイクをうまく活用して、ビジネスの幅を広げてみませんか?
相手のことを知ろうとする姿勢は、受け取り手にとっても好ましく映るもの。信頼関係を築きやすくなり、ビジネスもスムーズに運ぶことでしょう。仕事を成功させるためにもぜひ、今回ご紹介したアイスブレイクの話題を参考にしてみてくださいね!

文:松本 有為子
編集:山﨑 梨惠(リベルタ)

こちらの記事もチェック!

英会話でアイスブレイク!Web会議でも使える英語表現を紹介
ビジネスで使える英会話をマスターするために!初心者がまずやることとは
お客様と共に海外出張。関西国際空港でお客様と上手に時間を過ごして商談を成功させよう!

ANAのA380型機が約2年4ヶ月ぶりにホノルル線復活!FLYING HONUの魅力とは

CTA-IMAGE

成田発のANAエアバスA380機で行くハワイ。2020年3月から始まっていた定期便の運休がついに終わり、今年7月から定期便としての運航が再開することが5月に発表されました。
これまでも多くの人を魅了してきた、ANAのエアバスA380型機「FLYING HONU(フライングホヌ)」の魅力とは?今記事では定期便の運航再開に合わせて、その魅力や特徴を改めて深掘りしてみました。


ビジネス基礎知識カテゴリの最新記事